先日のSDカードブートローダの実験結果から、電池(エネループ利用)の場合、電圧不足のため不安定になりがちでした。

そこで、以前実験で使ったことのある、HT7733Aを試してみます。
部品は、手持ち部品の関係で、下記のようになりました。

 ・HT7733A
 ・100μH(リードインダクター)
 ・47μF電解コンデンサー
 ・22μFタンタル
 ・ダイオード
 ・0.1μF積層セラミックコンデンサー

bandicam 2015-03-15 20-24-09-528

回路はデータシートのままです。

1426318565022-1062309041
家族のTV鑑賞の隙間を縫って実際にTVで確認したところ、正常に起動していました。
もちろんSDカードブートも正常です。
入力を1.3V程度に絞っても正常に起動しているようですね。(130mA程度流れています)
(家族がTV鑑賞中ですので、オシロの波形で確認しています・・汗) 

それではと、エネループ単4×1本で起動するか実験です。

1426328084511-248821745
さすがに出力が、2.474VでSDカードを読み出し出来ないようですね~。

2本であれば、問題なく起動しましたので、よさげです。
14263282145511438055347


後は、電池の持ちを検証していきたいと思います。

ちなみに、2.5V(エネループ2本)の電圧時、75mA程度流れているようですので、約10時間は持つ計算です。

実際に耐久実験をしてみますと、
10時開始で、出力3.37v
image


終了23時2.16v
image

22時30分にチェックした時は、まだ3.3v程度出力がありましたので、10時間30分は連続で稼働していたようです。

まずまず、計算通りでしょう。

今回の回路をもとに、PCB設計を修正していきたいと思います。
 

★なお、今回のゲームはケンケンさんのHPの記事でご紹介されています回路を元にPCBの設計をしています。
記事は、こちらです。