pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

2013年11月

HFコンバーター(TT@北海道さん製)とΔLOOPの防水完成です。

本日は、新ΔLOOP-Xの防水タッパ―加工と、HFコンバーター(TT@北海道さん製)の残作業です。

日中、非常に天気が良かったので、ベランダでタッパ―加工。

CIMG2293

納品予定の友人宅には、すでにΔLOOP9が設置されています。
今回ΔLOOP9は、必要なくなくなりますので、お役御免となりLOOP部分を流用の予定です。

一旦、私のLOOP部分を付けてみて、全体を確認してみました。

CIMG2292

CIMG2291

特に問題なく、組み立てることができましたので、防水タッパ―の加工が完了となりました。 


次に、HFコンバーターの残作業です。
昨晩、リレーその他の部品を取り付けるところまではやっていましたので、本日は、ケース加工からスタートです。

ケースも、前回と同様タカチのTW5-2-7を使用しました。
前回同様、サンハヤトの高周波シールド用アルミ箔テープを貼り付けました。
CIMG2296

 
レターリングもほぼ同じです。

CIMG2295
CIMG2294
 
今回少し問題が発生しました。
今回のHFコンバーターのバージョンは、1.5で、タカチのTW5-2-7のケースのボスに合わせたネジ穴が用意されています。

このネジ穴を使うと、USBのコネクターが奥に引っ込んでしまい、電源が入らないのです。

HFコンバーターケース隙間


ネジ穴は、少し大きいのでなんとか電源が入るところで基板位置を調整して、解決です。
(後1mm程度USBコネクターがケース寄りにネジ留めできれば完璧なんですが。。。)

新ΔLOOP-Xで、久しぶりのKG-HFDL

今日は、HFコンバーターのケース加工をやりながら、久々にHFDLを見てみました。

CIMG2289
↓今回は、CADではなく普通に手書きです。
CIMG2290
ちなみに、ケースの穴はあけましたが、基板固定用のタップネジが手元に無かったので、明日ホームセンターで買いだしてきます。

サンプル版ですので、10分でプログラムが終了してしまいますが、・・・・汗

ダイレクトサンプリングですが、結構拾うことができるんですね~、今までHFコンバーターでしか試したことが無かったのですか、まずまずの結果です。

ちなみにアンテナは、今回製作のΔLOOP-X同調モードです。
 
kghfdl

新ΔLOOP-X総合テスト

会社友人用のΔLOOP-Xと昨日製作しました、TT@北海道さん製のHFコンバーターを使用して総合テストに入っています。

CIMG2286

当初、依頼されていた課題は、DMRが聴こえることでした。

本日は、RNZIをターゲットにテストをしています。

20時半過ぎより結構音になり始めましたので、まずは、概ね課題はクリアーとなりました。
これで一安心です。

 

ΔLOOP-Xの残作業

 1.室外BOXのはんだ面ケーブル整理
 2.コネクターのラベル(今後の保守用に貼ります。)
 3.室内BOXの同軸取り回し(もう少しすっきり配線して、断線(半田われでトラブルが出ないようにします。)
 4.室外BOXの防水用タッパの加工

HFコンバーターの残作業

 1.ESDとリレーの取り付け
 2. ケース加工
 3.ケースのシールド
 4.レターリング

以上となりました。

今週末は、最終形にして総合的にテストして次週あたりに、設置予定となりそうです。 

HFコンバーター(TT@北海道さん製)を製作しました。

昨晩、帰りが遅くなりましたが、HFコンバーターKITの動作確認までしてしまいました。
(本日は寝不足ぎみです。)

CIMG2284


前回、製作していますので特に迷いなく一発で動作確認できました。

ただ、途中チップコンデンサーを飛ばしてしまい、探索に30分程度かかってしまいました・・・汗

CIMG2285

今週末には、リレーを付け、ケースに入れ込み完成見込みです。

ちなみに、今回の物は会社の友人用です。

私のHFコンバーターと、聴き比べてみました。

new conv
 ↑こちらは、今回製作したコンバーターです。

old conv
↑以前から使用しているHFコンバーターです。


やはり、私のコンバーターは感度が悪くなっていました。
DBMが壊れてしまっているようですね。

また、TT@北海道さんにお願いして分けてもらうことにします。
 

 

HFコンバーターが帰ってきました。

ΔLOOP-Xの製作依頼人に貸し出していました、HFコンバーターが帰ってきました。

久しぶりのHFコンバーターでの受信です。

早速、新ΔLOOP-Xにつなぎこみ、9.9MHzあたりのFMが除去されるか試しました。

bandicam 2013-11-26 21-41-20-358
 ↑ダイレクトサンプリングです。
bandicam 2013-11-26 21-43-03-238
 ↑HFコンバーターです。

すっきり、綺麗になっています。さすがTT@北海道さんのコンバーターです。

ただ、なぜかHFコンバーターの方が信号が低めです。??

DBMが雷の影響で、駄目になったのでしょうか??

TT@[北海道さんから、新たに新バージョンのHFコンバーターが届いていますので、週末製作してみれば判明しそうです。

貸出以前からおかしかったのかもしれませんね~。そういえば、DRMの信号がやけに弱かったように思います。

今回は、ESD部品も依頼しましたので、対策される予定ですが・・・・・こちらは、今回のΔLOOP-Xの製作依頼人に、納品予定でした・・・?

私のHFコンバーターが壊れていたら、改めてTT@北海道さんに発注することにします。


Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ