pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

HFコンバーター

新ΔLOOP-X・中波で、九州~北海道の受信に挑戦。

今回製作しました、ΔLOOP-Xを今週末友人宅に設置に決まりました。

本日は、南は九州のRKB毎日放送 1279KHz と HBC北海道放送ほ連続的に受信成功しました。

受信地:大阪
設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 7.7dB
日時:2013/12/03 21:50-22:00
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON 

 まずは、九州の動画からです。

IDは出ませんが、放送の内容で、福岡ローカルだと判別できます。

 

次に、北海道です。こちらも札幌のCMが流れていることが解ります。
IDも流れていますが、ちょうど谷間になり聞き取りできませんでした。


オマケで、KG-HFDLの画像です。
アメリカ本土の飛行機が見えていますね~。
kghfdl

新ΔLOOP-Xは、快調に超長波~短波まで受信できているようです。
後は、現地での設置→調整が残るだけとなりました。 

HFコンバーター(TT@北海道さん製)とΔLOOPの防水完成です。

本日は、新ΔLOOP-Xの防水タッパ―加工と、HFコンバーター(TT@北海道さん製)の残作業です。

日中、非常に天気が良かったので、ベランダでタッパ―加工。

CIMG2293

納品予定の友人宅には、すでにΔLOOP9が設置されています。
今回ΔLOOP9は、必要なくなくなりますので、お役御免となりLOOP部分を流用の予定です。

一旦、私のLOOP部分を付けてみて、全体を確認してみました。

CIMG2292

CIMG2291

特に問題なく、組み立てることができましたので、防水タッパ―の加工が完了となりました。 


次に、HFコンバーターの残作業です。
昨晩、リレーその他の部品を取り付けるところまではやっていましたので、本日は、ケース加工からスタートです。

ケースも、前回と同様タカチのTW5-2-7を使用しました。
前回同様、サンハヤトの高周波シールド用アルミ箔テープを貼り付けました。
CIMG2296

 
レターリングもほぼ同じです。

CIMG2295
CIMG2294
 
今回少し問題が発生しました。
今回のHFコンバーターのバージョンは、1.5で、タカチのTW5-2-7のケースのボスに合わせたネジ穴が用意されています。

このネジ穴を使うと、USBのコネクターが奥に引っ込んでしまい、電源が入らないのです。

HFコンバーターケース隙間


ネジ穴は、少し大きいのでなんとか電源が入るところで基板位置を調整して、解決です。
(後1mm程度USBコネクターがケース寄りにネジ留めできれば完璧なんですが。。。)

新ΔLOOP-X総合テスト

会社友人用のΔLOOP-Xと昨日製作しました、TT@北海道さん製のHFコンバーターを使用して総合テストに入っています。

CIMG2286

当初、依頼されていた課題は、DMRが聴こえることでした。

本日は、RNZIをターゲットにテストをしています。

20時半過ぎより結構音になり始めましたので、まずは、概ね課題はクリアーとなりました。
これで一安心です。

 

ΔLOOP-Xの残作業

 1.室外BOXのはんだ面ケーブル整理
 2.コネクターのラベル(今後の保守用に貼ります。)
 3.室内BOXの同軸取り回し(もう少しすっきり配線して、断線(半田われでトラブルが出ないようにします。)
 4.室外BOXの防水用タッパの加工

HFコンバーターの残作業

 1.ESDとリレーの取り付け
 2. ケース加工
 3.ケースのシールド
 4.レターリング

以上となりました。

今週末は、最終形にして総合的にテストして次週あたりに、設置予定となりそうです。 

【9/1追記】USBワンセグチューナーで、7MHz画像受信に挑戦

昨日の「ゆうちゃんのパパ」さんの記事にビックリ仰天!

なんと、SDR Radio V2のウォーターフォールで、画像(テキスト)が見えたと言う「衝撃的」なものでした。
 ※正体は、7MHzのアマチュア無線の画像交信です。 

早速、朝起きて一番に試してみたところ確かにテキストデータが見えます。これは面白いです!。

くわしくは、ゆうちゃんのパパさんのページに書かれていますので、そちらを参考にしてください。
http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4568688.html

Screenshot-2013-08-31-081157
Screenshot-2013-08-31-081229

 鏡映しですが、確かにテキストが見えました。

受信の為のソフトをインストールすると綺麗に見えるようですが、残念ながら私は旨く受信に至っていません。
【追記】
 9/1 9:50過ぎに受信成功しました。(
ソフトは、EasyPalを使用しました。)

BlogPaint
非常に鮮明です。
ノイズがないのはデジタルのすごい所ですね~。


また、同じくゆうちゃんのパパさんの追加情報で、「SSTV」も7.33MHzで受信できるということですので、こちらも挑戦した所、結構頻繁に受信できました。
ただ、受信状態はあまり安定していので、受像ははっきりしないのが少し残念です。

 


USBワンセグチューナーで、新たな楽しみが一つ増えました。
情報を頂きました、ゆうちゃんのパパさんに、この場を借りて感謝申し上げます。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) 

【3回目(2日目)】KTWR DRMの試験放送を受信しました。

本日のKTWR DRM テスト放送ですが、前半は音が途切れることがありましたが、後半はあまり音飛びなく聴くことができました。
昨日に比べて、今日のほうが良かったと言えると思います。
(今日もΔLOOP-X改造は未実施です。)

bandicam 2013-07-06 21-52-52-020
信号自体は、非常に強いのですが、SNRが突然落ちてしまい、音が途切れてしまうことがあります。 


■受信メモ■
プログラムは昨日と同じでした。

 21:28 開始
 21:39  音飛びが少なくなって非常に良好な受信
  ~  
 21:58 放送終了  
※スライドショーは、今回もありませんでした。
 明日も同じ周波数、同じ時間ですので、もう一度チャレンジしてみたいと思います。

今回もレポートを出しす予定です。
レポートはこちら出しました。→http://www.twr.asia/online-qsl-form

今日は、放送終了前の5分間をUPしました。


設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
日時:2013/07/06 21:28-21:58 (JST)
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON 
ソフト:Dream 1.17

Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ