この週末、新たな基板が到着し何とか完成させることができました。

今回は、前回基板の基板外形の反省や回路の見直しを反映したものとなります。

具体的には、

・回路の見直しは、電源スイッチが貧弱で送時電流を考えてFETのスイッチ回路を追加したり、
 AFフィルタ通過にリレーを追加。
 その他、細々したミスの修正。

・PCBの形状は、電源スイッチの穴を追加(前回のミス修正)とボリュームの配線が通る為の穴を増設。
 その他、各箇所の微調整をしています。

・追加したのは、Raduinoの「I2C」「LCD」の股どり用のテストプローブピンを半田付けに苦労
 しましので、今回は半田づけ時支援用の「JIG基板」も入れています。

IMG_20181215_124236
IMG_20181215_124803
この状態で半田付けすると、調整無しで正確にプローブを
半田することができます。

使用後は、USB-Bの中継基板として活用できます。
15449468678445334186096701949811

こんなところを修正して、製造した物がこの基板です。
IMG_20181215_105731


IMG_20181215_105747

部品実装するとこんな感じです。
IMG_20181216_092705

IMG_20181215_131644


バラックでテスト
IMG_20181216_105057

IMG_20181216_115515

ケースの上蓋を閉じようとしてみると、僅かに隙間が・・・
☟ここが干渉していましたので、少し削って修正し無事完成。
(基板はスイッチのランドギリギリまで切り詰めていますので、ケースを削りました(;^_^A)
455aceba


と言うことで、メインの基板は完成しました。
(AGCは前回の基板で動作していますが、
今回の製造分のチェックは来週します。)



基板は9枚有りますので頒布する予定で準備に取り掛かります。
来週の3連休中に頒布の案内をできるように頑張ります。(努力目標(;^_^A)

【仕様】このブログの記事で試した物はほぼ搭載しました。

  0.使用ケース200X 175X 70mmハンドル付きケース
    (アイテンドで同じようなケースを見たことが有りますが同じかは?です。)
  1.基板はuBITXのV4用で、RaduinoのFWはCEC版1.1DSPメーターV0.7
   動作をします。
  2. 2.8''Nextion LCD
  3.Arduino nano (I2C Sメーター用)
  3.AFアンプ TA7368P
  4.7805レギュレーター(LCDとAFアンプに使用)
  5.SSB/CW AFフィルター
    (MAX7800)※RS他でも取り扱っています。
  6.AGC

トリッキーな基板ですので、組立ててもらうために「簡単にまとめたTIPS」を作成ようと思っています。
準備が整い次第、こちらのブログで案内をさせていただこうと思います。

 【内容】まだまだ編集中ですか、下記のリンクは暫定で公開します。(大幅変更するかも??)
  ・組立ITPS
  ・回路図
  ・部品表
  ・ケース加工用の型紙
    原寸大で印刷でき穴あけに利用できます。
    フロントパネルの型紙も用意しますので、この基板に合うフロントパネルの
    穴あけが比較的簡単にできると思います。

★フロントパネルも問い合わせをいただきましたので少しだけ作ろうと思います。
 こちらは、製造コストが高く(4~5K)受注生産となりそうですので、必要な方は
 コメントを頂ければ費用をメールさせていただこうと思います。
 (フロントパネルは年明けの製造となりそうです。)