pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

アッテネーターの製作

測定器にDSA-815が加わったことで、モチベーションが上がりラジオに簡単なコンバーターを付けてSSBを聞いてみたりしていてアッテネーターを使うことが増えました。

また、減衰の多い物が欲しくなりいつもの「3D無線クラブ」で紹介されていた「受信用減衰量70dB (50Ω) アッテネーター(減衰器)の作り方」を参考に製作してみる事にしました。

まず、材料から
IMG_20191027_073439
ケースはアルミダイカストにすべきでした(;^_^A

超薄の生基板をカットして内側に張り合わせましたが
思いの外面倒でした。
組立1


組立2

仮組して測定中。
組立3

結果は、20-30MHz辺りまではそれなりに使えそうですが
それ以上はやっぱり苦しいですね~。

以下測定結果です。

10MHz
ATT_70dB_10MHz

30MHz
ATT_70dB_30MHz

50MHz
ATT_70dB_50MHz
100MHz
ATT_70dB_100MHz
1GHz
ATT_70dB_1GHz






RIGOL DSA815TGが届きましたが・・その後

昨晩メールをしましたが帰ってきてしまいましたので本日電話を入れてみました。
要件を伝えると直ぐに技術担当の方に取り次いで貰え好印象なスタート。

技術の方から、「昨晩数回メールをもらっている方ですね」と話しが始まり、「丁度調べ始めたところなのでこの電話で一緒に原因を探しましょう」と心強い対応でした。
(メールは届いていたようでした。(;^_^A)

バージョンUPが気になると伝えたところ「元々のバージョンによってはハード的にこのような現象が出る」と言うことで、元々のバージョン情報を伝えバージョンアップが原因と特定されました。
↓ この情報です。
OLD Ver
結構初期のハードらしいです。

で、ハード的に一番最新をメールでいただきました。
repair_Ver 00.01.12

早速、動作チェック
問題なくバージョンダウンが成功して起動しました。
一安心です。
動作画面

このバージョンダウンで分解能が100Hzに戻ってしまいました(;^_^A
最新は10Hzです
bw_100Hz

まっ、安定して使える方が良いのでこのあたりは仕方ないですね~。
贅沢を言っている場合でもないですし・・・(;^_^A

と言う訳で今のところ順調に動作しています。

技術の方からは一旦バージョンを上げると戻らない部分が有る可能性があり
ダメの場合は5~10万の修理ひようがかかると言われていますので、
しばらくびくびくしながら使う事になりそうです。
(昨晩も寝るまで正常に使えていたのでまだ油断できないなぁ~)

沢山の方から励ましのツイートをいただきました。
ありがとうございました。

追記 10/17 19時
 昨日も帰宅後、数時間使いましたが全くエラーもなく使えていました。
 トラブルは解消されたようです。
 今週末にみっちり使ってみて以上が無ければ、RIGOL JAPANの技術担当者へ正常報告を
 したいと思います。
追記 11/5 
 やはり唐突に現象が再現しました。
 電源を入れてしばらくして、ピー、ピーとアラーム音と共に現象再現
 F/Wを入れなおしして復活しました。
 やはり聞いていたように一度FWをUPしてしまうとどこかにゴミが残ってしまい完全には戻り
 切らないようです。
 であれば、最新FWにしても現状維持のはずだと思えるので、今回は最新FWを入れています。

 症状がひどくなれば修理に出す他なさそうですがハードトラブルではないようですので、
 このまま使える予感です。(;^_^A

RIGOL DSA815TGが届きましたが(;^_^A。

前々から欲しいと思っていたスペアナですが、ヤフオクで見かけるたびに高価な値段ですので諦めていましたが、やっぱり欲しい~が止まらず、色々断捨離を決行してようやく購入しました。
もちろん中古(ヤフオク)です・・(;^_^A)

IMG_20191014_144510
早速バージョンの確認。
OLD Ver
ちょっと古めのようですので
最新のFWをインストール
NEW VER00.01.19.00.02
日本語表示もできるようになりました。
意外と英語の方が変わりやすいかもしれませんね~

しばらく触っていると、
Intermediate frequency signal out of range.」とピーッピーッとアラーム音
がして操作できなくなります??
故障品??
1_Error_message
説明書を調べてみると「Intermediate frequency signal out of range.(中間周波数の信号が範囲外です。)」とかかれていますが対処法は書かれていません。

色々適当にボタンを押しても消えずそのうち操作ができなくなり、最後にはOFF/ONで起動しなくなり焦りましたが、色々なボタンを押しているうちに起動してきましたがエラー音は消えずじまい。

こうなったら、設定を工場出荷時にリセットと思いやってみたら、普通に使えるようになりました。
(多分これは偶然みたいです(;^_^A。)

この現象が1時間くらいで2-3度続き、諦めてしばらく電源を切って放置。

夕飯後に再度スイッチを入れるとその後寝るまでの4時間近く全く安定しるようになっています。

たまたま、復帰しただけのような気もするし、RIGOL JAPANにメールを入れましたが届かず帰ってきてしまいますので、日中に電話で問い合わせをしたいと思います。

高価な買い物だけに中古はこんなのが有ると大変です(;^_^A。

どなたか、情報があれば教えてください~。

また、続報を記事にしたいと思います。

UV-5R スプリアス測定 No.4

前回、UV-5RのLPFの製作しnanoVNAではそれなり特性であることが分かりましたが免許申請の為にはどうしてもスペアナで実測が必要です。

前回はJE6LVEさんにお願いして測定していただきましたが今回はJA6IRKさんに依頼したところ快諾していただき本日測定していただきました。

JE6LVEもご近所と言うことで一緒にJA6IRKさん宅でスプリアス測定をしていただきました。

結果、144MHz 430MHz共に-60dBcはクリアーしていることが分かりました。
144MHz計測風景
IMG_20191013_141755
144MHzスプリアス測定
144MHz to 1GHz
430MHz測定風景
430MHz 計測風景
430MHzスプリアス測定
430MHz to3GHz スプリアス

と言うことで増設申請に入りたいと思います。

JA6IRKさん、JE6LVEさんご協力ありがとうございました!!。

Si4735ラジオを使って簡単な実験

以前からSi4735DSP RadioでSSBが聴きたいと考えていて、ぼんやりと・・昔「ラジオの製作」を見ながら作った中波ラジオで短波放送を聞く方法でできるかな・・・。と考えていたところ、JE6LVEさんが試行されている様子。

無理を言って、前回の「関西自作の会」に持ち込んでいただきそれを見て俄然やる気が出てきました。

自分でやるにしても一からはとても難しいですので他力を拝借して実験的にやってみました。

VFOユニットはヤフオクで見かけた基板を購入してソフトはJA2GQPさんのスケッチを導入。

ミキサーもヤフオクで見かけ随分前に買ってあった完成品を使用しました。
IMG_20191006_164541
ヤフオクで以前購入していたSA612ミキサーモジュール

今回は40mBが聴けるか試しました。

まずは、ミキサーのテストから。
LoにVFOのCH0(17MHz)を入れてIN側にはAPB-3のSG+ATT14dBを使って7MHzを入れ、OUTにスペアナを接続して様子を見ました。
Twitter_20191005_203918
結果は、もちろん個々に動作しますのでそれなりにMIXされた出力が出ていることが分かりました。

次に、入力に7Mのアンテナ、出力にSi4735ラジオをそれぞれ接続して試しましたが夜だった為QSOしている局が居ません。

仕方なく、翌朝(今朝)仕切り直し実験再開。

BFOは、以前LVEさんから入れなくて復調できる・と伺った記憶がありましたので、まずはBFOなしで試したところ、あっさり復調で来ました。BFO自体はVFOから出力されていますが接続しなくても配線が長いので飛び込んでいる様子で復調できているのではないかと思います。
(LVEさんとはお酒の席でしたので聞き間違いだった気がしています(;^_^Aスミマセン)

しばらくBFOなしの状態で試聴を続けていましたが、どうも復調できない事もありやっぱりBFO注入することにしました。

BFOはSI4735ラジオのアンテナ端子(ミキサーのOUTと同じ場所)そのまま突っ込むと全く聞こえなくなるので、ATTを入れてみたところ正常に復調できるようになりました。

IMG_20191006_150929
ラジオは10.7MHzを受信してBWを1KHzに設定すると
良い具合にSSBを聞くことができました。


それでも強い局を聞いている分にはもんだいなかったのですが、
弱い局が聞こえない様子です。

BFOの出力に付けたATTから直接ラジオに入ってしまうため感度が極端に
落ちる瞬間が有りましたので銀紙でATTを包みGND接続して安定しました。
IMG_20191006_164424


こんな簡易的な物ですが、それなりに聞くことが出来ました。
もう少し実験して良い結果であればコンバーターとして製作したいと思います。

Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ