本日はタイトルのRNZI DRMをのんびり聴いています。
いつものこの時間は、すぐ隣の強力放送につぶされ、SNRは結構上がりますが音切れが多かったですが、今日は調子よく受信できています。

 
 ΔLOOP-Xのセッティングは、非同調モードです。
同調モードの方が信号強度は強いのですが、SNRが上がらず音が切れてしまいます。
(隣の強力局も一緒に信号が強くなってしまい影響を受けてしまうようです。1000円のワンセグチューナーなので、仕方無いですよね。)

最近DMRの時は、非同調モードが活躍してくれます。

この辺りも、ΔLOOP-Xの良い点で、非同調/同調のモード変更をスイッチで切替できて、非常に優秀なアンテナですよね。