pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

保証認定がもらえそうです。

TSSさんへ保証認定の依頼をして明日でちょうど1か月目です。

特に焦りはしていませんが、手違いで届いていないなどのトラブルがあるといけませんので、本日電話で、問合わせしてみたところ、「今日明日中には保証認定出来ますよ。」とのこと。

先ほど詳細のメールが届きまして

内容は、
1 第一送信機「VX-1」の電波形式を変更した
  一括記号3VA対応の送信機ではなく、3VFに変更
2 第二(mcHF)と第三送信機(VN-4002)A1Aについて
  「A1A及びF1D電波に対しては、変調方式を入力しないで下さい
   電子申請システムLiteでの入力の際、A1A電波のみの送信機で変調方式欄
   に何も入力されていないとエラーメッセージが出ますが、無視して続行して
   大丈夫」
の2点を修正したファイルが添付されていました。

保証認定は、明日PDFでもらえるとのことで、早ければ明日総合通信局への手続できるようです。

明日は仕事で遅くなる予定ですので、申請手続きは木曜日以降になりそうです。

PS
先ほどまで、0.96インチOLEDを使ったアンテナアナライザーを試していました。
ちょっとだけその様子です。

IMG_20171010_220401
こちらはかなり省エネですが操作性は先のアナライザーに軍配が上がりますが、小型に作れることと電池駆動でもそこそこ使えそうですので、移動の時様に一台あってもよさそうですね。
こちらも、ボチボチケースも含め形にしたいと思います。でも、0.96は小さすぎかな・・・(;^_^A

アンテナアナライザーを使いアンテナ調整

朝一から、アンテナ仮設置です。

前回、今回屋根のテレビアンテナの上にマストを増設して逆Vを上げるつもりでしたので、恒久的に使えるようにと、ダイアモンド製「W-721」を購入してきました。

IMG_20171009_171417
以前に製作した短縮ダイポールもありますが
今回はトラブルフリーのメーカー製にしました。


屋根に上がろうと、2階のベランダからはしごをかけましたが、かなり危険。。。。。はしごに足をかけましたが、結局恐怖で登れずに早々に断念(;^_^A。

2時間ほど色々なパターンで仮設を試し、一番しっくり来たのが下記の写真のように、雨どいと、庭にポール(テレビマスト)を建てて、その間ほダイポールを設置することにしました。

IMG_20171009_155744

少し、距離が足りずエレメントが折れていますが、仕方ありません。

調整前に昨晩動くように修正した「アンテナアナライザー」で測定してみます。

IMG_20171009_135848

7MHzと21MHz辺りにディップ点がありますね~。


IMG_20171009_135937
バンドスキャンを使い7MHzを見てみると、6MHz辺りで同調している事が分かります。
数十年前はアナライザーなしで、バンドの一番下と一番上のSWRを図って、長いか短いか手探りでやっていましたが、これは素晴らしい。


IMG_20171009_140727
次に、21MHzのバンドスキャンです。こちらも、下の方で同調しています。

ここからエレメントをカット開始。
同調周波数を7MHzは、7.050MHz辺り
21MHzは、21.150辺り
に同調するまで少しずつ切っていきました。
IMG_20171009_150106
7.09でマッチング
僅かに切りすぎました。

1507542758823558965863
21Mはこんな感じです。


今回、アンテナアナライザーを使ってみて、バッテリーが途中に切れてしまいました。
急遽、スマホのモバイルバッテリーで充電しながら測定続行しましたが屋根の上だったら簡単にそうもいかなかったところです。今回は400mAHを搭載していましたが入り・切りをしながら2時間程度だったように思いますので、長時間の測定の場合はモバイルバッテリーが必須です。
※バッテリーマークの電圧はMCUコア電圧ですので、バッテリー電圧に変更する予定です。
(回路は搭載済みですのでスケッチ変更だけです)

今回、仮設のつもりでしたがシックリ設置できましたし、家人の了解ももらえましたので、しばらくこの状態で常設としました。

でも、やっぱりアンテナは屋根の上に、、、、1cmでも高く上げたいものです~。
安全に屋根に登る方法を考えていつかは大屋根に移設!!むりかな~(;^_^A

と、一日アンテナ工事にかかりましたが、免許申請はTSSさんからの保証認定もまだですし、まだしばらくかかりそうですが、ようやく開局に向けて準備が整いました。

そういえば、パドルもないしマイクも持っていませんでした。
そろそろ、パドルを探すことにします。
(アクリルをレーザーカットした自作良いかもですが、接点の部品が良くわからないし・・・。)

マイクはたぶん使わないので、しばらく買わない予定です。



アンテナアナライザーの製作⑬仮修正

昨日、修正した基板は発注していますが明日天候がよさそうですので、アンテナを仮設したいと思い使える状態に修正してみました。

DDSを外して、GNDのパターン他をカット
IMG_20171008_190822
新しい基板が届くまでの仮ですので、
空中配線でジャンパー。
IMG_20171008_202523

今日仕事帰りに日本橋マルツさんで
400mAHのLiPoバッテリーを購入してきました。
サイズもピッタリです。(これに合わせて基板を作ったので当然ですが・・・)
IMG_20171008_203101
50Ω(100Ωパラ)の負荷を付けて
SWRもだいたいOKそうです。
IMG_20171008_202657
ケースにも入れて、明日のアンテナ仮設に投入します。
15074648092321051093805

アンテナアナライザーの製作⑫ミス発見【10/7追記】

ようやくミスを発見できました。

全く予想していなかったDDSのフットプリント製作ミスでした。

bandicam 2017-10-03 12-43-46-055


原因がわかると、何てことありませんが絶対にセンサー部だと思い込んでいましたので、原因究明に異常な時間がかかってしまいました。
BBを使って仮接続
IMG_20171002_204352

それらしい画面になりました。
後は、オフセットで調整ですね。
IMG_20171002_210636
国慶節の時期ですので、再発注してもかなり遅れそうですので、手修正も含め検討したいと思います。

でも、今回ばかりはこの基板を使っての完成を諦めてしまいそうになりましたが、何とか原因が見つかり、ちょっとほっとしています。

PS
アンテナ工事もそろそろベストシーズンですので、流石に焦り始めました(;^_^A。

【10/7追記】
elecrowさんは、本日から操業するようなので先ほど修正基板を発注しておきました。
ちなみに、今日と明日は仕事の予定です・・・。

アンテナアナライザーの製作⑪回路チェック

昨日完成したと思いましたが、どうも動きがおかしいのでブレッドボードにもう一つ組みなおしながら回路のチェックをしてみました。

IMG_20170930_234512

回路の間違いを1か所発見しましたので、修正しましたがやはりSWRがおかしい。
もちろんスケッチでオフセット修正しても全くおかしな結果になってしまいます。

結局、ブレッドボードで試すと正常に動作します。

ん・・・・・・

ブレッドボードで上手くいかない経験は何度かしましたが、プリント基板にしてダメは経験なしですが、基板上の配線の取り回しがまずくて干渉してしまっているのでしょうかね~。
無駄だと思いながら、一旦すべての部品を外して新品PCBに交換しましたがもちろん結果は同じでした。

IMG_20171001_153516


今回は、全く原因がつかめずちょっとお手上げ状態です。

とにかく、バラックでは動きますので回路ミスのはずなんですが、見当たりません。

しばらく悩みそうです。


Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ