ダイレクトサンプリングで、中波を聴いて見ました。

さすがに、いつものTV28Tv2DVB-T(R820T)とは違い、感度はずいぶん落ちますが、大阪からでも東京の100KW級の放送は、らくらく聞こえてきます。

また、朝鮮半島は近いだけあって強力ですね~。

さて、受信記録は100KWで送信しているTBSラジオです。

(タイトルはちょっと大げさですね~、DXでは無いでしょうか?(笑!))


最初は、いつものように同調モードで聴いていましたが1KHz上にビートがかぶっていて耳障りだったので、色々やっているうちに、ふと非同調モードにしてみたところ、ビートが無くなり了解度が上がりました。
でも、今度は混信です。ローカル局のイメージかも知れませんね~(大阪弁トークが聴こえます。)
この混信は、同調モードでは起こりません。

録音は非同調モードのものです。

久しぶりのダイレクトサンプリングですが、感度はありませんがアンテナしだいで、意外なほど良い受信性能です
。価格/性能 比は、抜群です!!。→結果を見ると、この事実を再認識させられます

今回の結果と、以前の記事で、「HFコンバーター(TT@北海道さん製) 対 ダイレクトサンプリングNo.2(MW編)」で、HFコンバーターとの比較記事を書いていますので、参考にしてください。


 
設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine -
日時:2013/04/21 21:00~21:10
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:ΔLOOP-X(非同調モード) PreAMP ON

ダイレクト954KHzTBSラジオ


  SDRSharp_20130421_115738Z_954kHz_AF.mp3