pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

MachiKania製作していただきました。

頒布させていただきました「MachiKania Game Board」を製作された方から写真をお送りいただきましたので、ご紹介させていただきます。

「U様」の作品です。
IMG_3900

LiPoバッテリーのご経験が有るということで、バッテリー充電回路も部品実装されています。

IMG_3898


また、PS/2のキーボードを使用せずUSB→PS/2の変換コネクターでご使用になられているようです。
私も試しましたが、キーボードを認識してくれませんでしたが相性が合えば使えるんですね~。

現在、MachiKania type Zへ改造のため「PIC32MX170F256B」待ちだそうです。

U様
写真ありがとうございます。
綺麗に製作していただき、本当にうれしく思います。


製作していただいたSi4735ラジオご紹介 ②

ありがたいことに、続々?と完成レポートと共に完成写真がお送りいただいております。

Uさんの完成写真です。
acdc21さん

 立体構造で組立にご苦労されたようですが
完成まで頑張っていただきました。
おめでとうございます。

ご苦労されたところは、

 1.DSPモジュールとBNCの端子の干渉
   →ここは、私の設計のマズさですね。(;^_^A
 2.AVR書込み
   WINDOWS10+デジットさんのAVRWT3の場合はドライバーインストールで悩みますよね・・・!

U様、
 レポートと写真を送っていただきありがとうございました。
 昨晩も書きましたが、完成していただくと、私事のようにうれしく思います。
 また、お気付きの点がございましたら、ご連絡ください。

 

製作していただいたSi4735ラジオご紹介

先日増産したプリント基板頒布させて頂いたところですが、早々にezekiel1さんから完成しましたと連絡をいただきました。

製作した作品の画像を送っていただきましたので、ご紹介させていただきます。

ezekiel1さん
表示で255となっている部分ですが、fw書込み直後に表示します。
vol-を押しながらエンコーダーを回し、0~6へ変更していただくと
次回立ち上げでは正常に表示されるようになります。


立体的な組立となりますのでご苦労された様ですが、無事完成されました。
また、メールで製作レポート、ご感想をいただき、今後に役立てて行こうと思います。


こうして、完成していただき画像を送っていただくと、頒布者として本当にうれしいものですね。



ps
Si4735DSPチップを使った製作物も3作品目でしたが、次機種の構想を練り始めています。
次回は、セパレート型(据え置きタイプ??)となりそうです。(優柔不断なので途中変更も・・・・?)

Si4735ラジオにスピーカーを内蔵しました。

今回採用したAF-AMP(LM4880)は、小さい音ですがスピーカーを駆動してみます。
(すでにLeoさんは実践されています。)


アクリルパネルはスピーカーを考慮していませんが、無加工で何とかスピーカーを搭載できないかやってみました。

日本橋で、何とかなりそうなスピーカーを探してみたところ、サイズ的に何とかなりそうな物がありました。

デジットさんで、100円(いつもながら激安です!!
14710046352061696967409

サイズは、3.5mm × 16mm
1471004699572-1877775615

15mmのスペーサーを使っていますので、このままでは入らりません。

1mmのスペーサーも同時に買ってきました。
1471005202073223019631
ちょっと高いような・・・。

早速、取り付けてみます。
まずは、スピーカーを接続する為のコネクターを取り付けます。
CIMG3712
パターンは、用意しています。

次に、スペーサーの取付です。 
↓ こんな感じでスペーサーを入れます。 
CIMG3713


後は、スペーサーの間にスピーカーを挟み込み(ちょっと強引にです)
完成です。 
CIMG3716


完成。
CIMG3715


 もちろん、イヤホンを入れると、スピーカーの音は消えます。

実際に鳴らしてみると、部屋で聞く分には十分な音量でした。

これで、部屋ラジオとしてベッドサイドラジオとして活躍しそうです。 

PS
スピーカーを駆動すると、LED/LCDがチカチカしますので、2SA1015を2SA950 に交換してください。
 

Si4735プリント基板の頒布しました。

今回増産した、「Si4735DSP Radio FULL DIP Ver」 のプリント基板ですが、組み立て動作確認が取れましたので、早速予約いただいた方々へ送付いたしました。

今回は、紙の資料は添付していませんので、下記よりダウンロードしてください。

Si4735DSP Radio Full DIP Ver Parts LIST.pdf
Si4735DSP Radio FULL DIP Ver 【TIPS】.pdf
【回路図】Si4735DSP Radio FULL DIP Ver.pdf

また、FWはこちらです。


※MachiKania 他のプリント基板は若干残っていますので、引き続き頒布いたします。
 (アクリル・パネルご希望の場合は、製造個数が小数の場合割高となりますが
 お問合せいただければと思います。)




 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ