本日製作したHFコンバーター(TT@北海道さん製)で試聴しています。

まずは簡単に、ダイレクトサンプリングとの比較をしたいと思います。

設定:SDR# RTL-AGC ON
日時:2013/03/20 20:30
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP OFF

Direct_FC0013同調モードPreOFF

今まで、ΔLOOP-XのPreAMP-ONで受信記録を続けてきましたが、今日はPreAMP-OFFで比較しました。
ΔLOOP-Xのゲインのおかげで、十分な了解度です。-30dB程度ですね。
でも、かなりの検討をしてくれました。

次に
設定:SDR# RTL-AGC ON

日時:2013/03/20 20:30
RTL-SDR:LT-DT309 +HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP OFF
Offset設定をしていないため、+100MHzの表示となっています。

HFCONV_FC0013同調モードPreOFF

FC0013+TT@北海道さん製のHFコンバーターです、こちらは画像でもわかると思いますが、十分な感度です。
-5bB~0dBで非常に強力に受信できています。

次に
設定:SDR# RTL-AGC ON

日時:2013/03/20 20:30
RTL-SDR:R820T+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP OFF
Offset設定をしていないため、+100MHzの表示となっています。

HFCONV_R820T同調モードPreOFF

R820Tは、さらに強力に受信できている様子がわかります。
ゲインの違いですね~、すばらしい。

夜になりしばらくこんな実験をしています。
ざっと試用して感じたことは、

  ・ダイレクトサンプリング+ΔLOOPX PreAMP-ONであればかなりがんばれます
   改造が必要ですが、アクティブアンテナがあれば、一番低コストでHFを楽しむ事ができると思います。
  ・改造なしのFC0013でHFを受信であれば
PreAMPに頼らずに十分な感度があります。
   HFコンバーターの製作が必要です、アンテナは、バッシブアンテナでも使えるのではないでしょうか?
    (まだ試していません、今後記事にしていきます)。

  ・R820T+HFコンバーターの場合は、非常に高感度です、AGCの調整を下げて聞くほうが聴きやすい場面もありました。
   こちらも、同じくHFコンバータの製作が必要となりますが、かなりの高感度ですので、一番のお勧めはこの組み合わせですよ~

上記のレポートは、環境/アンテナなどでかなり違ってきると思いますので、あくまで参考程度としてくださいね。

では、またレポートします。


TT@北海道さんの
HFアップコンバータ(HFCONV)のキット第2弾 
http://ttrftech.tumblr.com/post/45423796353/hf-2