今日は、一日みっちり作業をすることができました。

午前中は、私機の室外BOXの中身をSさんの物と換装して、ヌルの調整からスタートです。
最初は、RTL-SDRで調整を試みましたが全くヌルが出ません。
特に、後配線も見当たりません。
過去、自身のΔLOOPでも時々故障しているわけではないようですが、全くヌルが出ないタイミングが有ります。??

仕方なく、DE-1103で中波のNHKで調整を済ませました。
(この方法は、いつも旨く行くのです。)

CIMG2534



調整後、非同調/同調モードの受信テストです。

 今回は、同調モードのFETを2SK439Eを搭載してのテストでしたが、私の環境ですと、ところどころで発振することがりますね~。ここの環境ですと、2SK241でちょうど良いようです。

午後から、ケースの加工を開始しました。

CIMG2537

いつものように、ケース加工を進めていきます。
CIMG2538

加工が終わり、部品を付けてみました。

CIMG2539
後ろも旨くできまた。
四角い穴を2箇所開けると、結構方がこります・・・・。

夕食後に、レターリングをして、ケースは完成しました。

CIMG2540

 CIMG2542

いよいよ、ラストのパネル関係の半田です。

ここは、私の室内BOXを見ながらリード線を配線で簡単ですが、かなり時間がかかる作業となりました。

CIMG2544

最後に、コネクターに番号と、1番PINに△印を付けました。
これで、コネクターの誤挿入を防止てきますね。

CIMG2547

さて、室内BOXも完成しましたので、ちょっとお試し受信をしてみました。

Pre-AMPの感度調整スイッチが後ろでちょっと操作しにくい場所ですが、非同調モードで活躍しそうです。

少しフィールドテストしてから友人Sさんに、1台目を引き渡すことにします。