pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

ΔLOOPX

ΔLOOPX Adapter PCB到着しました。

ようやくPCBが届きました。

製作に取りた掛かる前に、まずは気になっている点を簡単にチェックしてみます。


上:裏面 下:表面(ちょっとシルク汚れがありますね~汗)
IMG_20160129_192818[1]
 
2枚を面付けしましたが、簡単に折る分ける事ができるように
していました・・・

パリッと簡単に折る事ができました。 
IMG_20160129_193253[1]
 

 トロイダルコア、その他Δ7,9との接点となるヘッダピンの位置も
ドンピシャ !でした。
14540666259831065041476
全ピンを挿した状態でネジも無事に締まりました。
(ここが一番気になっていました。良かった!!!!!) 
IMG_20160129_202701[1]

組み立ての順番てずが、まずこの状態(ピンを挿してネジ固定)で
各ヘッダピンを半田してしまうことからですね。
 

ΔX化アダプタの製造進捗。

いつものelecrowさんに、ΔX化アダプターのPCB製造依頼をして5日ほど経ちましたが、昼過ぎに、製造出来たと連絡が届きました。

あと10日間ほどで手元に届くはずです。

ΔLOOPX_Adapter
写真を見る限り問題なさそうです。

何度作っても、ここからが待ち遠しいです。 

ΔLOOPエレメントのメンテナンスしました。

先週末の夜海外放送を聞いていて、なんだか感度不足な気がするとなぁ~と思っていたら、ΔLOOPXの同調/非同調を切り替えても感度に差がなくなり、普段強力な大陸の放送が普段S9+20以上がS9程度しかありません。
また、同調操作をしても、感度の盛上りがほんの少しあるだけで、非同調の方がよく聞こえるバンドもある状態になってしまいました。

ΔLOOPのリレーがおかしいのか思い、予備のΔLOOPXの室外、室外BOX共に交換しても改善しません。

それならと思いHFコンバーターの交換。
以前もこの時期にDBMの故障で感度不足を経験していましたのでHFコンバーターの交換。

結果は、かなり感度は回復したもののまだ完全復活とまではいきません。

最近、時折感度不足のような気がすることがあり、しばらく聞いていると良くなっているときもありました。

どこかの接触不良であることは間違いないと思っていましたので、LANケーブルのRJ45の接触不良が原因ではないかと考えLANケーブルを交換してみましたがこれも効果なし。

残るは、エレメント・・・・・・・

休日を待ってエレメントを点検してみることにしました。

その前に、昔八木アンテナを上げてた時に、アルミパイプの接合部に導電グリスを塗布た事を思い出しついでに週末までに調達しておきました。

昔、八木アンテナを購入したウエダ無線さんで購入しました。
店に在庫がありましたので助かりました。 
IMG_20160115_193856

案の定、錆で接触が悪くなってることが見た目でわかりました。 
IMG_20160116_093702
テスターで抵抗を図ってみるとやっぱりちょっとありますね~
IMG_20160116_094041
菊座がステンレス製ではなかったため、錆びてボロボロ
今回は、はずして、TENA MATEを塗布することにしました。

作業後にもう一度抵抗を図ってみると、かなりの改善!!
IMG_20160116_103833

最後に、マストに取り付けて、インダクタンス
計測しておきます。
IMG_20160116_105752

試聴で、7MHzのアマチュア無線を聞いてみると大変たくさんの方々の交信が聞こえてきました。
感度は完全に復活したようです。

HFコンバーターは、あいすけ37さんからDBMをお分けいただき、DBM交換して復活しました。
あいすけ37さん、いつもありがとうございます。
 

ΔX化PCBオーダーしました。

昨晩ΔX化PCBは設計完成していましたが、本日見直すと色々気にくわない部分があり、修正しました。

この修正のおかげで、細かな部分の不具合を引き起こす結果となり、注文するのに一日仕事になってしまいました。
最終的にこんな感じです。
bandicam 2016-01-11 15-48-53-812


製造コストを下げるため、2枚を面付けしてオーダーしました。
※真ん中に機械穴で切れ目を入れてみましたが、Elecrowさんから「ダメ」出しされそうです、、(汗

問題なければ、明日位から製造にはいってもらえると、思います。


 

ΔX化アダプタPCB設計おわりです。

ΔX化PCBの設計が終わりました。

午後から室内で使うコントロールBOXも書いてみました。

今回のコントロールBOXはPCB上にコネクター、スイッチ、ボリュームを全て配置していますので、これ一枚で動作する事も、外部にコネクター、スイッチ、ボリュームを外部取り出す事も出来るようにしました。

また、PreAMPのスイッチはリレーで切り替えることもでき、また、同軸で配線もできるようにしてみました。
こちらは、PCB製造するかは?です。

bandicam 2016-01-10 22-39-46-056

基板サイズは、よくあるCタイプにしています。
bandicam 2016-01-10 22-32-10-943
こちらは未チェックです。


今晩一晩寝て明日製造依頼したいと思います。
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ