昨日ΔLOOP-Xの改造を本格的に今朝から試聴をしておりましたが、どうもNHK(828KHz)第二高調波(1656KHz)が以前より強めに出ていることが判明 しました。

仕方なく、もう一度室内に持ち込んで再調整することにしました。

BlogPaint
1656KHz 赤の↑です。

もう一度注意深くVR6を調整してみます。
今回、SDR#で帯域を2.8MHzにして、広い範囲を見ながら調整をしました。
この後、、25mbでNULLを調整と、VR6で1656KHzの調整を数度繰り返しながら、ベストポイントに追い込んで行きました。

bandicam 2015-01-12 19-33-18-215

結果下記のように、全体的に不正な信号がおさまり、全体がフラットになりました。
 
(波形が山と谷があるのは、RTL-SDRの帯域によるものだと思います。
(RTL帯域:3.2MHz))
1/12 19:38測定 
22V_spectrum_100-130_193807_20150112

この状態で、Q1ベース電圧を測定したところ、2.22Vでした。


IMG_20150112_193247