SDR#のサーバーとして稼働まで確認できましたが、その後ADS-Bもサーバーとして稼働にまでは、確認できています。(特に記事にはしていません・・・すいません。)

今日は出勤の電車時間を使いTT@北海道さんの記事「Raspberry-PiでADS-Bを受信しFlightradar24にフィードする」と、ja8175さんの「Linux Feeder software for Flightradar24」を読ませていただき、flightradar24フィードに挑戦してみました。

0. screenを導入(マルチセッションを簡単に実現できるようです)
  「screen」で、「dump1090」を起動

1.flightradar24へのフィードするためのソフトをダウンロード
BlogPaint

2.ダウンロードしたファイルを解凍
FR24_解凍
3.実行
BlogPaint

4.flightradar24へのサインアップ
 
BlogPaint
ここはウィザード形式で、5つ質問されますので答えていくと、
「レーダーコード」と、「key」が発行され無事終了。

最後に、http://www.flightradar24.com/にアクセスして、アカウント作成をします。
このときに、プレミアムアカウントの請求画面に飛びましたが、しばらくフィードしているとサインインが正常にされて、プレミアムの画面になりました。
(今日から20日まで有効のようですが、フィードを続けているといつまでも有効になるのでしょうね。)

FR_PRM
右側が、私がupしている機体データで、
左側が、FR24に反映された機体データです。
(私のレーダーはT-RJBB15です)

STATS
 

今後は、sdrsharp.com+flightradar24の同時フィードをされている、ja8175が実現されていますので私も挑戦したいと思います。