pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

2014年03月

Fusion PCBで基板を発注してみました。【日本到着のようです】

先日の記事で、Fusion PCBで基板を発注してみました。【発注メモ】 の中間報告No3です。

現在までの経過は、
 3/8 発注
 3/9 製造
 3/17 発送(準備完了?)
 3/18  追跡可能
 3/20 NETで確認出来るようになりました。
 3/27 川崎到着した様子です

神奈川到着
やっと、日本郵便の検索でヒットするようになりました。

荷物は無事に日本に到着してたようです。

ここまで、約3週間かかっています。
でも、荷物が日本に入ってきて安心しました、内心「行方不明になったのでは・・・」と不安になっていたところでした。 

見習職人さん公開のaitendo M6955ラジオ完成しました。

見習職人さんがプログラムと、回路を公開されています、「AITENDO M6955 + 秋月LCD+ロータリーエンコーダ その11」のページを見ながら週末から手掛けていました、DSPラジオですが、バンドスキャンが動きだしました。
これで、公開されている機能は、全て正常に動作することになりました。

ちなみに、原因は接続ミスでした・・・・汗。

改めて、回路とプログラムの公開していただきました、見習職人さんに感謝、感謝です。

 

ラジオの基本的な部分は完成されていますので、このままケースに入れてもよいのですが、しばらくソフトをいじりながら、遊んでみたいと思います。

いつもの・・・・しばらく、板の上だと思います。

ついでに、本日も、RAE日本語放送をこのラジオで聴いていました。
今日は、DE1103との聴き比べをしてみましたが、DE1103の方が音質、了解度ともに良いですね~、このラジオもケースに入れると音質は良くなると思いますので、最終はケースに入れようと思っています。
・・・・いつかは、わかりませんが・・・。

 
 


aitendo M6955 vs Si4735 No.2【RAE日本語放送】の聴き比べ

前回のaitendo M6955 vs Si4735 9MHz帯の聴き比べで、試してみましたが、本日はいつものRAE日本語放送で聴き比べをしてみました。

  

Si4735は、低音がしっかり出ていますね~、音が非常に良いです。
でも、低音でもごもごした音ですので、聞き取りにくい場合も有りますね~

一方、aitendo M6955の、シャカシャカした音で少し疲れますが、音声は好みも有りますが、聴きやすい場合もありますね。

本日の聴き比べでは、そんな評価でした。

皆さんは、どうでしょうか? 

ガルバニックアイソレータの検証④ 【RTLScannerの画像】

「ゆうちゃんのパパさん製」ガルバニックアイソレーターを、改めて追加検証しています。
(ゆうちゃんのパパさんの記事:http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4722041.html )


HDSDRですと、バンド幅が狭いため短波帯の全体を見渡すためには、非常に非効率でした。
そこで、今回はRTLScannerを使い、3MHz~20MHzの幅で、検証してみます。

まずはガルバニックアイソレータ「あり」の画像です。
ガルバニックアイソレーター有り

今回は、HFコンバーターを入れていますので、表示の周波数が100MHz高く表示しています


次にガルバニックアイソレータ「なし」の画像です。

ガルバニックアイソレーターなし

 赤枠の部分がノイズだと思います。
LOWバンドでも、同じような部分が見えますね~。

この辺りのノイズはかなり激しく、今まであまり聞かないバンドでしたが、今回のガルバニックアイソレータを入れることで、かなり改善されていそうです。  

【続】Fusion PCBに発注の経過です。本日ステータスに変化が有りました。

先日の記事で、Fusion PCBで基板を発注してみました。【発注メモ】 の中間報告No2です。

現在までの経過は、
 3/8 発注
 3/9 製造
 3/17 発送(準備完了?)
 3/18  追跡可能
となっています。
ここまでが、Fusion PCBのステータスです。

HISTORY

この後、昨晩(3/21)になるまで追跡出来ない状態でしたが、本日朝singpostで確認すると状況が確認できるようになりました。

SINGPOST

日本に向かうってことでしょうか。

日本郵便の追跡サイトでは未だ確認できませんが、日曜日なので明日以降に追跡出来るのでしょうか?

今回のPCBの結果を見てから、ΔLOOP-X室外PCBを注文するつもりで、設計は完了していますが、先に注文しそうな勢いです。

次回のPCBは、Elecrowにしてみるつもりです。
こちらは、価格的に今回のFusion PCBよりも安いみたいなので、本当に驚くばかりです。
しかも、カラー基板も価格が同じパターンもあるようです。
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ