pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

mcHF製作【No.10】アンテナの製作。

さて、本日は夏休みの宿題にしていたアンテナの製作です。

製作と言っても、八木アンテナ、GPと言った誰が見ても「アンテナ!!」っと判るものは、地域的に上げられない土地柄ですのでNGです。(テレビのアンテナはOKですが、他はNGみたいです。)(ΔLOOPは庭側にひっそり上げているので今のところはクレームなしです)

と言うことで、35年ぶりにダイポールアンテナを作ってみようと思います。

まず、必要なバンドですが、今年の関ハムでJL1VNQさんから頒布してもらいましたVN-4002も実践投入しようと思いますので、7MHzは是非欲しいところです。

また、以前開局していたころ21MHzによく出ていましたので、7MHzと21MHzの2バンドにしてみようと思います。

7MHzのフルサイズもと敷地をフルに使えば張れそうですが、ちょっと目立ちそうですので、今回は短縮の2バンドダイポールに決めました。

まずは、10W程度の運用しかしないので、簡単なバラン(ソーターバラン)をFT-50#43にコイルを巻いただけの物を防水ケースに入れました。
こちらの記事の物を作りました。
IMG_20170814_074209
アンテナはこちらの記事を参考に私の環境に合わせて若干コイルの定数を変更して製作しました。
短縮コイルは、塩ビ管(外形22mm内径16mm)に巻きつけて製作
オリジナルは、10MHzにも対応できましたが今回は省略しました。
IMG_20170814_071553

今回は仮設して調整
(本設置は秋になってから屋根の上に上げたいと思っています。)
IMG_20170814_071210
7MHzは短縮で調整に手間取り、21MHzはフルサイズのため簡単と思っていましたが、結果は21MHzは、バンド内1.8~2程度がベストでした。

この状態で、7MHzの偶然CWバンド内SWR1.2~1.5に入っていましたので、今回はこれで終了として、次回本設置の時に21MHzをもう少し追い込みたいと思います。(7MHzも影響を受けるので再調整でしょうけど・・汗)

BCLで、アクティブアンテナばかり使っていましたが、ダイポールって地上高が無くても7、21MHz共に私の環境ではノイズが少なくて、驚くほど良く聞こえビックリしました。

もちろん、同調している付近だけですので、BCLアンテナとしての使用はできませんがパッシブアンテナは、新鮮でした。

夏休みも明日一日を残すのみとなりました。あっと言う間の5連休でしたが、残りの宿題は「mcHFのバンドプランに変更」となりました。

こちらは、昨晩から旧PCを引っ張り出してきてWIN7をインストールして Eclipseの環境設定の準備がようやく整いました。

後は公開されているソースからバンドプラン部分を変更すれば何とかなりそうです。

明日一日、mcHFのソフト変更となりそうです。

mcHF製作【No.9】送信部の製作。

関ハムが終わった後、mcHFを受信機として活用してきましたが、この夏休みを利用してトランシーバーとして動作するようにして再免許の申請をしたいと思っています。

 【夏休みの宿題】
   1.ソフト
     mcHFはイギリス製のためバンドプランを日本ように調整
     (5MHzの送信をできないようにソフト更新)
   2.送信部
     2-1.ファイナル部の製作
     2-2.スプリアス対策(ダイオード→リレー)
   3.ダイポールアンテナ7/21MHzを実験的に張ってみる


 先日(夏休み前)からIDEの構築をしていますが、現在make not findeで、ちょっと暗礁に
  乗り上げています。(win10 64bit home(170731) + Eclipse)

 本日は、ファイナル部の製作です。
 トランス数個とFETの半田だけでしたので一発で送信できました。
IMG_20170812_090602
FETは予備を含め4個準備しました。
IMG_20170812_090851
ダミーロードを付けて送信テストしてみましたが、
無調整でも出力がありました。
IMG_20170812_100718

この機種はソフトで出力の調整ができるんですね。
Loバンドは10W近く、Hiバンドは2-3Wでした。
IMG_20170812_124936
↑ LCDのパワー計とSWR計が無反応に気が付きましたが、
↓ ほどなく設定があることに気が付き無事反応するようになりました。
BlogPaint

先人の情報からスプリアス対策でダイオードをリレーに置き換える事が必要と言うことで、本日一緒に改造の予定でしたが、リレーが手元になかったことに今更気が付きました。

こちらは、リレー入手後に改めて実施したいと思います。
(本当にアンテナをつなぐのはちょっと先になりそうですので・・・)

後は、JAバンドプランにソフトを変更して保証認定まで何とかこの夏休み中に済ませたいと思います。

PS
本日は、これから高校時代の同窓会(ミニ)ですので、これから岸和田へ移動します。

Maker Faire Tokyo 2017にLCD GAMEを展示していただきました。

昨日と今日と東京BIG SIGHTで開催されました、Maker Faire Tokyo2017のケンケンさんのブースで、私が設計したプリント基板とアクリルエンクロージャーの作品を紹介(展示)していただきました。

image
昨年製作の左上のMachikania

左下のLCD GAME が私が設計したものになります。

ケンケンさん、昨年に引き続き紹介していただきましてありがとうございました。

来年は現場で見てみたいです・・・。



【No4】LCD GAME PCBの完成連絡をいただきました。

LCD GAME の完成の写真とメールをいただきましたのでご紹介します。
FK様の作品です。
写真に工夫されている点を差し込みいただいていますが、
素晴らしい力作です。
LCD GAME01

ネジはこちらの方が良いですね~
LCD GAME02

LCD GAME03

こうすると、すっきりしますね~。
LCD GAME04

皆さん、色々工夫していただいてオリジナル化してくれていて、
私自身も非常に勉強になり次期機種に応用して行きたいと思います。


ちなみに、この基板とアクリルエンクロージャーはまだ”在庫がありますので、ご希望があればこのブログの左の下の方にある「メッセージ」でご一報くださいませ。



VN-4002 キットの組み立て【追記:完成しました。】

先週の関ハム2017でJL1VNQさんに頒布していただいた、VN-4002キットを製作しました。

週末まで待ちきれずに、平日帰宅後は、コイルを巻いたりしながら、ようやくの週末を迎えましたが、土曜日は一日仕事でしたので、本日一日で完成を目指します。

IMG_20170719_213336

朝9時頃から作業をはじめ、午前中の進捗はコントロール部のくみたてまで。
IMG_20170723_113716

昼食後、コントロール部のテストに取り掛かり順調に動作しているようです。
IMG_20170723_115438

ちなみに、この時点でLoやBFOも確認。
IMG_20170723_135427

15時過ぎに作業を再開して夕食前まで作業を続けて
ようやくRF部もコイル以外は実装完了。
IMG_20170723_175125

夕食後、コイル類を載せて作業は終了。
15008120627841291861052

組み上げて送信テスト
mcHFの送信テスト用に製作しましたが・・・こちらで初動作です。
15008162264821026817770
自作のダミロードを通過型のPOWER計に接続。
1500815984945261515752
3W程度の出力を確認できました。

ただ、受信はノイズ音が無くどこかに製作ミスがありそうですが、
来週の楽しみにとっておくことにします。

今回、頒布していただいたキットですが、部品の組立順に梱包されている上に、マニュアルが製本されていることにも驚きましたし、何より、記載内容が写真も豊富で、トラブルシュートなどの本当に充実していて、私自身、迷いもなく簡単に製作することができました。

とはいえ、まだ完成していませんが、受信部のトラブル解消後は実践機として使っていきたいと思います。

 
【追記】
 先日、受信音が全くしませんでしたが、u8の電源端子の半田不良があり修正して正常に受信できました。
感度も申し分ありません。

これで、mcHFに加えて復活申請をしたいと思います。

Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ