pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

KiCad

【10/10追記】Fusion360+FreeCAD連携でKiCad番外編(Fusion360でフットプリントを作成)

またまた、番外編となりまが、KiCadのフットプリントの作成ですが、今まで2D-CAD(AR_CAD)を使っていましたが、 Fusion360の練習を兼ねて作成しましたので、備忘録として記事にしていきます。

ちなみに「ESP-WROOM-02」のモデリングです。

【Fusion360】
 データシートから「スケッチ」を使って作図
bandicam 2016-10-09 15-32-11-380
ブラウザーから「対象になるスケッチ」を右クリック-「DXF形式で保存」
  
 ※Fusion360の説明を読んでいると、一旦クラウドに保存して、WEBページよりDLのように思い
  やってみましたが、なぜか1/10サイズになってしまい使えませんでした。
  設定?があるのかは不明ですが、最終的に上記の手順にたどり着きました。
 
下記のようにすると正常なサイズでエキスポートできました。
bandicam 2016-10-09 15-33-38-538

 KiCadの「フットプリントエディター」で、「DXFファイルのインポート」
bandicam 2016-10-09 15-36-14-683

 このように取り込むことができます。
bandicam 2016-10-09 15-40-28-902

 最後に、パッドを作成。
bandicam 2016-10-09 16-15-55-780


ちなみにFusion360で3Dモデルも完成しました。
bandicam 2016-10-09 17-47-40-809
レンダリング
bandicam 2016-10-09 17-42-21-325

【10/10 追記】
 今回作成した3Dモデルを「step」ファイルにエキスポートして、「KiCad StepUP」を使うとうまく行きませんでした。

現象は、ボディーを、「基板」と「シールドケース」の2つに分割したことで、「kicadpcb」ファイルから「step」ファイルに変換時にエラーとなります。

回避方法としては、「ボディーを1つで作成する」か、「複数ボディー」で作成して最後に「結合」する方法となります。

今回は複数でしたので、下記の方法で「結合」しました。

bandicam 2016-10-10 10-04-32-986

 1.「ボディー1」と「ボディー2」を選択(ctrlを押しながら2つを選択)
 2.「修正」-「結合」を選択
 3.操作で「結合」が選択されていることを確認して、「OK」


 4.これで、「ボディー1」だけになりました。

 ※次に「元のボディー1」色になってしまいましたので、シールドケースを塗りなおします。
 5.塗りたい面をクリックして選択して、「修正」-「外観」でパレットから、色を選び、塗りたい場所へドラッグ
  する。


 
 6.最後に、参考として、「step」ファイルにエキスポートの画面です。
bandicam 2016-10-10 12-28-11-978

bandicam 2016-10-10 12-28-45-782



 
 

新しいFRISKラジオの設計No.15 完成!

8月の終わりごろから初めてようやく完成しました。
さて、ケースデザインは下の画像のようにしました。

14457488524901126427451
LCD部分には、プラ板を貼りLCDが割れないようにしています。
詳しくはこちら
 
 完成と言いながらですが・・・・

レバースイッチ版は、SEEK UPができたりできなかったりとソフト的に問題が残っています。
こちらは、「使えるからこれで良し!」としています。しばらくこのままで使います。
また、ANT切替えスイッチが未だ未入荷のため取り付けていません。
(中華モールにオーダーしたためいつ到着することやら・・・。)

ちなみに今回の製作に使用した資料を、備忘録としてを公開しています。
こちらは、現在編集中で最新になっていませんが、追々更新していく予定ですので、皆さんの参考に。
(ここがおかしい!などありましたらコメントをいただければ幸いです。)

フロントパネルデザインはこの後UPDATEする予定です。 

1445760500914446830547
全部を並べて撮影してい見ました。
ロータリーENC版のLCDがドット抜けしていますね~汗
(LCD交換かぁ~。) 

新しいFRISKラジオの設計No.14レバースイッチ版

今日は、ケース加工です。
 
IMG_20151023_221055

今回は、基板の裏側に2mm以上のSMD部品がつきますので、3.5ジッャクの穴(5mm)上部が一番上ギリギリになります。

過去の経験から電動ドリルの5mmであけようとすると上部が破断してしまいます。

破断しないように、ピンバイスで1mm→3.5mm→4mmとゆっくりあけ広げて最後に、リーマを使いで5mmまで焦らず慎重に広げると破断せずあけることができす。

その他スイッチ部などは、デザインカーターで開けています。

IMG_20151024_104717
※ANTの切り替えSWは部品が未着ですので、ショートストラップ
を一時的につけています。 
(中華モールから来週到着予定です。)

ここまで出来上がったところで、問題発生、LCDが上フタよりほんの少しはみ出ています。
原因は、LCDの下に、バッテリー、水晶がある為です。
設計段階で水晶の場所を変えようと思っていましたが、修正をすっかり忘れてしまったようです。

仕方なく、一旦LCD取り外し水晶の位置を変更します。
まずは、LCDを取り外します。
IMG_20151024_145628
LCDはホットエアーソルダーを使いはずしました。
ホットエアソルダーが無いときははずすのに四苦八苦していましたが、
数秒で簡単にしかも部品のダメージなしに取り外す事ができました。

BlogPaint

水晶をシルクと反対に倒し電池の下にならないようにしました。

IMG_20151024_140712
最終的に、こんな形になりました。
LCDの窓が大きいですが、液晶部以外はシールで隠れます。

1445684785339-188540735
シールの代わりに紙をかぶせて
完成イメージです。
明日明るい時間にシールを貼り付け完成の予定です。

夕方、20cm程度のロッドアンテナで受信テストをした動画です。
よかったら見てください。

 

新しいFRISKラジオの設計No.13(レバースイッチ版)

Si4735 FRISKラジオのロータリーエンコーダー版は、ほぼ完成し、先週レバー版を製作してみました。

まずは、レバースイッチの工作からです。
サブボードのシルク印刷側にスイッチを半田して
メインボードとは、サブボードの裏側で接続します。 
IMG_20151017_211643

良く見ると、3Pと4Pがスルーホールでつながっていましたので、
ピンセットの先を入れてスルーメッキを削り取りました。 
IMG_20151018_205217
 

メインボードを半田付けする面です。
IMG_20151017_211753

ICの高さ分レバースイッチを穴から出す事で、スイッチ操作でPCBに
負荷がかからないように工夫しました。 
IMG_20151018_161541

スライドスイッチとレバー部分が干渉しますので、少しカット。
BlogPaint

ロータリーENC版と同じくLCDコントラストスイッチのフットプリントにミスがあるため、
ジャンパーしました。
1.赤の部分がジャンパー
2.黄色の部分が絶縁
BlogPaint

LCDとバッテリーはついていないですが、
この状態で、一旦正常に音が出るかテストしてみました。 
IMG_20151018_163652

 無事に動作していることが確認できましたので、LCDを半田してほぼ完成。
IMG_20151018_211634

この週末にでも、フロントシールの作成をしたいと思います。 



 

【11/8更新】新しいFRISKラジオの設計No.番外(備忘録の編集中)

今回のFRISKラジオのまとめた資料(未だ編集途中)を、備忘録として作り始めました。


下記の資料を入れる予定です。

  1.回路図 済み 
  2.パーツリスト 済み
  3.部品配置図 済み 
  4.ケース図面 enc lvr 済み(10/25更新)
  5.フロントパネルデザイン 済み(10/25更新)
   
Si4735FRISK_20151020_2.zip
Si4735FRISK_20151020_3.zip
Si4735FRISK_20151025.zip

※11/08レバー版専用のFWを作成しました。(暫定公開)

レバー版を通勤用ラジオとしてAM/FMを中心に使っていますが操作性に不満が出てきましたので下記の内容でFWのUP版を作成しましたので、レバー版専用として公開します。
ただし、エンコーダー版でも使用できるはずですが、若干操作感が遅くなったように感じます。

  Si4735Radio_LVR.hex
  【更新内容】  今回の変更は、レバー版専用のHEXです。
   1.自動選局を止めてレバー(SW3)を倒している間、周波数のUP/DOWNするように変更
 (SWは更新前からこの操作でした。)
   2.AM/FMは、レバースイッチ(SW3)を押し込むことで、プリセットされた大阪近局を選局で
    きるように変更
3.その他のバグ修正

■プリセット内容■

AM
558KHz ラジオ関西
666KHz NHK 1
828KHz NHK 2
1008KHz 朝日放送
1179KHz 毎日放送
1314KHz ラジオ大阪

FM
76.5MHz FM COCOLO
80.2MHz FM802
85.1MHz FM大阪
88.1MHz FM NHK
89.9MHz KISS FM

  ※Si4735FRISK_20151025.zipの中にあるHXEは、ENC版、レバー版共通のHEXです。


 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ