pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

2015年04月

RTL-SDR用BPF(北神電子サービスさんのBPF-1)基板の製作②

GWに入りましたね~、私はカレンダー通りに出勤ですが仕事もゆったりできますし、食事もガラガラなので意外と仕事も悪くないと思っています。

さて、今日はBPF-1基板の完成→テストのつもりで朝から半田作業でした。

まず、未着のLはタンスの肥やしを捜索。
1430272784642-279171453

不足していたインダクターは、以前フィルター製作用にオークションで入手していたものの中から出てきました。
サイズ/メーカーも偶然同じものでした。「びっくり」です。

BPF部は完成。
前回少し問題のあった、CBT3251(R4 R19)切替部の抵抗を1KΩから100Ωに交換しています。
1430272845808-502225256

各部品は、前回同様すべて値を実測しながらくみたてましたので、結構時間がかかってしまいました。
インダクターは、値のばらつき結構ありますね~。

次に、アッテネーターとアンプ部の半田付
1430278010762839821208

これで、基板は完成です・・・・・

ここで、仮組して簡単に「RTL-SDR Dongle Panorama」でテストしてみます。
 ※HFコンバーターを入れていますので、+100MHzの表示になっています。
  ※アンテナは、ΔLOOP-X非同調モードです。

①バンドパスフィルター MW SW-L SW-M SW-Hとも正常に聞いている感じです。
MW
bandicam 2015-04-29 20-16-24-961
SW-L
bandicam 2015-04-29 20-16-47-634
SW-M
bandicam 2015-04-29 20-16-59-214
SW-H
bandicam 2015-04-29 20-17-15-919
 
②アッテネーターも問題内容です。
   (BPF=MW)
ATT -10dB
bandicam 2015-04-29 20-17-48-137
ATT -20dB
bandicam 2015-04-29 20-17-56-929

【動画です】



③最後にアンプのテストをしましたが、うまく動作しません。
 いろいろ調べた結果どうも、逆さまにつけているようです・・・・??!!

1430286008589-1743345187
U5 GN1021左下が1番ピンだと思い込んでいましたが、
どうもこのピンは6番ピンのようです。
(自信はありません。
WEBのみなさんの画像からの推測です。) 

向きを変えて試しましたが、壊れてしまっているようです・・・・・。
また、秋月さんからの通販のタイミングで一緒に買う事にします。

気を取り直してパネルを組み立てほぼ完成状態になりました。
1430305356023-1083265641

パネルのシールは、次回においておきます。
仮に紙に印刷してはりつけて視聴していきたいと思います。
1430305434587-721552253

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今回のBPF-1は、、北神電子サービスさんからPCBを提供していただきモニターしています。
今回の基板の改良版を第20回 関西アマチュア無線フェスティバルに出店されるようですので、ご興味のある方はそちらに行かれてもよいかと思います。
【追加情報】
※2015/4/29 21時現在
 神電子サービスさんのブログで、最新基板の販売も始められていました。
 

RTL-SDR用BPF(北神電子サービスさんのBPF-1)ケース加工

さて、今日はケース加工日和の予報でしたので、早起きして図面を完成させ加工まで一気にやってしまいました。

おかげで、またまた肩こりと、心地よい疲労感です。(笑)

bandicam 2015-04-26 10-37-53-214

最初のバージョンはこれでした。
いつもと変わらないデザインですが、こけが一番落ち着くデザインなんです・・。
 
ところが、ここまで来て問題発生です。

秋月さんで買ったロータリースイッチのシャフトが太くて入らないことが判明。
仕方なく、一旦ロータリースイッチの付属ツマミを使う事にしました。


bandicam 2015-04-26 20-49-22-665
ちょっと、つまみが貧弱ですよね~
(シャフトを削ってつまみ交換も考えます。)

レターリングも一旦書きましたが、こちらはもうちょっと考えてからシールにします。

ますが、各部の配置はこんな感じに決定として、一旦、図面を出力して、位置関係のミスが無いか調べます。
 
1430024462763-1344055244

フロントパネルも部品をおいてみます。
14300245872961580328679

特に問題なさそうです。

1430032989879-1344055244
いつもの手順で、ケースに穴をあけていきます。

ほぼ、穴の加工が終わったところで、仮組立をして微調整。
1430046771192-1413470848
ほぼ大丈夫のようです。
基板に直接コネクターがつしていますので、少しずれるだけでも、
問題が出ますが、何とかなってそうです。
14300469074284126791

ケース加工は80%完成です。
後は、レターリングです。

GWの前半で、じっくり考えます。

RTL-SDR用BPF(北神電子サービスさんのBPF-1)基板の製作①

ケースの設計も全く進んでいませんが、本日、秋月さんから不足部品が届きましたので、半田作業を進めてました。

今回分けていただいたPCBは、部品間隔が広く、チップ部品のパットも大きいため、ハンダ付が楽にできて良いです。(老眼にやさしいですよ~。)

1429961762402-1344055244

電源回路を完成させ正常を確認できましたので、 multiplexer/demultiplexerを取り付けて、切り替えテスト。
少し問題がありましたが、一旦、回避出来ましたのでそのまま作業を進めます。
(別途検証してみたいと思います)

LとCは、値を待ちかえてつけてしまうと、正常に動作しませんので念のため半田する前に回路図と部品の定数を確認しながら実装していきます。

14299621595091580328679
インダクター 0.18μH (実測0.266μH)


1429962764823-1455830074
 コンデンサー 220PF (実測222PF) 

1429964258979-1413470848
インダクターは未だ未入荷もあります。

不足しているインダクターは5月中旬に入荷予定ですので、ケース設計→加工と、ATTとAMP部分の製作を先に進めて行きたいと思います。
 
明日は天気がよさそうですので、ケース加工に良いかもしれませんね~。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今回のBPF-1は、、北神電子サービスさんからPCBを提供していただきモニターしています。
今回の基板の改良版を第20回 関西アマチュア無線フェスティバルに出店されるようですので、ご興味のある方はそちらに行かれてもよいかと思います。
 

RTL-SDR用BPF(北神電子サービスさんのBPF-1)ケース設計①

昨晩から、北神電子サービスさんのBPF-1のケースを考え始めました。

まだまだですが、一旦必要なパーツな並べてみました。

bandicam 2015-04-24 07-13-22-559

北神電子サービスさんより、BPF-1の図面をいただけましたので、採寸なしで作業を進めることができます。 
 
ケースデータも、タカチさんのHPよりdxf形式でダウンーロードできますので、あとは適当に合いそうなケースのデータをここに重ねて行きたいと思います。

一応、TS-1 or   YM-150 あたりになると思います。
※使い慣れているケースが失敗しなくてよいですが、デザインがほぼ一緒になってしまう点は仕方ないですね~

ちなみに、今回のBPF-1ですがすでに次回作の検討が進んでいるようです。
今回のBPFに加えて、HFコンバーターの追加と、RTL-SDRもOn board 化も検討されているようです。
詳しくは、こちらです。
 
第20回 関西アマチュア無線フェスティバルに出店されるようですので、ご興味のある方はそちらに行かれてもよいかと思います。

PCB発注しました。(SDカードブートとフリスクDSPラジオ)

先ほど、SDカードブート(ケンケンさん設計のPICゲーム)とSi4825-A10を使ったフリスクケースラジオのPCBのいつものElecrowへ製造依頼をしました。

前回注文した時と枚数の設定方法が変わっていたため、手間取りましたが無事発注できたようです。
(以前は、5枚と10枚をプルダウンで選べましたが、今日現在は商品として5枚10枚が分れていました。)


bandicam 2015-04-22 21-23-14-660
SDカードブート基板の裏蓋の部分に、フリスクDSPラジオを面付しています。

ちなみに、DSPラジオは、フタ裏側に配置しています。

カーバー出力直前にバタバタと修正をしていますので、ミスが無いか今更ながらドキドキです。

GW中に届いてほしいのですが・・・。

 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ