pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

2014年04月

No.3TT@北海道さん製「WSML」とΔLOOPXの比較テスト

「マグネチックループアンテナアンプ基板(WSMLタイプ)」を少し改良してテストをつづきをやっています。

私の環境では、WSML単体で使用すると、中波のイメージが短波のあちこちで受信してしまい使いずらい状況でした。

そこで、BPFを内蔵している「ダイレクトサンプリング向けフロントエンド基板」を組み合わせて使用してきわけですが、これではR820Tのチューナーを使用していないため、性能の半分も使わない状況です。
そこで、まず、WSMLに中波のお化け対策にLPFを増設て、HFコンバーターと組み合わせることで、フル機能を使おうと思います。
1398754045580
 

これで、ダイレクトサンプリング向けフロントエンド基板の力を借りなくても、中波のお化けは出なくなったようです。

実際に受信テストをもう一度やってみたいと思います。

 USBドングル R820Tダイレクトサンプリング改TC4-1TG2+)
 エレメント   1m×3アルミ ΔLOOP
   HFコンバーター TT@北海道さんのキット 
 受信地     大阪府河内長野市
 受信局     15345KHZ  RAE(日本語放送) 

組み合わせを変えて比較テストしてみました。
下のパターンは3通りです。

 1.ダイレクトサンプリング向けフロントエンド基板 + WSML

 2.WSML + HFコンバーター

比較の為、
 3.ΔLOOP-X(非同調→同調) + HFコンバーター

の順番に切り替えています。

刻々とコンディションが変化していましたので、参考データとして置いておきます。

 

ΔLOOP-X PCB版 整理(備忘録)No.2

自分用のメモです。
今回、ヘッダーピンとEHコネクターのピン穴が小さいかったため、フットプリントを修正。


【パット穴径】
通常のアキシャル 0.8128mm
ヘッダーピン    1.0160mm 

EH
 

No.2 TT@北海道さん製「フロントエンド」+「WSML」を組み合わせて、受信テストしてみました。

先日も「ダイレクトサンプリング向けフロントエンド基板」+「マグネチックループアンテナアンプ基板(WSMLタイプ)」の組み合わせで以前レポートしましたが、もう一度、室内でテストしています。
 
1398694467518

1398694492319

今回は、wsmlをアルミケースに入れただけですが、ダイレクトサンプリング向け基板のBPFが効果的に働いて中波のお化けが出没せず、思いのほか良く受信できています。

 

ΔLOOP-XのPCB化実験は終了、次は・・・?

ΔLOOP-X PCB化の実験を、ここ数カ月やってきました、やっと完成し無事動作しています。
また、PCB化となり手軽に製作できるようになったお陰で、なかなか進まなかった予備基板も完成しました。
当初のPCB化計画は、これで完了となりました。

さて、ある程度時間が確保できるこのGWに工作&実験三昧と思っていたのですが、ネタも尽きている状況。
(途中で中断中の課題はいくつかありますが・・・汗)

・・・・と思っていたところタイムリーに、「ゆうちゃんのパパ」さんからひょんな事からABS-Dアンテナを頂くことができました。
これはと言うことで、久しぶりにABS-Dのアンテナ実験に取り組む事にしました。
(ゆうちゃんのパパさん、ありがとうございます。)

朝から、ΔLOOPのマストに併設して見ました。

アンテナ詳細は、ゆうちゃんのパパさんのページから。

ab7f8112-s
↑ゆうちゃんのパパさんのページから勝手に拝借しました、ごめんなさい。

CIMG2704
見えますか?真ん中の黒い台の上です。

付属のケーブルに直接R820Tを付けて、USBケーブル5m+αでPCに直接接続しています。

高さが約8m程度ですが、低空の飛行機の受信ができているようです。

ADS_B関空離陸
中央左が関空です。
今まで、R820Tの付属ホイップとヘンテナで試してきましたが、関空の離陸直後の機体が見えたことは有りませんでしたが、今回のアンテナは、しっかり受信できています。

また、信じられない長距離も捕えることができました??。

ADS_B長距離受信
12時ごろの画像です。

上記の機体を調べてみると
フライト
 
全日空918便
機体の方向が違うように思いますが・・・・??

ABS-Dの画像からは、東向きに飛行していますが、実際は、西から成田に飛んでくるはずですよね~なぜ??です。

3時間ほど受信していますが、約250Km程度が射程距離の様です。


ABS_D250

今回のアンテナは、非常に小型ですので、連休後半にロケーションの良いところにでも出かけてレポートできればと思っています。
(天候次第ですが・・・。) 

ΔLOOP-X PCB版 整理(備忘録)

自分用のメモです。

今回のPCBに必要なパーツリスト(備忘録) 

ΔLOOP-X パーツリスト改版
【2014.4.27部品表を修正】
修正箇所:
1.室内BOXと室外BOXがテレコになっていました。
2.室外BOXの抵抗6.8KがR6.8Kになっていました。

Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ