pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

RSMLA-A

初段変更RSMLA-Aタイプの受信テスト。

RSMLA-Aタイプの初段をWSMLの初段の定数に変更して初めての受信です。

前回までの実験で、ちょっと不安定(発振?)な部分もあるように感じました。
屋根から、数十センチしか離れていないことが影響している可能性もありますので、今日は屋根から出来る限り離して(マストを最大高くして)受信テストしてみました。

high
全体的に信号がハッキリと見えていて良い感じです・・・
信号は弱めですが、NFが低くなった分しっかりとした音に
なっています。


↓ 本日のRTLSDR Scannerの結果です。
RSMLA_A_WSML_ADD220_HI


ちなみに普段の高さにして見るとこんな感じです。
全体に、信号強度が落ちましたので、了解度がちっと下がります。
low

↓ 前回、定数変更後(220Ω付き)の測定結果です。 
RSMLA_A_WSML_ADD220
本日の結果と前回の結果を比較すると15(スケール読:115MHz)MHz辺りの
NFが下がっているようです。
 

RSMLA-Aタイプを初段をWSMLに変更。

RSMLA-Aタイプの初段をWSMLの初段の定数に変更してみました。

WSML回路
青点線部分の定数をオリジナルWSMLに合わせて実験してみます。
まずは、R21 R22のない状態でテストです。(RSMLAにはパターンがありません)


 
RSMLA_A_WSML
次に、R21 R22をつけて
 
RSMLA_A_WSML_ADD220


定数変更前は
RSMLA_A
 

平日の夜はあまり時間が取れず、今日は測定だけになりました。
 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ