pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

2014年12月

今年の製作まとめ

今年もあと数時間となりました。

今年一年間の整理をしながらHISTORYをまとめてみました。

みなさんからのコメントで刺激をいただきながら、気が付けば今年も色々な電子工作に励んだ一年となりました。

来年も、まだまだ電子工作を楽しんでいきたいと思います。

来年もよろしくお願いします。


◆ 2014年 まとめ ◆

1月 1. AudioBOXの製作

  CIMG2444

  2. M6959DSPラジオ用の周波数カウンターの実験
 
CIMG2498

   3. 半田ごて温度計

CIMG2508

2月 1. 友人Sさん用のΔLOOP-X製作

CIMG2534

3月 1. 周波数カウンターの製作(自作の短波ラジオに内臓)

CIMG2611

3月 1. M6955DSPラジオの製作

1395462764712

   2. PCB設計(ΔLOOP-X室内BOX PCB)

1396060648650

4月 1. 2種のキット製作(TT@北海道さん製)

CIMG2683

   2. ΔLOOP-X(室外BOX) PCB化

1397659999116

5月 1. LCメーターの製作

1399692043668

6月 1. ΔLOOP7製作

1402109605083

   2. ΔLOOP7 PCB化

1404023914059

8月 1. NOAA受信
      (電子工作ではないですが・・・Hi)
NOAA18_08030650

   2. PICでインベーダーゲームの製作

CIMG2816

9月 1. ΔLOOP-X PCB化 V1.1製作

CIMG2847

   2. PICマイコンでビデオゲーム(パックマン)製作

CIMG2871

10月 1. ADS-B SAWフィルタプリアンプキット(β)(TT@北海道さん製)

CIMG2931


   2. ΔLOOP7 LANケーブル化PCBの製作 

CIMG2981


12月 1. M6955DSPラジオをユニバーサル基板に移植

1417331930845-2111419138

   2. PICでビデオゲーム製作(VELUDDA)

1419062529448-609015024


※製作物は、全て設計者様がインターネット上で公開されているものです。 

PICマイコンでビデオゲーム(VELUDDA)完成。【息子たち大喜びです。】

ケンケンさん設計のワンチップマイコンでビデオゲーム(VELUDDA)ですが、本日完成しました。
前回は、PIC32MX370F512Hの故障と判明しましたので、作り直しとなってしまいました。

気を取り直し、新しいPCBを使い再度製作です。(PCBはたくさん在庫がありますので使わないとってことで・・笑)

今回は、電源回路半田付け→動作テスト→CR半田→テスト・・・と作業を進めました。

1419324244047-921635933

今回は、PIC未搭載の状態でVDD VCCの電源周りも各PINで確認しました。
1419325479537888285785

特に、PCBの設計ミス無いようです。

ここまで、作業を進めたところで、タイミングよく新しいPICが到着しました。

IMG_20141223_113819

早速、慎重に実装作業を進め、最終チェック。

1419336698958-697821300

VCC-VDD間もこんな物で妥当だと思います。

この後、ケンケンさのHPよりプログラムをダウンロード。
MPLAB IPE v2.26で、PICにHEXを書き込み

1419337372687137809976

 
IMG_20141224_221800


早速、TVで動作確認・・・・・が・・・・どうも画像が出ません??!!

仕方なく、オシロを引っ張り出してきてビデオ出力の波形を見てみると

IMG_20141223_225212
んっ~、それっぽい波形です。

????

原因は、ケーブル or TVになりそうです。

ケーブルとTVを変えてテストしてみると、あっさり動作しました。

 
IMG_20141223_225759


IMG_20141223_230013
まだ、ボタンは未実装です。
 
結局、原因はケーブルの接触不良だったようです。

ボタンを半田付けして、完成しました。

IMG_20141224_192754

IMG_20141224_193656

IMG_20141224_192812



今回のビデオゲームは、夏に作った「PICマイコンでパックマンを作ってみました。【かなり楽しいです。】」が子供に大好評で、「早く次のゲームを作ってほしい」とせがまれていたところケンケンさんのHPで、新たなゲームを発表されましたので、子供の「クリスマスプレゼント」にしようと作り始めました。

肝心のPIC故障で、半ばクリスマスプレゼントあきらめていましたが、ケンケンさんの掲示板のありましたM.A.D.さんに発注したところ、超特急で到着(36H程度)させてくれたおかげで、何とかギリギリ完成させることができました。

何とかクリスマスプレゼントが出来あがりました。(よかった~!!)

完成後すぐに子供たちにプレゼントして、先ほどのまでゲームを夢中でしてくれました。
(私もはまってしまいました・・・・・本当に面白いですよ(笑)。

今回は、PICの故障に見舞われましたが納期ギリギリセーフでした。
本当にヒヤヒヤしました。
仕事もそうですが、納期が迫るといやなもんですね~。


最後になりましたが、

 ケンケンさんには、回路図、プログラムを公開いただき、本当に感謝しております。
 また、M.A.D.前田様にも、早々にPICを発送していただきありがとうございました。

 ★なお、今回のゲームはケンケンさんのHPの記事でご紹介されています回路を元にPCBの設計をしています。
記事は、こちらです。

ケンケンさんのビデオゲーム(VELUDDA)組立・・・・問題発生!

ケンケンさん設計のワンチップマイコンでビデオゲーム(VELUDDA)を週末を利用して製作しました。

先日、ELECROWさんから到着したPCBの切断から始めます。

1419039035641-1253654126
切断には、ブラバンカッターを使用していますが、すぐに刃がダメになりますね~。
機械化したいところです・・。使用頻度を考えるとちょっと考えてしまいます。

早速、半田です。
いつもは、電源回路を組立→電圧チェック次に・・・と進みますが、今回はその方法を採ると、半田ごてが入らない箇所が出てきそうですので、背の低い順に半田していきます。
※これが後に大変なことになりました・・(大汗)

チップ部品が一通り半田終了し、コネクター類、裏面のボタン、SWなどの半田です。
1419062421447-816910723


1419062865031629316049

ハードは、完成です。
1419062820695-1776078924

ケース代わりに、PCBを裏面に配置しました。


PICkit3を接続して、プログラムを書き込みます。
今回、MPLAB Xを立ち上げてビルドしようとしましたが、ケンケンさんのページからダウンロードしたファイルには、HEXがありましたのでそのまま書き込むことにしました。

MPLAB Xは使うのはほぼ初めてのため、どうすれば書き込めるのかWEBを検索しながら悪戦苦闘。

やっと書き込み準備が整い、いざ書き込み!!

ところが、上手く書き込めません。

VELUDDA側の電源を入れていなかったためでした。
・・・・途中、PIKKIT3からVDDを供給設定を試したりしていましたが・・・

まっ、とにかくVELUDDAの電源を入れる前に、全体回路の抵抗を測定してみると、約2Ω・・・、軽い??ショート状態です。

今回のPICは「TQFP」ですので、半田ポールでもあるのかと思い、デジカメでPICをズーム撮影しPC画面で拡大表示しながら丁寧にチェックしましたが、見当たりません。・・・

コンデンサーの不良で短絡もありますので、パスコンを外しながらチェックしていきましたが、原因となるコンデンサーはありません。

回路図、ガーバーを見ながらショートしそうな箇所を探しますが、結局わかりませんでした。

最後に残るのは、PIC本体の故障です。

仕方なく、PICを外して各PINを直接測定して良否判定に取り掛かりました。

IMG_20141221_002227

即席の TQFP外し治具を銅線で作成して無事外すことができました。
(PCBは使用不可になりましたが、たくさん在庫していますので良しとします。)

CIMG3130

CIMG3129


半田を吸い取り線で丁寧に吸い取りVDD-VCC間を測定してみると
 
IMG_20141221_115603

◆測定結果◆
 9PIN - 10PIN  2.4Ω
 19PIN - 20PIN   1.2MΩ
 25PIN - 26PIN  2Ω
 38PIN - 41PIN   2.3Ω 

結果から、PICが壊れていることは間違いなさそうです。
PICKIT3で、一瞬電圧(3.3V)はかけましたが、原因がはっきりしません。
 
初期不良だったのか、静電破壊だったのか??

とにかく、もう一度PICを入手するしかなさそうです。

次回は、静電マット、ストラップなどの静電対策して作業でもしようかと本気で考えます。
(静電マット他は、どこにしまいこんだか?失念・・いや捨てたかも・・)

ということで、年内完成は厳しくなってしまいました。

子供には、遅いお年玉ってことにします。 


 ★なお、今回のゲームはケンケンさんのHPの記事でご紹介されています回路を元にPCBの設計をしています。
記事は、こちらです。

VELUDDA PCBが到着しました。(ケンケンさん設計のビデオゲームです)

VELUUDA PCBが到着しました。

veludda到着

今回は、発注から3週間でした。
(※セール中でした。)

1419000333067-78239130

今回、@akirahitoshi さんがシルク印刷の代わりに一部半田レベラーで文字を入れられていましたので、ダメ元でやってみたところ上手く出来ました。

14190004729081161852168

【備忘録】

半田レベラでシルク
CAD            :   KiCad 
PCB発注先 :  Elecrow
設定            :    Maskでテキストを入れる

※今回、Elecrowさんで修正してくれたのかもしれませんね~。
 毎度上手くいくのかわかりませんが、次回のPCBで再度やってみます。

半田レベラー

今日は、忘年会で飲みすぎましたので、あす以降製作をしていきたいと思います。


 
 ★なお、今回のゲームはケンケンさんのHPの記事でご紹介されています回路を元にPCBの設計をしています。
記事は、こちらです。

PCBの行方(VELUUDA_PCB) 【もうすぐ到着見込み】

11/26に、VELUUDAのPCBですが、国内配送になっていました。

明日には到着の見込みです。

veludda_1216

週末まで、毎日各署の忘年会ですので、製作は週末までお預けとなりそうです。
(強引に製作してしまいそうですが・・・)
 ★なお、今回のゲームはケンケンさんのHPの記事でご紹介されています回路を元にPCBの設計をしています。
記事は、こちらです。
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ