pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

アマチュア無線

RFアナライザーの動作テスト

昨日完成しましたRFアナライザーをテストしようと思います。

先日、ご近所さんから頂き物の「ステップアップアッテネーター」基板がありましたので、組み立てて動作テスト(どっちのテストか意味不明ですが・(;^_^A・・。)をしてみます。

まずは、ステップアップアッテネーターの組み立てから。

「mcHF」(>5W)にも使えるように、抵抗は3Wを使用しました。
抵抗とスイッチ、コネクターの半田のみですので簡単に終了。
1522569194300943874483

ただBNCはちょっとサイズが違っていましたので、こんな感じで半田しました。
15225692596291093530869

早速、RFアナライザーに接続して、シグナルジェネレーターのPower Meterで確認。
ATT= 0dB
1522569788146319852159

ATT = -5dB
1522569856096942689683

ATT = -10dB
1522569815887882956788

ATT = -20dB
15225698876321816551854

今度はFrequency Responceで見てみます。
8863645f

最後にFrequency Responceの様子を動画にしました。


最後に、今回製作したRFアナライザーはケース入れましたが、
「ステップアップアッテネーター」も今後活躍してくれそうですので、
アクリルケースに入れるつもりです。
また、出来ましたらこちらで紹介します。

今ところこんなイメージです。
ATT_2018-Apr-01_07-23-56AM-000_CustomizedView43488231169_jpg

RFアナライザーの製作No.2 完成しました。

AD9850DDSモジュールですがようやく入手できましたので、まずはAD9850と水晶の部品取りからです。
15224957313691638687772
125MHz水晶とAD9850の部品取り
15224958658561888252396
この直後、水晶はSMDタイプが必要だと言うことが判明。
アンテナアナライザーに使っているのモジュールが、リードタイプも実装できますので
玉突きしました。
IMG_20180331_083221


IMG_20180331_083609


【4/1追記】LCD取付の備忘録を追加します。
今回、LCDを中心にメイン基板をケースに固定する為どうしてもLCDのがっちり固定する
必要がありましたが、ちょうど良いスペーサーの入手性が悪く当初はワッシャーを入れて調整していましたが分解組立性が悪くなるのでアクリルを切って専用のスペーサーを製作しました。
IMG_20180308_184633

IMG_20180308_184656

IMG_20180308_192134

【***     追加記事はここまで     ***】

と言うことで、ようやく完成しました。
IMG_20180331_173439

初期画面
IMG_20180331_195103

SG
IMG_20180331_194837
SGの出力ですが、-12.4dBm
「Power Meter」の校正する基準信号源を持ち合わせていないので
校正できず、表示はいい加減だと思います。

Power Meter
IMG_20180331_194937
Frequency Responce
IMG_20180331_195020
ALC回路が効いて結構フラットな出力です。

昨年の年末に基板を入手して完成まで約4カ月もかかりましたが何とか完成しました。
今後活躍してくれそうです。

※今年の関ハムに持ち込み「展示デモ」する予定ですので、
お近くの方は是非ブースまでお越しくださいませ。

PS
結局、eBayで1か月前に注文したAD9850は未だ届いていませんが、コメントで譲っていただける事になり、やっと作業再開→完成できました。

お譲りいただきました
  • JE1UCI/冨川
  •  様に感謝します。
       ありがとうございました。

    冨川さんが記事を書かれているサイトに、ちょうどAD9850を使った「シングルバンド用DDS VFO」の記事がアップされています。

    RFアナライザーの製作

    JA2NKD OMが設計・公開されているRFアナライザーが、前々から気になっていたいましたが、先日(昨年末)ヤフオクで基板セットが出品されているのを発見しましたので即入手して年始からぼちぼち組み立て始めました。

    出品されていたのは、soltec41さんで、今と時々同じものを出品されているようです。
      SOL506-1  DDS-AD9850基板
      SOL507-1  AD8307 DETECTOR基板
      SOL508-2  RF Analyzer Motherboard基板
      SOL513-0  Rotary Encoder基板

    昨年末に部品を集めをはじめましたが、AD9850と水晶をAD9850中華モジュールを買って部品取りしたほうが安上がりと思い、e-Bayで注文しましたが年末年始を挟んだこともあってか、1月末になっても届かなく一旦キャンセルしました。

    もう一度買いなおそうと思っていましたが、今度は価格2000円~3000円と高騰していたため、下がるのを待って2月末に再度注文しました。(700円程度で購入できましたがまた上がり始めていますね~)

    AD9850はそんな感じで、入手には苦労させられていますが、その他はAliと国内通販、手持ち部品で年始から到着したら半田付けと言う具合で、ぼちぼち組み始めました。

    ようやく形になり始めましたので、記事を書き始める事にしました。

    まずは、未完成基板です。(;^_^A
    152024590826165832362
    未着のAD9850、水晶以外も一部の部品は未装着状態です。

    15202460961961999241034
    マイコン部はプログラムを流し込み動作確認できています。
    オリジナルのプログラムでは、画面が逆さまになりましたので、
    一部改変しています。
    (コメントになっていた箇所を修正しただけですが・・(;^_^A)


    ケース加工図は参考データがありましたのでそれを使うつもりでしたが、印刷したところ少し縮小してしまいましたので、AR_CADで再作成しました。

    IMG_20180303_180254
    文字入れはテプラで簡単に済ますつもりでしたが、
    結局CADでデータを作りましたので、「UVプリンター」で穴の位置決めも含め
    印刷してきました。

    今回はアルミでもしっかり定着するようにプライマリー処理をしてから印刷しました。
    (そのまま印刷すると定着が悪いようです)
    それにしても、UVプリンターは本当に綺麗に印刷できます

    IMG_20180304_105417
    UV印刷した文字に傷が入らないようにマスキングしました。
    IMG_20180304_112223
    LCD窓を今回は黄色く塗りつぶしていますので、やすり掛けの
    良い目安になりました。
    IMG_20180304_130905

    非常に小型なケースに収まりも良くまとまりました。
    (オリジナル図面と全く同じにしています。・・)
    15202475244561140865413
    と言うことで、現状はここまでです。

    次回は、AD9850が届き次第記事にしていく予定です。
    また、今年の関ハムに展示もさせていただこうと思っています。

    関西ハムシンポジウム 2018に参加してきました。


    関西ハムシンポジウム 2018に参加してきました。
    外観はこんな建物です。
    IMG_20180204_082958
    8時半ごろ現地入りしましたが、入口すぐ横にメーカーさんのブース
    設営真っ最中。
    IMG_20180204_083515


    IMG_20180204_083508
    開場に入ると皆さん準備の真っ最中。
    私も自身のブース設営の前にぶらぶらとジャンク品を物色
    IMG_20180204_083501

    私たちのブースは真ん中の島でしたが、結構ゆっくりとしたスペース。

    一番の注目は、tt@北海道さんのCentSDRでした。
    (ちゃんとした写真が残っていませんでした・・・画面右端です。(;^_^A)
    IMG_20180204_091616
    今回は北神電子さんの未組立状態も物と私の完成品を並べて
    tt@北海道さんが公開されている解説も印刷して展示。

    ミニホイップアンテナを持ち込みましたがノイズだらけで全く受信できなかったことは
    残念でしたが、スペアナ+ウォーターフォールの画面がカラフルな表示でず~と皆さんの注目を集めていました。
    皆さん興味津々で「どこで売っているのか」「完成品はあるか」「仕掛けは」「費用は」などの質問が多くありました。
    キットで有ることを説明して、キットの実物をお見せするとちょっと引かれる方が多かったかなぁ~。
    そんな中、私と北信電子さんのページを見られて、「これを見に来た」「予約した」と言う方もおられましたので、色々触っていただき、組立やマイコンの書込み方法など突っ込んだ話も出来ました。


    次に、Power and SWRメーターも人気で、用意していた3セットはすぐになくなってしまいました。
    夏の関ハムに向け増産します。

    アンテナアナライザーも皆さんに見ていただきました。
    共振点をグラフ化できるというところが受けていました。また、UVプリンターで印刷したケースも注目していただきました。
    頒布の希望が多かったですが、展示のみでしたので「残念」・・のご意見を多数いただきました。

    それから「ケンケンさん」のPICゲームも今回は注目していただきました。
    パックマンのデモ画面も効果的だったように思います。懐かしいと話しかけていただくことが多く、簡単なハード構成でしかも足つきの部品なので親近感を持ってもらい少し頒布できました。
    (関ハムではスルーされていましたので今回もかと思っていましたが意表を突かれた思いです。)
    また、作りたいと言ってくれ子供さんもいて、興味を持ってくれてなんだか嬉しくなりましたし、ちょっとホッとしました。(きっと将来有望ですね!)

    最後に、VNQさんがCentSDRを持参して私たちのブースに来ていただきました。
    これで、一時3台のCentSDRが集合し情報交換をさせていただきました。
    (AITENDOのLCDとE-BAYのLCDの違いもはっきり!)
    それから、例のエンクロージャーを持って帰ってもらいましたのでケースはほぼ統一されると思われます。

    次は夏の関ハムです。
    次回に向けて、ノイズアナライザー、他を準備していきたいと思います。

    最後に、本日は「このブログを読んでます」、「ツイッター見てます」と話しかけていただき光栄でした。また、こんな機会に是非お話したいものです。

    本日、お声がけくださった方々にお礼申し上げます。
    皆さんのおかげで、またまた、モチベーションが上がりました。

    PS
    皆さんから、完成品や、マイコン書込み済みの完全キットのご希望を多くいただきましたが、個人の趣味の範疇でやっていますので、資金面(お小遣い)で在庫は非常に厳しいので、夏の関ハムは事前予約などを考えていこうと思います。

    皆さんもご意見やご希望があれば連絡をくださいませ。

    関西ハムシンポジウム 2018に参加決定しました。

    関西ハムシンポジウム 2018に参加することが決まりました。

    1月に入ってすぐに話はいただきましたが当初、「出展の空きが無く2組のキャンセル待ち」ということでこれは無理だと思って別口のスケジュールが入っていましたが、こちらも延期になったおかげで、参加させていただくことになりました。

    準備は全くしていませんでしたので大したことはできませんが、プリント基板の在庫や現在試作しているものを頒布と展示(デモ)させていただこうと思います。

    また、日ごろからこのページを読んでくださっている方はお気軽にお声がけください。
    当日、皆様とお会いすることを楽しみにしております。

     【頒布予定】
     ・PICゲーム基板+アクリルエンクロージャー(PIC書込み装置(pic-kit3等)が必要です。)

     ・ノイズキャンセラープリント基板(動作確認が中半端で動作保証なしです)
      元々はJA1DI OMが公開され派生した回路を基板化しました。

     ・Power AND SWRメーターのプリント基板(Arduionの知識の知識が若干必要です。)

     他、Si4735ラジオ基板、その他の基板を持ち込みます。
     【注意】
      組み立てキットではありませんので、
      回路図を見ながら自身で組み立てることができる方に限定されるものです。
      また、未検証もありますので人柱OKの方向けの物も含まれます

     展示物(予定)
     ・CentSDR  【展示のみ】
    tt@北海道さん設計のたスタンドアローンSDRです。
    簡単なアンテナを準備出来れば当日の記念局くらいは聞けるようになるのですが・・・。
    IMG_20180129_192128

     ・Power and SWRメーター 【基板頒布予定
    TF3LJ / VE2LJXが公開されている物です。
    アナログメーターに近い軽快なメーターの動きを見てください。
    (とはいえ送信機どうしよう??(;^_^A)
    Arduionoの知識がほんの少し必要ですが、製作は「足つき部品」で簡単です。
    IMG_20171216_172712

     ・ノイズキャンセラー 【基板頒布予定

    (展示予定ですが、動作検証はできていません(;^_^A。
    人柱覚悟の方(希望者)に基板頒布いたします。)
    IMG_20171203_151109

     ・アンテナアナライザー 【展示のみ】
    JA6IRK OM設計されたものを若干手を加えてプリント基板化したものです。
    1506748110146200793879

     ・PICゲーム 【基板頒布予定
    ケンケンさんが公開されているゲーム機です。
    microSDカードにゲームを保存も出来る携帯型のゲームです。
    CIMG4081


       他?
    Translate
    最新記事(画像付)
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    QRコード
    QRコード
    Amazonライブリンク
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    記事検索
    最新コメント
    Twitter
    プロフィール

    pup

    • ライブドアブログ