昨年9月に、aitendoさんの周波数カウンターで自作ラジオの周波数を読む。記事で紹介しケースの設計までできていましたが、ケースに移植中にLCDのガラスを割ってしまいそのままになっていました。
その後、LCDは新たに買い直しましたが、色々やりたいことがありてを付けていませんでした。

ケースに入れて測定機とするつもりでしたが、あまり出番がなさそうなので、自作ラジオに内蔵することで進めていこうと思います。

ちょうど本日、午後から自作ラジオ用に注文していた多回転ボリュームが到着しましたので、もう一度周波数カウンターをバラックで組み立て直しをしてみました。


CIMG2604
 
前回は、SW類をいくつか付けましたが、今回は機能限定ですので、回路は非常にシンプルです。

CIMG2603

 今回の多回転ボリュームを実装したおかげで、狙った周波数にぴたりと止めて待ち受け受信も簡単にできそうです。
ただ、このケースのままLCDと多回転ボリュームを入れ込む事ができませんので、ラジオ自体のケースを大きいものに変える必要が出てきました・・・・汗。