pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

アマチュア無線

簡単なVFOの製作(Si5351a) 完成

前回の続きを平日に少し進めていましたが、充電回路も動きがおかしいことが判明してデバッグやら、ケースに収める際にスライドスイッチを破壊してしまったり
・・・と、いろいろハマってしまいました(;^_^A

週末はLCD窓の微調整(ほんの少し広げました。)してバッテリーの充電テスト。
ついでに、ステータスLEDの小窓に光ファイバーを入れ何とか完成しまた。
光ファイバーをレジンで固定しました
LED

IMG_20210320_142616

最後に先日製作したLA1600ラジオにVFO端子を増設
IMG_20210321_075946

やっと完成です。

IMG_20210321_082020

短波ラジオはスイッチで外部VFOと切り替えできるスイッチを増設して
VFOを外しても動作するように改造しています。

IMG_20210321_085141

簡単なVFOの製作(Si5351a) No.2

先日製作したVFO基板を週末を利用してケースに入れるつもりでしたが土曜日は雨。

ケース加工に天候は関係ないのですが、細かな作業をするときは晴天の日にしたいと思い順延して、晴天となった日曜日の昼前後から作業開始。(単に老眼です(;^_^A))

小さなケースなので簡単に終わると思っていましたが、逆に大変でした。

まずは0.96インチのOLED用の四角い穴を開けましたが、ここが思いのほか手間取りました。
一時間程格闘してようやく開きました。
1mmのドリルビットを使って四角く穴あけして
やヤスリで根気よく成型しました。
IMG_20210314_113253

OLED面の後は、上面のSMAの穴あけで蓋部品の加工が完成
IMG_20210314_145020
基板取り付け用のネジは皿ねじか低頭ネジに交換の予定です。
(手持ち在庫が有りませんでした(;^_^A)

ここで、一旦電源を入れてテスト・・・・動作しません・・・。
原因の心当たりも無く焦りましたが、ここは慌てずコーヒーを飲みながら休憩。

気を取り直して、明るいうちにケース加工を終わらせる事に専念する事にしました。


何とか日が暮れるまでに加工を終える事が出来ました。
と言う事で、ケースはこんな感じで仕上がりました。

IMG_20210314_175523

夕食後、改めて基板を眺めてみるとOLEDが少し押された痕跡が有りましたので、加工中に壊してしまっていました。

IMG_20210314_210015
予備のOLEDと交換して復旧。
最終の組付けは週末となりそうです。

簡単なVFOの製作(Si5351a)

ようやく春らしい日が多くなったおかげか、肩の痛みもなくなり細かい作業を続ける事が出来るようになってきましたので、何か工作したくてムズムズしてきました(笑)

で、動画を見ていて簡単なVFOを公開されていましたので、早速作ってみる事にしました。

J Cesarsound 氏が公開されているページはこちら

ブレッドにSi5351モジュール(秋月)とArduinoなど手持ちの部品を使ってサクッと組立。
以前製作したLA1600ラジオに付けて動作を確認したところバッチリ動作。

最終的に
arduino pro mini(3.3v)に変更して
バッテリーを内臓する仕様に変更しました。
IMG_20210302_211610
周波数カウンターのズレが気になってしまいます(;^_^A

LA1600はアナログラジオとして製作しましたので内臓させるのは違う気がしましたので普段はアナログラジオとして動作するようにして、外付けできるように改造しようかと思います。


中の基板はこんな感じでほぼ完成
IMG_20210309_191240

Arduino pro mini3.3Vにしてバッテリー駆動するようにしました。
IMG_20210309_191253

ケースのイメージはこんな感じです。
mini_VFO v27
週末ケースづくりを楽しみたいと思います。
(ケース加工を敬遠される方もいらっしゃいますが私は結構好きだったりします)

QCX-mini 5W CW transceiverキット 完成

週末を使ってQCX-miniを完成させました。

マニュアル通りに進め特に問題なく完成。
Twitterでもつぶやきましたが、子供のころに作ったプラモデルの様で懐かしく、ある意味新鮮でした。

ちょっとだけマニュアルになかった部分でTwitterの諸先輩方からの情報を元に写真を撮りましたのでご紹介します。
LCDの金具(中央下側)を曲げる必要がありました。
16132116594526323692389304609586

放熱用ネジ10mmの指定が有りましたが私のキットには12mm
のネジと10mmのネジが入っていて当初12mmを取り付けて
上の基板に干渉してしまいました(;^_^A
16132117149221521364427005876774

完成!!
1613212879074151909264794883317

送信/受信も問題なし
送信出力は13.8Vの電源で約4Wの出力でした。
16132821047765970402839622954171
非常に小さくまとまっていますので移動運用に使えそうですね~

QCX-mini 5W CW transceiverキット No2

気が付くと、QCX-miniが届いて既に一か月近く立っていました(;^_^A
年末から肩こりが酷くつい最近まで簡単な工作はやっていましたがコイル巻きが有るQCX-miniは中々作業が出来ず停滞していましたがようやく肩こりも改善され復活しました。

と言う事で作業再開です。

Twitter等の情報から説明書を「読まずに作業を進めるな」と先人の教えを守り作業前に資料をしっかり確認しました。

製作手順はPDFをダウンロードしますがJA1XRQ OMの製作記事の中に翻訳されたものを公開してくれていましたので合わせてダウンロードして併用させていただきました。

本家  http://www.qrp-labs.com/images/qcxmini/manual_1_05.pdf
日本語 http://ja1xrq.g.dgdg.jp/QCXmini/qcxmini.html 
   
予めSMDの部品はリフローされていましたがマニュアル通りルーペで目視確認。
入っていた部品はこんな感じです。
パーツリストを見ながら員数チェックと
基板に最初からはんだ付けされていたSMDをチェック
16130041223576513405634876325897

基板は小さな基板の端っこもスペーサーとして利用するようです注意が必要です。
↓ スペーサー
16130085242195064866368328196817
↓ SDX改造用のドーターボード
1613008606892576601104033466788

鬼門のコイル巻きも無事に終わりコネクター以外の部分は組立が終わりました。
QCXmini
今回のキットは40mB用です
あまり根を詰めてやらずにこの辺りで作業を中断し、残りは週末にやろうと思います。
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ