pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

DSPラジオモジュール

Si4735DSP Radio FULL DIP VerLの操作について

一昨年から関ハムで頒布しているSi4735DSPラジオですが、当初ブログで開発途中の記事を掲載していましたので、記事を読んでいただいていた方々は操作方法についても十分ご認識いただいていたと思いますが、昨年、今年頒布させていただいた方々は基本的に操作方法は直感でお使い頂けていると思いますが、細かなファンクションについては全く分からないのでないかと不安になりましたので、改めて当時の操作説明動画をここで再掲載させていただこうと思います。

最初のFWの操作方法の動画です。
LCD表示は違いますが、基本操作は同じです。


こちらの動画が現在のFWに一番近い物です。


最後に今年のFWは上記の動画にミュート機能を追加したバージョンです。
(この機能は昨年JL1VNQ OMからのリクエストで生まれた新機能です)
操作は簡単で、VOL+と-を同時に押すことで、ON/OFFできますので
今年頒布分は是非この機能もお試しください。

現在は、LCDを小型化してバックライトバージョンに改変中です。
関ハムで頒布予定だった基板の組立て。
関ハムで頒布予定だった基板の組立て。続②
関ハムで頒布予定だった基板の組立て。続③ 完了

Si4735DSP Radio FULL DIP Ver Lの「緑色」基板で不具合報告がありました。

昨年の関ハムで頒布しました、「Si4735DSP FULL DIP Ver L」基板ですが、頒布させて頂いた方からの問い合わせで、下記の不具合がある可能性があることがわかりました。

対策としては、下記の箇所をテスターなどを使い導通チェックですぐに判明すると思いますので、パターンカットの処置をお願い致します。

以下の箇所がショートしています。テスタで測っても接続がありま
す。

1.R90とC92の接点とD94のカソード
2.D93のカソードとD94のカソード

ショート箇所


具体的には、下記の①と②の場所の導通が有れば不具合と判断できます。
パターンカット確認とカット場所 (表面)


パターンカット確認とカット場所 (裏面)

※裏面②をカットしても、L3を半田している場合テスターで測っても
僅かな抵抗値になりカットできたことがわかりませんので、
L3を一旦外して確認するか、目視でパターンが離れていることが
確認できれば大丈夫だと思います。
(もちろん、部品を半田していない場合は通常の導通チェックでokです。)

こちらのPDFファイルも参考にしてください。
【修正前と修正後の受信比較の動画】


 修正前(ショートを再現) ↓


修正後



尚、不具合のある基板は、「緑色」のPCBだけで発生します。
※未製作の方は修正版ので、関ハムに来場される方は交換させていただきます。
※来場できない方は個別にご相談ください。

製作していただいたSi4735ラジオご紹介 ③

頒布させていただいた基板完成の連絡をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

製作者:K様
DSC_0199

アクリル・パネルもご希望をいただきましたが、すでに在庫がありませんでした・・・申し訳ありませんでした。

完成のご連絡、並びに、画像の掲載を承諾していただき本当にありがとうございました。 

Si4735DSP Radio FULL DIP Verの最新F/W(Ver.3)公開しました。

Si4735DSP Radio FULL DIP Verですが、F/WはLeoさんが日々機能追加してくれていますが、今回メジャーアップとなりましたので ご紹介します。

Ver3はこちら(Si4735Radio_20160914.hex)で公開しています。
※共立産業「AVRWRT3」で書き込む場合は、必ずこちらも読んでください。
【2016.09.25追記】 バグ修正版を公開しました。
 ・「Si4735Radio_20160923.hex」

大きく変わったところは、LCD表示。

POWER ONでF/Wを確認できる。 
CIMG3757


各バンドともにSNRを表示。
CIMG3755

POWER OFFでエンディングメッセージ
CIMG3758

バンドが、FM⇔AM⇔LW⇔SW⇔120m⇔90m....11mとなりました。
 
バンド数が増えたので、BANDボタンを押して片方向ループではなく、「VOL-」を押しながらBAND操作すると
反対方向にも変更できる仕様です。

メーターバンド外に行くと「SW」と表示が変化します。

SEEKはバンド内でループします。

その他細々としたところは、動画で確認してください。

 ★動画の補足★ 9.19追記
SWの1KHzステップ説明が抜けていました。
「SEEK+」押しながらENC操作すると1KHzステップとなります。

※SEEKボタンは、SEEK動作するまで0.5秒ほど遅れて始まりますので
その間にENC操作すればSEEK動作は始まりません。 

FMのステレオ/モノラル表示ができるようになりました。

Si4735DSP Radio FULL DIP VerのFWですが、Leoさんが精力的に改変を続けくれています。

最新バージョンでは、FMのステレオとモノラルの表示できるようになっています。


ステレオの場合は、「St」と表示
CIMG3732
モノラルの場合は、「Mo」と表示
CIMG3731

実際は、ステレオブレンド量0~100まで段階的にステレオになっていくのですが、聞いてみると65~70を超えると立体的に聞こえ出すように感じますので、「Mo」 > 「70」 > 「St」 表示させています。

また、今回改めてステレオになるための信号強度の「しきい値」を少し低めに設定を変更していますので、ステレオになりやすくなったと思います。

 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ