今年のシルバーウィークは長い連休ですが、仕事がたまっていて、仕事半分という感じです。

と言いながら、FRISKラジオ関連の部材もこのタイミングにあわせて注文していたので、あちこちから入荷が始まりました。

今日一日は仕事のことを忘れて一気に整理したいと思います。

まずは、本日入荷の中華モールから到着したLiPo電池5個の充電、放電のテストを兼ねてFRISKラジオのランニングテスト。
充電
実際に、完全放電→満充電までの充電容量を測ったところ、115mAhでした。カタログ値より少し多く充電できているようです。(400mAの超高速充電をしましたが、発熱も無く無事に充電できました。)
このバッテリーの仕様を見てみると、0.5C充電になっているので、組み立てるときに抵抗を変更して対応予定です。(TP4056の充電最小値が130mAですので1.2C相当ですが、まっ大丈夫でしょう!)

さて、充電の話はこのくらいにして、実際に受信しながら何時間使えるかの測定をしました。
TEST

結果、3.5時間程度の結果で、ほぼ予定通りの結果となりました。
(前回のFRISKラジオとほぼ同等の結果でした。)
MCUは1MHz動作ですので消費電力が少なくすんでいるようです。

テスト受信している時間を有効に使い、FRISKケースの図面を引いてみました。
前回までケースは簡略化(テキトウ?)したCADデータを作成していましたので、改めてケースから図面を起こしましたが、ケースデータを作るだれでほぼ力尽きた感じです。

まっ一応ケース加工に必要な部分はほぼできました。

こちらは、レバースイッチバージョンです。
bandicam 2015-09-21 14-23-45-375

こちらは、ロータリーエンコーダーバージョンです。
bandicam 2015-09-21 21-22-28-451
バンドはFMワイドに対応させようと思います。
AMは9KHzステップの設定で国内仕様
LWはほぼ使わないと思いますが残しておきます。(9KHzステップの設定です) 
この変は、プログラムで後から変更できます。