pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

AFフィルター(MAX7400 LPF)の実験③

ケースのデザインができました。
今週末、穴開けしてみます。
IMG_20190523_193522

AFフィルター(MAX7400 LPF)の実験②

前回、5Vで動作させてモバイル化を考えていましたが、JA6IRKさんのフリスクサイズ小型メモリーキーヤーを製作して、このサイズに入れようと思い立ちどうせなら電池もCR-2032にしようと実験しています。

まずは今回使っているMAX7400シリーズで3V DIP仕様をマルツさんで手配しました。
1500円くらいとかなり高価です(;^_^A

Twitter_20190513_191407
それから、フィルターをバイパスする回路もいつもお世話になっているデジットさんで物色して購入してきました。(昔のビデオセレクター用のようです。)
15582616869795645234779937224030

これは流れすぎですね~。
モバイルの場合、バイパス回路が不必要な気もしますので取りやめ決定です。
IMG_20190513_195136
これなら、ボタン電池でも使えそうですね。
IMG_20190513_205456


と言うことでシンプルな回路で基板の設計へと進みましたが、ここでフリスクの場合ケース内容物の消費が結構大変だったことを思い出しケースはタカチさんのCS90にしようと思います。

基板の前に外観を考えてみます。
このケースは結構、高さの制約が厳しくて一週間ほどCAD上で悪戦苦闘した結果下記の様なデザインとなりました。
電源スイッチはイヤホンジャックを差込みと連動するようにしました。
bandicam 2019-05-19 19-39-18-500
ボタン電池は簡単に交換できます。
bandicam 2019-05-19 19-18-27-447

bandicam 2019-05-19 19-16-32-041

この図面をもとに基板CADに。
bandicam 2019-05-19 19-13-57-848
基板を発注しつつ、後はケースの文字入れと加工方法を考えます。

・・・・関ハムで頒布したいと思っています。
(部品セットに出来るかは??ですが、基板は頒布したいと思っています!。)

「第四回 関西自作の会」開催しました。(5/4)

昨晩、「関西自作の会」を開催しました。

今回はMakerFair京都と同じ日と言うことで、JA6VLEさん、JA6IRKさん、JE3GPMさんと現地で合流して午後からご一緒させていただきました。
また、別組でJP3SRSさんとも現地でお会いできました。

前回までと同様、なんとなく始まり情報交換やら、持ち込んだ製作物などを見せ合いながら4.5時間と
またまた、長時間となってしまいました。

IMG_20190504_173922

JE6LVEさんがずいぶん前に製作された作品だとか・・・
IMG_20190504_181356
マイクがカッコいいですね~

JP3SRSさんは、自作のインピーダンスメーター(電源の内部抵抗測定用)、や私はAFフィルターを持ち込んでいましたが、全員の方にお見せできず残念でした。

(※次回は持ち込み作品の紹介の時間を設けて見ましょうかと思います。
・・・飲み始めると忘れますので、どなたか突っ込んでくださいね(;^_^A)


途中、JA6IRKから「4CHメモリー付超小型キーヤーFRISK BOOSTERサイズ」の人柱の募集が有りましたので、私とJE3GPMさんが志願して製作させていただくこととなりました。

(私は本日製作済み)
IMG_20190505_082140

※今年の関ハムで頒布予定だそうですのでご興味がある方は
会場で探してみてください。

と言うことで、
次回は7月の関ハム前に開催しようということになりましたのでよろしくお願いします。

【参加メンバー】
   JA6IRK さん
   JE6LVE さん
   JP3SRS さん(初参加)   
   JR3BGT さん
   JE3GPM さん
   JJ3BTB さん(初参加)
   JR3UZE さん
   JJ3FBC さん(当日連絡があり参加していただきました。)

   私を含め9名でした。

AFフィルター(MAX7400 LPF)の実験

昨日部品の整理をしていて、μBITXで使ったMAX7400(8次、ローパス、エリプティック、スイッチトキャパシタフィルタ)ですが、予備を発見しましたので単体で動作するAFフィルターを作ろうと思い立ちました。

前回の回路は内部発振の周波数を変化させるため12Vを電圧して約700Hz~2.7KHzまでフィルターを可変できるようになっていましたが、今回は単体で移動などでも使用できるように少し回路を変更してみました。

変更点は
①MAX7400の内部発振をバリキャップを使って変化させるように変更しただけです。
 手持ちの部品で、1SV149(15pF~540pF)が有りましたのでこれを使用しています。
②電源は5Vにすることで移動などでは、スマホ用のモバイルバッテリーの仕様を想定しました。

Twitter_20190502_133347


μBITXにSWR計を増設しました。

久しぶりにUBIT-Xネタです。
先日KD8CECのサイトをチェックしてい見たところSWR計を内蔵させていましたので、早速試してみました。

今回センサー部はND6T OMが公開されているもので、よく見かけるブリッジ回路でした
手持ちのトロイダルコアと1N60、生基板を使っての簡単に製作しました。
生基板を貼り付け
IMG_20190414_122109

部品の配置
IMG_20190421_110441

次にFWをI2C Type Signal Meter(Arduino)のFWを
0.8へ更新
IMG_20190421_124327
次にA2とA3、GNDに接続する為コネクターを取り付けるため
のランドは出してありますが内側にこのままでは、コネクターを
半田付けができません。
仕方なくArduinoNANOを一旦外します(;^_^A
IMG_20190421_133000

はんだ吸い取りきで取り外し完了。
IMG_20190421_133445

無事に取付完了。
IMG_20190421_134726
センサーからの電圧を確認して進行波/反射波を確認。
IMG_20190421_122953

トロイダルコアの間に銅板を入れコネクターを付け。
(効果があるかは?ですがおまじないです(;^_^A)
IMG_20190427_185524

仮組して様子見。
IMG_20190427_185201
良い感じです。

IMG_20190427_190136
組付けて完成です。
Twitter_20190427_194550

Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ