adsbSCOPを見ていてふと、「関西空港が地図にない!!」、と気づいきました。

地図カスタマイズ前(関空なし)

インストールしたままだと、海から離発着しているように見えてしたが、これの修正方法がわかりましたので、ご紹介します。(空港を新たに表示させる方法)

①編集するデータの場所
  まずは、編集するデータの場所ですが、私のPCの場合は、下記の場所にありました。
  「adsb_all」-「pc_software」-「adsbscope」-「26」-「extra」
   ※26は、多分バージョンによって異なると思います。(私は、2.6 FIX1 を使っていますが、2.5の方は、25では無いでしょうか?未検証のですが・・・・)

②データのバックアップ
  extraフォルダーの中に「GolobalAirportDatabase_Dos.txt」があると思いますので、まずはどこかにコピーをとっておく事をお勧めします。
  (おかしくなったときに戻せるようにしておきましょう)
  私の場合は、同じフォルダーにGolobalAirportDatabase_Dos_old.txtと名前を付けて保存しました。

③データの編集
  フォーマットは、
  ICAOコード:IATAコード:空港名:都市名:国名:緯度:北緯N又は南緯S:経度(秒まで):東経Eか西経W:空港の標高(ft)

  となっていますので、このフォーマットに合わせてデータを作成していきます。

  国際空港のデータは、wikiなどで検索できます。
 【参考】http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E6.97.A5.E6.9C.AC

関空のデータ


  フォーマットにあわせるてデータを作ると

  RJBB:KIX:KANSAI:OSAKA:JAPAN:34:26:03:N:135:13:58:E:0014

  となります。

  次に、GolobalAirportDatabase_Dos.txTをメモ帳などで開きます。

  データはABC順に並んでいますので、下の場所に挿入しました。
関空データ追加

④最後に保存
  このデータを、「GolobalAirportDatabase_Dos.txt」に追加して、上書き保存すれば終わりです。
  ※adsbscopeが立ち上がっている場合は、一旦再起動すれば新たに加えた空港が表示されると思います。
地図カスタマイズ後(関空、神戸、名古屋追加)


これて゜、海から離発着せずに済みます。