今日も大阪は、雨模様の一日でした。昨日の台風の影響ですね。

さて、本日も昨日の続きでNOAA受信です。
少し、ソフトを変えてみます。

KG-APTは、非常に使いやすく良いのですが、普段私が目にする画像はカラーで、陸地は、緑色・海は青色・
地図が重ねている・・・・といったものがないのかとNETで探すとすぐに、見つかりました。

WXtoimgと言うソフトです。

有名なソフトなので、知っていましたが使い方が難しそうなので、敬遠していました。
しばらく、色々調べているうちに、私でも理解できる説明を発見。
【参考】
http://edu.jaxa.jp/materialDB/downloadfile/78845.pdf#search='noaa%E5%8F%97%E4%BF%A1'
非常にわかりやすい説明文で助かりました。

では、早速インストールして使用してみることにします。

昨日は、SDRソフトにSDR ConsoleV2.2を使用していましたが、ソフトが重く、私のPC環境では、音とびが発生してしまい、時々画像が黒とびしてしまいますので、本日はSDR#を使用することにします。

SDR#(WFM Banwidth50KHz)で受信した音声信号を、KG-APT + WXtoimg の両ソフトで同時にデコードしてみました。

まずは、NOAA18の画像です。
KG-APT
KG_NOAA18_20140803155418A

WXtoimg
NOAA18_08030650
カラー表示は、非常にわかりやすいですね。
しっかり、日本上空の雲の様子がわかります。

次に、NOAA15の画像です。
KG-APT
KG_NOAA1520140803172315A
 
 
WXtoimg
NOAA15_08030817
 
アンテナは、「QFH」が比較的安価で製作できるようですので良いようですが、立体的になり目立つので躊躇しております。 

しばらくは、モービルアンテナで受信を続けようと思います。

1407050061647