pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

2016年07月

Si4735DSP Radio FULL DIP Verプリント基板増産決定しました。

14654719518991943475851

Si4735DSP Radio Full DIP Verのプリント基板ですが、5枚の予約をいただきましたので、
増産することになりました。

週末には、製造依頼の予定です。

納期は通常2~3週間必要となりますので、予約いただいた方は、しばらくおまちくださいませ。

※アクリルパネルの製造メーカー(国内)から、レーザーカッター故障のためしばらく製造できないと連絡が入りました。リードタイムが今のところ不明てすが、プリント基板納期までには何とかなるのではと期待しています。
 
また、ある方から「書込み済みマイコン」の要望がありましたので、こちらも極力お答えしたいと思っています。
ただし、平日は会社勤めのため納期は、若干のご猶予をいただきますようお願いします。

 

Si4735DSP Radio FULL DIP Ver トランジスタの小変更

この基板を試作していただいています旅の途中Leoさんから、沢山の情報をいただいています。
 
 ①同調回路追加して感度アップ
 ②イヤフォン端子にスピーカー駆動した場合、電流不足で液晶とLEDが暗くならないようにトランジスタ交換
 ③cpuクロックアップし、より快適操作。

など、精力的に試していただいています。
(他に、受信周波数拡大やら、受信帯域、受信ステップなどLeoさん仕様にプログラムも変更されています。
 流石です。)


私も実験したいと思いながら、KANHAM2016の準備やら仕事で、全く手が付かず、ようやく遅まきながら昨晩から実験しています。

一番簡単で、私も少し気になっていた②を試しました。

具体的には、2SA1015を2SA950に型番変更だけです。

BlogPaint
エンジニアさんのss-02はスルーホールの半田を取るときに重宝しています。

2SA950 の価格は大阪デジットさんで30円/個で大量在庫されていました。
BlogPaint


これで、スピーカーをFULLボリュームで駆動しても液晶、LEDがちらつかなくなりました。

たぶん部品コストも同じくらいですので、これから組み立てる方は、2SA950をお使いください。

現在クロックアップをテスト中です。
また、うまく行きましたら報告していきます。

ps
ここで、紹介しているプリント基板ですが、現在3名の方から増産のご要望をいただいています。
5名以上になった時点で増産する予定ですので、ご要望の方がいらっしゃいましたらメッセージを入れてくださいませ。 

KANHAM2016 7/17活動報告。

さて、2日目ですが朝から天候が優れず雨の心配をしていましたが、大して降られることも無く助かりました。
ただ、蒸し暑くてこちらには参りました。

IMG_20160716_102745
上:この写真は、7/16日の物です。
下:7/17日の物です (直前の雨で足元最悪でした)
IMG_20160717_085514[1]
午後になり主催者が砂で水たまり対策してくれていましたが、
もう少し早いと助かったんですが・・・・
 
ツイッター、ブログなど普段お世話になっていた方々に来店していただき、大変参考になるお話やら、世間話やら・・・・・と楽しい時間となりました。

頒布品として並べたプリント基板は、1~2枚程度しか出ないと思っていましたが、
予想外な反響で驚きました。

特に、Si4735DSP Radio Full DIP Verは、在庫がなくなってからも、希望される方が多くて本当にビックリしました。

こちらは、ご要望が集まれば(5枚以上)増産も考えたいと思います。(ご希望の方はコメントで、プリント基板、アクリル・パネルも一緒に必要か教えてください)


他のプリント基板は若干残りましたので、ご希望の方がいらっしゃいましたら、「メッセージ」でお問合せくださいませ。

たま、来年もチャンスがあれば参加したいと思います。


 WEBサイト:第21回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2016)


KANHAM2016 7/16活動報告。

本日は、沢山の方々にお声掛けいただきました。

「いつもブログ見てるよ」と本当に嬉しい言葉をいただく事も多くあり本当に感謝です。
(以外にも?、私のブログ記事を読んで来場されている方が多くて驚きました。)

まだ明日もありますので、ご来場をお待ちしております。
(天候の影響で、早期撤収も有るかもしれません)

さて、
本日早々に、「Si4735DSP Radio Full DIP Ver」が「本日完売」となりましたので、お伝えしておきます。

CIMG3664
本体のデモ展示は引き続きしますので、一回見てやろ~と思われる方はお越しくださいませ。



また、下記は引き続き在庫が有ります。

ΔLOOP-Xアダプター
  部品リスト
  回路図
  製作TIPS

14583057162591121966679

ΔLOOP-X室内BOX

  部品リスト
  回路図
   
1457760809053-802067387

MachiKania Game Board

  部品リスト
  回路図
  製作TIPS
CIMG3625

VELUDA

  部品リスト
  回路図

 WEBサイト:第21回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2016)


KANHAM2016頒布品の説明資料の公開

関ハムの準備がようやくできました。

プリント基板、デモ機などの荷物は゛すでに週末北神電子サービスさんへ発送済みですが、

その後、確認していると部品リストで一部(ソケット関係)の抜けを発見しました。
・・・当日現地で差し替えします・・・


製作時の注意事項は自身の備忘録(簡単なメモ)がある程度でしたので、少し加筆したものを
基板にお付けする予定です。

また、部品リストは簡易版を印刷していますが、下記のリンク先にPDFでおいておきますので、
そちらで確認してください。(参考にWEB購入できるようにリンクも付けています)
(データは精査していますが、間違いがあるかもしれませんので、十分確認しオーダーしてください。)


頒布品の価格は悩みましたが、0~800円としました。(大きさ比例です)
(製造原価の割り勘と考えてくださいませ。)

あくまでも、頒布は「ついで」で、

私のブログを読んでいただている皆様と電子工作、ラジオなどのお話がしたいと思っていますので、
是非、お気軽にお声がけくださいませ。

場所は、屋外展示になります。

では、当日お待ちしております。

Si4735DSP Radio Full DIP Ver
  部品リスト
  回路図
  製作TIPS
  HEXファイル(ソースの必要な方はメッセージを入れてくださいませ。)

  【追記 2016/7/17】
   昨日、数名の方から「書込み済みのマイコン」をご要望をいただきました。

   ライターをお持ちではない方向けに、「書込み済みのマイコン」をご用意致しますので、
   こちらもメッセージをください。(送料込み 800円を予定しています。)
   募集期間 ~2016/07/24(日)※発送は、25日以降に普通郵便で発送します。
CIMG3664

ΔLOOP-Xアダプター
  部品リスト
  回路図
  製作TIPS

14583057162591121966679

ΔLOOP-X室内BOX

  部品リスト
  回路図
   
1457760809053-802067387

MachiKania Game Board

  部品リスト
  回路図
  製作TIPS
CIMG3625

VELUDA

  部品リスト
  回路図

 WEBサイト:第21回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2016)


Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ