今年の関ハム頒布に向けてSi4735DSPラジオ改良版を少しづつすすめていました。
残念ながら来年7月まで延期が決まりまってしまいましたが今回は仕方がないですね~。

さて、前回の3月に製作してから機構部や回路の見直しを進めていました。

今回の改良は、昨年の関ハムでいただいたご要望が多かった「視力低下の為、表面実装が有ると製作に自信が無い」や「スピーカー内蔵型」を改良版としてリリースします。
(SSB復調もご希望を多くいただきましたがまだ未実装できていません。(;^_^A。)

具体的には

①表面実装部品を無くす
表面実装は充電回路で使用していますが、乾電池にすれば解決できますが今更乾電池でもありませんので、充電回路をモジュール化して完成部品とすると事にしました。

IMG_20200419_113353

電源スイッチ・充電モジュール化
IMG_20200419_101526

↓ Si4735DSPラジオモジュール
IMG_20200426_184105


②スピーカーを内蔵する
小型のスピーカーは音量が小さく、また、電源回路も現状のままでは容量不足です。
小型スピーカーは色々試していましたが良いものが見つからず探していたところ、50MHz AMトランシーバーキットで使用していた物が音量や大きさ、価格から内蔵にピッタリであったため採用しました。
電源回路はレギュレーターを大きいものを使うことで対応しました。
(最大音量にすると電圧降下でバックライトが多少暗くなりますがこのあたりはその他とのトレードオフで妥協しました(;^_^A)

機構的には、下の写真のようにLCD基板にアンプ回路とスピーカーを載せる台を増設しました。

IMG_20200418_175557

LCD基板のスピーカー下は
ラジオモジュールのIC、CRと干渉しない様に
穴だらけです。
IMG_20200418_202334

アクリル板は2層になっていて1層目は
LCD、電解コンデンサーやIC、スピーカー用の穴を
あけています。
IMG_20200418_205551

↓ 2層目です。
IMG_20200420_210351

完成はこんな感じです。
IMG_20200426_164311

IMG_20200426_164421

IMG_20200426_164502
MW LW SW(~30MHz) FM(ワイドFM、ステレオ対応)
※ただしSSBは聞けません
1000mAhのバッテリー内蔵でMicroUSBで充電できます。
(充電電流:500mA)
RFアンプ内蔵(OFF/ONスイッチ付き)
外部アンテナ端子:SMAコネクター

上記の内容で
頒布準備しようと思います。
ご希望は
jg3pup「アットマーク」gmail.comまでご連絡をお願いします。

4/28 受付は終了しました。
詳細は改めて後日連絡させていただきます。

これから部品を集めますのでGWの工作には多分間に合わないと思います(;^_^A
頒布予定価格 12,000円(送料込み)