pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

TT@北海道

【カップリングC交換】ADS-B SAWフィルタプリアンプ改良しました。

 先日、TT@北海道さんから、改良用のコンデンサー3個が送られてきました。
カップリングコンデンサー(100PF)を12PFに交換することで、感度が上がるようです。

IMG_20141018_085354


週末を待って、早速交換作業をしてみます。

交換作業は、簡単ですが途中チップコンデンサーを1個飛ばしてしまい、大捜索・・約30分後無事発見し何とか作業終了。

まずは、RTLSDR Scannerを使い前回同様のテストからです。

C交換後
少しゲインが上がっていますね~。

次に、実際の受信テストです。

土曜日に交換作業をして、昼から夕方まで「adsbscope」で受信テストをやってみました。
飛行機の航路の問題か、コンディションの問題があるのか不明ですが、300Kが最長だったようです。

午後からのFramerateを見てみますと、8,655を記録していました。
今までの最高値です。

Framerate1018_13_21


 
最後に、前回と同じ設定で、HDSDRのテスト画面です。

1019_NON_AMP__AMP

しっかり信号が増幅されています。
前回と比較して、良くなったと思います。 

さて、改良も終わりましたので寒くなる前に常設に持ち込みたいと思います・・。 

ADS-B SAWフィルタプリアンプキット(β)で受信テストしてみました。

 本日は、ADS-B SAWフィルタプリアンプキット(β)を使って受信テストすることにします。

仮設方法ですが、アンテナ直下に「ADS-B SAWフィルタプリアンプ」→「USBチューナー」を設置します。

「ADS-B SAWフィルタプリアンプ」の電源は、USBチューナーの前にUSB-HUBを挿入して、そこから採ることにします。

CIMG2940


アンテナは、シャフトコーポレーションさんの「ADS-B 1090MHz受信専用マグネット簡易アンテナ」をΔLOOPのエレメント中央に仮設しました。

CIMG2939

17時から、20時半くらいまでの約2.5時間テスト受信してみました。

感覚的な話になりますが、プリアンプなしの場合よりも、機体数が多く見えます。(最大80機は確認しました。)

85


また、距離も350Km超えも時折見えることもあり、効果絶大!でした。

350k


最後に、Framerate のログです。

Framerate

「ADS-B SAWフィルタプリアンプ」+「
ADS-B 1090MHz受信専用マグネット簡易アンテナ」で、十分実用になり、結構楽しめそうですね~。

現状、延長USBケーブル5mを窓から直接PCまで引き込んでいますが、何とかケーブル長を延長して、常設方法を検討していきたいと思います。

ADS-B SAWフィルタプリアンプキット(β)の追試②

昨日、RTLSDR Scannerで簡易的に見てみましたが、ふともう少し広範囲にスキャンしてみることを思いつきましたので、追試してみます。
 
1090MHzを中心に、±30MHzのショットです。

まずAMPなしです。
NON_AMP_1008


次に、AMPありです。
AMP_1008

最後に、AMPありで、SAWフィルタをスルーしてみます。
AMP_FIL_OFF

しっかりフィルターが効いているようですね~。


【21:11±100MHスパンを追加追加】

amp_200M_spn


 
 

ADS-B SAWフィルタプリアンプキット(β)の追試①

昨日に引き続き、ADS-B SAWフィルタプリアンプキット(β)の追加で、もう少しテストしてみました。
 
今日は、 RTLSDR Scannerで、簡単に「AMPなし」と、「AMPあり」を比較してみました。

まずは、AMPなしです。
ノイズフロア 約-43.4dBくらいいでしょうか
non_amp
 次に、AMPありです。
ノイズフロア -26.6dBくらいでしょうか
amp_

ノイズフロアが、上がりますが、信号自体も上がっていることが、わかりますね~。
単純に、ノイズフロアだけの引き算をすると、16.8dBとなるのでしょうか?


次回は、屋外ANTに実際接続して、デコードが向上するのかを実験していきたいと思います。
電源、ケーブル、台風(気象)などをクリアーしてからになりますが・・・。


 
 

TT@北海道さん製のADS-Bアンプキット組立ました。

ADS-B SAWフィルタプリアンプキット(β)が、届きましたので早速製作してみました。

キット内容は、こんな感じです。 
CIMG2921

まずは、レギュレータだけ半田して、3.3Vの出力を確認。

CIMG2923
ここまでは、特別難しいことはありませんね~。

ところが今回も、非常に小型のチップ部品がありました。
CIMG2924
BGA2748です。これは、小さい・・・です!!
ピンセットの先と比べるとこんな感じです。
CIMG2925
何とか、半田出来ました。
もちろんルーペと、テスターで正常に半田出来ているか確認しています。 
CIMG2926

次に、SAWフィルタ・・こちらも、極小です。
CIMG2927

裏側は、こんな感じです。
CIMG2929
接触不良(半田不良)が出やすパーツですよね。
過去、HFコンバーターの水晶も個の形状で失敗していますので
慎重に、半田あげをしてから、実装しました。

CIMG2930
約30分程度で完成しました。
難易度は高めですが、何とか手半田出来ました。

早速テストと思いましたが、
CIMG2937
アンテナのコネクターとAMPのコネクター形状が違うため、
ここで一旦中断。変換コネクター後にテストとなりました。

変換コネクターを調達出来ました。
CIMG2936
大阪・日本橋の千石さんで調達出来ました。
300円・・安い!
 
NON_AMP__AMP
AMPありで、信号が上がることが確認出来ました。

 


次回、実際にアンテナを屋外に設置して試したいと思います。
最後に、TT@北海道さんキット頒布していただきありがとうございました。
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ