CNCについては全くわからないので、時間があれば動画やWEBをチェックしています。
そんな中、PCBの切削の動画に目が留まりました。
ちょっとした実験に使えるようになればいいかな~と思い、早速試してみます。

以前、PCB切削は生基板自体が微妙に反っていてうまくいかないという話を聞いていましたが、調べてみると、基板の反りのデータを取得して切削中にZ軸を自動で調整するソフトが存在することがわかりました。

    今回使用したソフトは Candle_1.1.7 です。

私の購入したCNCでもZ軸ゼロ点検出用の端子(ポート)がありますので使えそうです。
早速、簡単にテストして動作が理解できました。

下の赤枠のボタンを押すとZ軸が下がり始めてし切削対象物に当たると
一旦、上昇してゆっくりと下がりゼロ点で停止します。
bandicam 2021-07-09 21-37-20-417
下の動画は動作の様子です。


接続はエンドミルと基板に接続して「Z」プローブはA5ポートするだけです。
DSC_0225

DSC_0224

DSC_0226

ゼロ点検出がうまくいきましたので、次は基板の反りのデータ収集をしてみます。
まずは、①でZ軸のゼロ点を検出させて②でゼロ点を記憶させます。
次に、③でXとYもゼロ点を記憶させます。
bandicam 2021-07-10 11-06-23-437


次に、「Heightmap」-①「Create」 ②「AUTO」で検出エリアを指定します ③と④でチェックポイントの数を入力し⑤を押すと検査が始まります。※③④は多くした方が精度が上がりますが時間が結構かかってしまいます。
bandicam 2021-07-09 21-52-45-325

X軸を2回 Y軸を2回のを指定しています。
もちろん、回数は多いほど良いのではないかと思います。

終わると下のような画面となり基板の反りを補正しながら切削してくれるようです。

下図はX、Yともに5回を指定しました。
bandicam 2021-07-09 20-51-54-161
この状態で切削データ(G-CODE)を開いて切削を始めましたがZ軸の補正されていない
感じで色々触っていて下記のやり方でうまくいきました。



 【重要】
「Create」①ボタンをもう一度押してこのMAP情報を保存。
下中央の「OPEN」ボタンでMAP情報を読み出す必要があります。
※私は当初この手順を踏まずにMAP情報を取ってすぐに切削を始て
 Z軸の補正がされずしばらく悩んでしまいましたが試行錯誤して上記の方法で
 うまくいくことがわかりました。
  (もっとスマートなやり方があれば教えてください(;^_^A)

【7/18追記】
上記の補正ファイルが正常に読み込まれた場合の画面は下記のようになり、切削中左上の
数値(Z軸)が変化する。
bandicam 2021-07-18 10-55-05-188



この週末は「FlatCAM」を使いKiCadのガーバーデータをG-CODEに変換して、
PCB切削まで作業を進めましたが、次回まとめたいと思います。