pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

mcHF

mcHFのファイナルが壊れました。

昨日記事にしましたアンテナチューナーを製作してダミーロードを負荷にして動作確認中にmcHFから発煙、直後出力がゼロになってしまいました。
赤LED点灯で、送信状態のはずが出力ゼロです。( ;∀;)
IMG_20171021_133352


SWRの高い状態が続いていた為当然なんですが、ファイナルがダメになったのは初体験でした。
30年以上前の開局当初は、窓からリード線を伸ばしただけのアンテナを当時トリオTS-520につなぎ送信したりもしていましたが、そんな事にもめげず耐えてくれていましたが・・・。

さて、まずは分解して中身を確認です。
ケースが解けています。
(ケースはPLAで印刷した為、耐熱せいぜい70℃程度。仕方ないです)
IMG_20171021_142505

はんだ吸い取り機で簡単に取れました。
IMG_20171021_144110

新品を予備で在庫していました。
IMG_20171021_144352

交換後になりましたが、
テスターで簡易的に確認したところ1個はG-D間 G-S間抵抗が無限で大丈夫そうです。
下の画像は壊れたと思われるFETです。

IMG_20171021_184324

ここで、仮組して送信テストしようとしたところ
また、発煙・・・・。

IMG_20171021_184657
この状態で、Q5は正常な抵抗値でしたが、Q6がまたもやアウト!

仕方なく回路図眺めながらドライブの電圧やらをチェックして
最後にQ6のFET直前でパターンが切れている事に気が付きました

IMG_20171022_125449
R82とFETのつなぎが切れていました。

IMG_20171021_192128

と言うことで、パターンを修復して先に外した正常と思われるFETを載せて見たところ
正常に出力が出るようになりました。
一見落着です。

また、いつ壊すか不安なので、予備のFETを手配しておこうと思います。

最後に、アンテナチューナーは、前回製作した、アンテナアナライザーのスケッチを連続スキャンするように変更して完成しました。

IMG_20171022_102019
最初からこの方法で、チューナーの動作テストをやるべきでした。
(スケッチは強引に連続スキャンさせたので元のスケッチに戻しましたが
連続モードが有っても便利になりますね~、そのうち真剣に組み込もうと思います)






アマチュア無線局免許状の申請手続き・・他

mcHFもハード的にほぼ完成し、ソフト的にもJAバンドプランにFW書換も出来ましたので、ようやく開局申請に取り掛かっています。

調べてみると、平成13年に一度復活申請をしていることが判明。
すっかり忘れていましたが、144/430MHzのモービル機+ハンディー機を衝動買いして復活させたことを今更ながら思い出しました。(30以上QRTだったと思っていましたが・・・。)
(主に、釣りやスキーで連絡用が主な使用用途だったと思います。)

従事者免許も無事に発掘して、2級だったこともはっきりしました。

さて、いざ申請書を買いに行こうと思っていネットで事情を調べるうちに、電子申請すると非常に安価で開局申請できる事が分かり、もちろんこちらを選択することに。

でも、ここから、1か月以上色々下調べしてようやく今日電子申請の途中まで入力できました。
途中というのも、今回は技適外である「mcHF」と「VN-4002」の自作KITで開局する為に保証認定をTSSにしてもらうことになりますが、保証認定を受けるために総務局の電子申請のセーブデータを使うためのようです。(よく理解はしていません。)

とにかく、「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」に開局の登録をして、送信手前の「事前チェック」まで、本日はたどり着きました。

bandicam 2017-09-10 19-19-06-196

bandicam 2017-09-10 19-24-36-730
事前チェックでは問題ないようですので、
TSSの「保証願インターネット受付」へ登録しようと思います。

ちなみに、この保証認定インターネット受付は非常に込み合っていて時間がかかると評判のようですが、特に焦っていませんのでゆっくり待つことにします。

P S

アンテナアナライザーは現在ケース設計中です。
IMG_20170910_160131
ある程度配置は決まりましたので、そろそろ基板設計に入ります。
こちらも完成までボチボチやっていきます。

mcHF製作【No.14】JT-65HF入門

先日からアンテナアナライザーが欲しくて探していますが結構高額ですね~。
そんな中、WEBを徘徊していてると、結構多くの諸先輩方が自作記事をUPされていて、特に目を引いたのが、JA6IRK OMが製作されているArduinoと中華DDSを使用した作例でした。
回路も簡単そうですし、Arduinoであれば何とかなりそうと言うことで、早速コメントを入れさせていただき、回路図とスケッチをメールでいただけました。
※現在、部品入荷待ちですので、製作を始めましたらこちらで記事にしていきたいと思っています。

さて、前置きが長くなりましたが、JA6IRKさん からのメールの文中でJT-65でDX(QRP)されていると書かれていて、「JT-65」??全く、分からない世界です。(漠然とRTTYみたいなもの?と思っていました)

気になったので調べてみると、簡単なアンテナ+QRPでもDXができると書かれています。
なんだか楽しそうですので、本日早速ソフトをインストールして当初はRTL-SDR受信体験してみようと思っていましたが、試しにmcHFに接続したところCATも正常に動作し午後から受信しています。

信号は音にならないレベルでも復調できるということでしたが、実際にやってみると本当にノイズしか聞こえていないですが、コールサインが復調されていきます。これは面白い。

さらに、夕方40mBでVKも受信できていました。
これはすごいです。
再開局するモチベーションもさらにアップしました。

bandicam 2017-08-20 19-32-57-578


mcHF製作【No.13】タッチパネルの設定。

JAバンドプランをインストールの前後から、タッチパネルの座標認識がどうもおかしくなってしまいました。
FWのバグかと思い オリジナル2.4.0 にしてみましたがやはりタッチした場所よりも左側にずれている感じ。
「DSP」辺りをタッチするとMagnifyの倍率が上がっていきます。
IMG_20170819_150018

タッパネルのキャリブレーションがあるはずと色々検索すると、テストプログラムがあることが分かりましたので、試してみました。

テストプログラムの起動は、「POWER ON」してすぐに、「POWER」スイッチ、「BAND-」以外のボタンを押し続けると起動します。
IMG_20170819_152917
右下0/0となり、
適当にタッチしてみてもXY共にそれなりに座標変化します。
ハードトラブルではなさそうです。

マニュアルを調べてみると
bandicam 2017-08-19 15-10-32-317
タッチパネルの設定で、リバース設定が有ると
記載されていましたので、設定変更を下記のような手順でやってみました。

「Confuiguration」
IMG_20170819_151226
「Reverse Touchscreen」が「ON」になっていましたので、
IMG_20170819_151314

IMG_20170819_151327
「OFF」に設定して正常に戻りました。





mcHF製作【No.12】JAバンドプラン変更完了。

夏休み中にできなかったJAバンドプランへの変更ですが、ようやく旧PCの再インストールが終わり、JAバンドプランに変更したFWの作成ができました。

jaband_plan_lib

bandicam 2017-08-17 20-43-17-379
元は、7.3MHzまで40mBとなっていました。
IMG_20170817_202254

【参考にさせていただきましたWEBページ】
 Eclipseの使い方が全く分からず、また、ソースも大量でバンド設定を探すのに
 苦労しそうでしたが下記のWEBの情報のおかげでJAバンドプランのFW作成する
 ことができました。   貴重な情報公開に感謝します。

 ・今回のFWについては、TAKA様のページ(こちら
 ・Eclipse環境はTed-HM様(こちら①)をメインに、
  へなちょこ様(こちら②)のページも参考にさせていただきました。
 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ