前回の記事(6/2)からしばらくぶりに、ヘンテナの実験をしています。

  ◆ 計画 ◆
      ★STEP1  クワトロヘンテナを製作(前回のレポート)
 →今回・STEP2  反射器(ワイヤーネットを予定)との相性と、輻射器と反射器の最適幅を見つけ出す
      ・STEP3  エレメントの長さを長くして、筒状に内側に反射器、外側に、輻射器の2エレ形状にする。


これは、カットアンドトライで少しずつ距離を変えて最適なところを探します。

この受信状態の最適なところを探すことが非常に難しいのです。
というのも、ADS#の「Frames/Sec」の数字は時間とともにものすごく変化してしまいますので、調整ができません。

測定器なしにどのように調整するかを1カ月近くず~と悩んでいました。(大汗!)

で、思いついた方法が、下記の手順です。

 ・ 2セット全く同じadsScoopeの受信セットを準備
    (USBも同じものを用意)

 ・1台のPCで同時に2セットを起動

 これができれば、リアルタイムで「付属ホイップ」と「ヘンテナ」の受信状態を比較することで、調整できるのではないかと思い実験してみることにしました。

2台のドングルの使い分けですが、ADS#とadsbscoopの「PORT」設定を47806と47807に設定しました。

この画像は、47806に設定しています。 
abs#_port
adsdscoopのport設定 
adsbscope_port

実際に2つの「ads#」と「adsbscoop」を起動してみるとうまく2台を同時に受信できました。
ちなみに、cpu負荷は、50%以下で安定していましたので、使えそうです。

では、早速実験開始です。

◎STEP2.反射器との相性と副射器との距離です。◎

まずは、上記の方法を用いて付属ホイップアンテナの受信状態を見ながら、ヘンテナの反射器の位置を探しました。

室内で試したところ、約4cmの距離が最適なことが分かりました。

では、仮設の竹製マストに仮止めしてベランダで受信テストした結果も良好です。
(距離も4cmが良さそうです。)

CIMG1690


 ■ 実験結果 ■

アンテナ 西向きです。
1090アンテナテスト【西向き】2013-07-14 10-30-36-902
ビーム方向に機体が見えますね。
また、南/北は見えませんのでサイドも切れています。

次に南向きにしました。
1090アンテナテスト【南向き】 2013-07-14 10-46-48-725
 ここでも、機体数は少ないですが、しっかり指向性が出ています。

次に東向きです。
1090アンテナテスト【東向き】 2013-07-14 11-04-48-545
 この方向も、サイドの切れも良くですが、
バック方向が抜けている感じです。

最後は、北向き(屋根方向)です。 
1090アンテナテスト【北向き】 2013-07-14 11-14-11-728
屋根と同じ高さの為、屋根で反射している影響で
ちょっと変わった受信状況となっているようです。

  ■ 考察 ■

 ベランダから竹竿で仮設しましたが、アンテナの給電点が屋根とほぼ同じ為、もろにえいきょうが出た結果となりました。

 高さを稼ぐか、場所を変更を考える必要がありそうです。

最後に、12:20の現在の受信状況です。
ヘンテナ1220