pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

アマチュア無線

【備忘録】mcHFの設定

自身の備忘録として昨日現在のPA系のセッティングをメモしておきます。

まずは各バンドのPower測定結果
IMG_20180114_083719

IMG_20180114_083758

IMG_20180114_084016

IMG_20180114_084028

IMG_20180114_084039

IMG_20180114_084049

IMG_20180114_084059

IMG_20180114_084110

次にPA Conifguration セッティング
IMG_20180114_084455

IMG_20180114_084508

IMG_20180114_084520

IMG_20180114_084527

IMG_20180114_084534

IMG_20180114_084542




mcHFにFAN取付後に送信異常発生しました。

先週mcHFのファイナル部にFANを装着してダミーロードで送信試験をしていてなんだか調子がおかしいと思い受信機でモニターしたところ、やはりおかしい。

PTT-ONで無変調でも数ワット出力が出ています。
少し離れた周波数で扇上に出ています。
なんだこれ??

ファイナルFETとドライブをつないでいる、コンデンサーC99 C100を外すと何も出力していません。
また、PTT-ONでファイナルFETのQ5の「GATE」に不正な信号が見つかりました。
bandicam 2018-01-13 19-00-15-699


もう一方のFET(Q6)はDCを出力しています。
Q6_GATE
こちらが正常ですね。


と、こんな現象ですので前段が怪しいと思い、T5を巻き直したり、接触不良を色々調べてみても怪しいところはありません。困った・・・・。

残るは、ドライブとファイナルの間。

もう一度パターンを追いかけながら注意深く確認していくと、原因がありました!

IMG_20180113_145032
先週Q6を取外した時にGEATのフットプリントがなくなっていましたが、回路を確認してR81(裏側)にFETのGATEを直接リード線で接続していました。

パターンを追いかけていて気が付きましたが、C100はこのフットプリントのスルーホールを使って接続されていましたので、ドライブからの信号が断線状態だったことで送信の不調が起こっていたということでした。

bandicam 2018-01-13 19-10-46-487


原因が分かれば単純なことですが、ここにたどり着くまでに1週間もかかってしまいました。(;^_^A

おかげで、回路図と格闘できmcHFの理解が深まったように思います。(笑)

明日は、40mBで一週間ぶりにFT8で電波を出したいと思います。
聞こえましたらお相手くださいませ。




mcHFの冷却にFAN取付ました。

年末からFT-8の運用を始めましたが、5W+アルファで運用していると終段のヒートシンクが結構高温になって来るので気になっていました。

手っ取り早くヒートシンクにFANを取付て強制空冷にと考えて、いつもお世話になっているデジットさんで、程よい大きさでリーズナブルなFANを物色。
レジでいつもの店員さんに、電源をつないでもらい風量チェックをさせてもらいましたが、全く「風」を感じません。

店員さんから、「CPU-FANの安いのがありますよ」と進めてもらい見せてもらうと、イメージとピッタリ!!。もちろん購入しました。

IMG_20180105_210816
49mm×49mmのサイズです。
IMG_20180105_210947

現状のヒートシンクとほぼ同じサイズ・・ほんとイメージ通りです。
IMG_20180106_140645

早速、取付方法を現物合わせで考えて・・・・
IMG_20180107_134433

無事?に装着できました。
※銅製のヒートシンクに穴を開けるのに結構苦労しました。
柔らかいので簡単だと思っていましたが・・・
結局ドリルビットを2本も折ってしまいました。涙。

IMG_20180107_150615

FANは手動で入り切りできるようにANT端子の下側にトグルスイッチを取り付けました。
line_1515305304983

最初はFANをOFFでフルパワー連続送信をやってみましたが、
数分間の送信であれば問題なさそうです。
FANをONにすると直ぐに冷えていきます。

おまけですが、(想定外)
FANの風は下方向に吹き出しにしていますが、右の電源用のヒートシンクまで風が届きこちらも良く冷えるようになりました。

ヒートシンク回りを触りましたので、PAのBIAS調整でもしておこうかと思いやってみましたが、手順が違うのか、MIC入力なしでPTT-ONしても、数W出力されてしまいます。
前回調整したときは、出力せず、総電流だけ増加したと記憶していますが???

明日、もう一度、手順を確認してPA周りの調整をしたいと思います。


アマチュア無線復活。運用を開始しました。

昨日から、JG3PUPで運用を開始しました。

設備は、
mcHFとVN4002と144/430のハンディー機1台で、アンテナは、7/21MHzのダイポールです。

復活のきっかけですが、数年前に、サモアに居る旧友(5W1SA)と当時、南極基地に行っていた友人(JG3PLH)二人の友人同士のQSOをネット越しに中継してもらった時だったように思います。

それから機会があれば「アマチュア無線を復活しようか」と考えていしたが、mcHFに出会い、当初SDR受信機として利用を考えていましたが、せっかく送信できる機能もありますし、「この際だから復活しよう!」と決意しました。

それから、保証認定、再開局のインターネット手続きすべてが、30年前とは様変わりしていて、戸惑うことが多かったですが、再開局(旧コール復活) → 初QSOできました。

初QSOは7エリアの方で、7MHzのFT8、0.5Wに絞った出力。
IMG_20171224_111525
その後、TwitterのフォロワーさんともQSOできました。
この週末少ないですが、FT8で11局QSOできました。

ちょうど先月号のCQ誌に「5W1SA」 が投稿している記事を読みましたが、今後コンディションが
良ければQSOのチャンスもありそう(??)で、ワクワクしています。

今後は、CWでも運用していきたいと思います。
(皆さんに迷惑をかけないようにもう少しリハビリしてからにします・・・(;^_^A)

しょぼい電波ですが、聞こえましたらお相手ください。
よろしくお願いします。

PS
来週29日まで忘年会が続きますので、次の運用は、30日以降の正月休みとなりそうです。


Power SWR メーターの実験⑧ケースに文字入れ

今週は、ケースに文字を入れてみました。
IMG_20171216_172712

IMG_20171216_172822
レーザー彫刻はしていましたが、やはりこうしたほうが良いですね。
今年中に、バッテリーを内蔵して完成したいものです。

PS
ノイズキャンセラーも、時間が取れずあまりテスト出来ていませんが、適当な単純信号を入れて位相が変化するのか確認はしました。前回の記事の最後に様子の動画をUPしています。

Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ