そろそろ、ケースの収納も見据えて今日はAMPを試していました。

ケース自体の大きさやスイッチ類がいまだに決まっていませんが、単独でスピーカーが鳴るようにしていきたいと思います。

まずは、前回のDSPラジオでお蔵入りになった、aitendoさんの超薄型D吸アンプ を使ってみました。

が、ボツボツボツという音がかなり強めに入ってしまい、うまくいきません。
前回のDSPラジオの時の発信とは違った感じですが、とにかく駄目ですね~。

手持ちの部品でなんとかできそうな回路をWEBで検索したところ、TA7368PLを使った回路が見つかりました。
いつもの秋月さんのキット説明書です。http://akizukidenshi.com/download/ds/akizuki/AE-7368.pdf

早速作ろうと追いましたが、肝心のTA7368PLの在庫がありませんてした。・・・・涙!

しかたがないので、いつものPasSで実態配線図を起こして本日は終了となりました。

低電圧AMP
 
プログラムの改造は、そろそろ壁に当たってしまい進まなくなってきました。

今回のラジオのチューニングは、今のところスキャンのみですので、待受け受信ができません。
この点はなんとかしたいところですが・・・・私の力だと非常に難しいです。

もう少しやってみてみます。