最近、HFコンバーターで受信していると極端に弱くなったり、直ったりと不安定な事が気になっていました。

どこかの接触不良のようですが、アンテナ周りをごそごそすると正常に戻っていたのでそのままにしていましたが、今日は、全く戻らないので仕方なく調査を開始しました。

まずは、タッピングで接触不良箇所をある程度探る事にしました。

コンコンと、タッピングする事数箇所・・・変化点が見つかりました。

HFコンバーター のRX側のコネクター部分です。
この箇所は、SMCメス→MCXオス-SMAオス変換コネクタ →MCXメス(TV28Tv2DVB-T(R820T))ですので、どこか切り分けが必要です。

テスターを使い、チェックすると確かに、芯線の抵抗が大きいです。
CIMG1493

        TV28Tv2DVB-T(R820T)の芯線の導通チェック OK
        TV28Tv2DVB-T(R820T)と変換コネクタを接続しチェック OK
   と言う事は、HFコンバーターのSMAメスコネクターの接触が悪いと判明しました。

コネクターの半田を確認すると確かに芯線の半田が浮いていました。
原因は、
  1.もともと半田の流す量が不足していた事
      2.ケースのサイズが大きいため芯線の半田できる面積が少なくなってしまった事
 この2点だと思います。  最近半田不良が多いです。反省です(汗!!) 

今回は半田を多めに流しました。 
CIMG1496

抵抗値も正常となり、無事に受信できるようになりました。