pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

TV28Tv2DVB-T

USBチューナーのコネクター改善

最近USBチューナー(R820T)が不調です。

現象は、「HDSDRの起動時に、チューナーを認識していない」とか、「急に受信できなくなる」などの現象が頻発します。

前々から同じような事は起きていましたが、徐々に増えてきているようで、すっかりストレスになっています。

もちろんチューナー自体の故障ではなく、USBケーブルの抜き差しをすると復旧しますので、USBコネクターの接触不良であると判断していました。
(ゆうちゃんのパパさんの記事にもありました。大変参考になりました。) 

USBコネクターは、前回秋月さんの通販を利用した際に一緒に購入していましたので、早速交換してみます。

交換手順は以下のような手順で進めました。

まずは、元のUSBを取り外します。
信号線4本をニッパで切ってコネクター両端のツメの半田を吸い取り線で、丁寧に吸い取ります。
このとき、熱がベタアースに逃げやすくなかなかすいあがらないですが、根気よく吸い取ります。
(私は、温度調整の出来るはんだごてを使っていますので、450度の高温に設定して、素早く吸い取りました。)

1416794159546-493048920
 USBコネクターが取れた後は、4本の信号ピンを抜きとり、半田吸い取り線で、綺麗にふるいはんだを吸い取ります。
このとき、写真の一番上のピンもベタアースにつながっていて、熱が伝わりにくいため根気強くやります。

1416794217613-1754028927
下が、秋月さんで購入しておいた物です。

後は、取り付けて完成です。
1416794707936966059162
交換後は、挿す時にグッグッとおもさを感じ良く接触しているようです。

ついでに、R820Tのケースが最近ボロボロになってきていますので、綺麗にしてみました。
1416795999153423907310
2年ほどお世話になっているR820Tチューナーですが艶消しボロボロになっていて、非常に汚くなっています。

このボロボロの艶消しの部分を剥離するために、写真のボールペン(PILOT FRIXION消せるボールペン)の消しゴム部分を使いゴシゴシすると綺麗に艶消し部分が剥離できました。

1416796962018-1119572563

これで、またしばらくがばってもらえそうです。 
 

【早朝】新潟放送(1116KHz)を確認!受信記録です。

今朝はガンバって早起きして、いつものように中波を聞いていました。

684KHzのIBC岩手放送、738KHzの琉球放送、1062KHzなどを聞いていましたが、どれもいまひとつでした。

そんな中、1116KHzにチューニングしてみると、南海放送のバックに何やら放送前に流れているようなBGMが聴こえていましたので、しばらく聞いていました。

南海放送が弱い時は、しっかり聴こえていますのでもしかすると「新潟放送では!」と、イッキに目が覚めました。

周波数のアナウンスが始まり、南海放送が弱くなるタイミングで、糸魚川 1530KHz・・・1026KHz・・・と確認でき「新潟放送」5KWだと確認できました。

早起きのかいがありました。

この一局の後、日の出とともに急激に弱くなり、これ以上の確認ができなくなりましたね、ギリギリでした(汗)。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
日時:2013/06/09 4:39
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON

『早起きの釣果2局目』は、山陽放送(1494KHz)の受信記録です。

今朝の早起きは、もう一局ありまして、山陽放送(RSK)の放送開始を聴くことができました。

過去のログを見ると、なんと!岡山の山陽放送が聴けていないことに最近気がつきました。

以外な感じです。出力も10KWですし、距離的にも十分受信できそうなのですが、案外と言うか、全く聴こえない局の一つでした。

それが、4時代だと近距離であることを証明するかのように、強力に入感していました。

最初は、かなり疑って聴き入っていましたが、念のために録画の準備をして、放送開始タイミングまでスタンバイ。

始まってすぐに、山陽放送のIDを確認しました。
普段、全然聴こえない局がこの時間だと普通に聴こえるものですね~。

「早起きは三文の得」と言いますが、今日は、普段聞けない2局も確認できました。
やはり早起きは、良いことがありますね。

この後、日の出とともに、弱くなって行きました。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 19.7dB
日時:2013/06/02 04:59
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON 


早起きして、1197KHz茨城放送(IBS)をなんとか確認!できました。

今朝早起きをして、中波DXをしていました。(いつもの国内DXです。)

4時に眠いところを、なんとか無理やり起きだしてPCのスイッチを入れ部屋の電気をつけてスタンバイ。

まずは、BANDないをサーチしてみました。狙いは、684KHz岩手放送と738KHz琉球放送でしたが、684KHzはラジオ大阪が聴こえていてNG、738KHzはキャリアらしいものは見えていましたが、まともな音になりませんでした。

サーチを続けていると1197KHzで混信まみれですが、茨城放送らしいCMが耳に入りしばらく聞いていましたら、ばっちり、茨城放送でした。

この周波数は、以前記録しました「2回目の北海道受信成功!1197KHz STVラジオです。」「今度は同じ周波数(1197KHz)で、RKK熊本放送確認です。」「高知放送(RKC)1197KHzの受信記録です。」がありますが、ギリギリ今回も大混信の中の確認です。 

この周波数は、まだ3局未確認です。

   1.信越放送(100W)
   2.岐阜ラジオ(100W)
   3.RKBラジオ(1KW)

100W局の信越と岐阜は難易度がすこぶる高そうですね~。5KWの茨城放送でさえ混信まみれでしたので・・・。


と言う訳で、いつもの記録です。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 19.7dB
日時:2013/06/02 04:28
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON 

765KHz山梨放送(YBS)の受信記録です。

今日は、19時すぎから山梨放送を狙い先ほどまで粘っていました。

最初は、キャリアは見えているものの全く音になりませんでした。

しばらくモニターしながら待つこと1時間!やっと、少しずつ音になってきました。

20:30を過ぎるころには、楽曲の判別がつきだし次第に強くなり、21時前にやっと番組内容をつかめるほどになってきました。

今日は、山口放送の懇親もほとんど気にならないレベルで、非常に良い状態です。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 19.7dB
日時:2013/05/26 20:58-21:01
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON 


http://youtu.be/i8mVhSOE9Q4
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ