pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

MV209

ΔLOOP用バリキャップの互換品テスト(1SV101vsMV209)

今日は、先日デジットさんでΔLOOPに使えそうなMV209を購入してきましたので、ΔLOOPに取り付けてみました。(参考:1SV101)


まずは、外形から見比べてみます。
左:1SV101   右:MV209
1432427832941275400164

1432427792927-815161822

MV209のパッケージは、少し大きくなりTO-92パッケージとなっています。

では、実際に取り付けて比較してみます。
今回使用したΔLOOPは、下記の状態で実験しました。
エレメント:1m×3
1432427097017-588088131



HDSDRの画面で比較していきます。
1SV101の最下は、11.5MHzあたりでした。
1sv101_low 2015-05-24 09-52-51-430

MV209も最下は、11.5MHzあたりでした。
mv209_low2015-05-24 10-09-42-509

1SV101の最上は、16.1MHz
1sv101_hi 2015-05-24 09-55-14-483

MV209も同じく16.1MHz
mv209_hi 2015-05-24 10-12-22-753


今回のテストは簡易的な物で同調のみを見てみましたが、1SV101の互換品として問題なく使用できそあぅてすね。

前回のブログでも書きましたが、在庫はたくさんあるようですのでΔLOOPの保守部品として、しばらく安心できそうです。
(最近は、1SV149がすっかり入手しにくい状況となってきましたので、こちらも互換品が見つかればよいのですが・・・)

とは言え、海外ではまだまだどちらも豊富にありそうなので、最悪はそちらを頼ることになりそうです。

台風の日本橋散策

今日は、日本橋に行くぞ!!と決めていましたが、帰宅時間になり台風の影響で雨が激しく降ってきました。

こんな日は日本橋に寄り道せず帰宅すべきですが、どうしても週末までに欲しい部品があり、寄り道するか迷いましたが恵美須町駅で下車・・・・行ってしまいました。
デジットさんのTwitterで1SV101互換?のバリキャップダイオード「MV209」の宣伝をみてどうしても行きたくなってしまいました。

CIMG3354

データシートを見ると、ΔLOOPの同調モードで使用する、1SV101の代わりに使えそうです。

過去に、互換性のありそうなバリキャップを試してきましたが、完全な物がありませんでしたが、これはかなり期待できそうです。

レジで支払いの際に在庫を確認したところ、結構持っているようですので使えるとなると予備としてもう少し買い足そうと思います。ちなみに価格は、50円/本で販売されていました。

また、実験して使えるのかレポートしたいと思います。


後は、抵抗/コンデンサーのよく使うものの補充だけでしたので、滞在時間は10分程度でした。
それでもその間に雨脚が強まってしまい、駅に着いたときには土砂降りとなっていました・・・・。

別件ですが、昨晩に引き続きSi4825-A10 DSPラジオ(FRISKver)を少しいじったところ、電源も正常に入るようになりました。これで、基板は無事完成しましたので、ケース加工に入ります。
1431429930633-465055334
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ