最近、すっかり中波DXを楽しんでいますが本日はコンディションが全くダメです、いや、中途半端にいいのかもしれませんが、朝鮮半島および中国大陸ばかりで混信がひどく長時間聴くには耳が疲れてダメなので、中波DXは本日中止としました。

そんな中ではありますが中波帯で「HFコンバーター対ダイレクトサンプリング」を聴き比べしました。
(コンディションがダメなときに比べても・・と思いつつやってみました。(汗!)

 設定:SDR# RTL-AGC ON
 日時:2013/04/06 20:20
 RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
 ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP ON 

ダイレクトサンプリングは、PreAMPはOFFでは、地元の民放だけになってしまいますので、ON状態での画像です。
感度不足は、PreAMPを入れても厳しいですね~。ただ波形はシッカリ9KHzつづキャリアが見えている状況です。もう少しダイナミックレンジが取れていれば聴こえそうですが・・・・駄目ですね。
MW_ダイレクト

次に、
 設定:SDR# RTL-AGC ON
 日時:2013/04/06 20:20
 RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T) +HFコンバーター(TT@北海道さん製)
 ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP OFF
 
こちらは、感度も十分です。ちゃんと9KHzつづ波形が並びすべて音声も聴き取れます。
(ただし、同じ周波数の局の混信も伴います。)
MW_HFコンバーター

「ダイレクトサンプリング」よりも「HFコンバーター(TT@北海道さん製)」に軍配が上がりましたね。
当然のような結果ではありますが、少し違った結果を期待もありました。・・・が、・・・平凡な結果の記事となりました。(当然の結果ですいません。(汗!!!)