さて、先日の宿題となった、上下基板の高さの調整をしています。

まず、高さオーバーの原因ですが、マイコンと、上基板のリード線が当たっているためだと思い、一旦上基板のリード線を外して、高さの確認。

これが、全く効果なし!  

よ~く観察すると、ヘッダーピンソケットの高さが8mm以上ありこの部分が原因と解りました。

そういえば、ソケットが高さオーバーなのは、設計段階で理解していましたので、どこまで削ることが実験していいたことをすっかり忘れていました。・・・・・Hi  

今回は、ソケットの高さが約7.8mmになるように削り、無事にフタが閉まるようになりました。

CIMG2105



CIMG2103

マイコンと、上基板はほぼ密着状態ですので、基板の上にリード線を引くことで対処していきます。

ちなみに、ヘッドフォンAMPのIC上部も同じですので、ほぼすべての配線を上に持ち上げる改造となりそうです・・(涙
CIMG2104
SI4735モジュールのコンデンサーは、基板と同じ高さでとなりました。