pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

アマチュア無線局免許状の申請手続き・・他

mcHFもハード的にほぼ完成し、ソフト的にもJAバンドプランにFW書換も出来ましたので、ようやく開局申請に取り掛かっています。

調べてみると、平成13年に一度復活申請をしていることが判明。
すっかり忘れていましたが、144/430MHzのモービル機+ハンディー機を衝動買いして復活させたことを今更ながら思い出しました。(30以上QRTだったと思っていましたが・・・。)
(主に、釣りやスキーで連絡用が主な使用用途だったと思います。)

従事者免許も無事に発掘して、2級だったこともはっきりしました。

さて、いざ申請書を買いに行こうと思っていネットで事情を調べるうちに、電子申請すると非常に安価で開局申請できる事が分かり、もちろんこちらを選択することに。

でも、ここから、1か月以上色々下調べしてようやく今日電子申請の途中まで入力できました。
途中というのも、今回は技適外である「mcHF」と「VN-4002」の自作KITで開局する為に保証認定をTSSにしてもらうことになりますが、保証認定を受けるために総務局の電子申請のセーブデータを使うためのようです。(よく理解はしていません。)

とにかく、「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」に開局の登録をして、送信手前の「事前チェック」まで、本日はたどり着きました。

bandicam 2017-09-10 19-19-06-196

bandicam 2017-09-10 19-24-36-730
事前チェックでは問題ないようですので、
TSSの「保証願インターネット受付」へ登録しようと思います。

ちなみに、この保証認定インターネット受付は非常に込み合っていて時間がかかると評判のようですが、特に焦っていませんのでゆっくり待つことにします。

P S

アンテナアナライザーは現在ケース設計中です。
IMG_20170910_160131
ある程度配置は決まりましたので、そろそろ基板設計に入ります。
こちらも完成までボチボチやっていきます。

アンテナアナライザーの製作④

部品箱に、昇圧モジュールが有ることを思い出しましたので、今日も少しだけ実験しました。
IMG_20170904_193719

早速ブレッドボードに。
IMG_20170904_224717
モジュールなので非常にシンプルです。
IMG_20170904_224833
もちろん正常に動作することを確認しました。
(4.38Vとちょっと電圧が低いですが)

当たり前ですが、3.7VのLiPo直付けよりもバックライトは明るくなっていますね。

最後に電流を測定
IMG_20170904_224525_BURST002
200mAと結構盛大に流れますね~、
LiPoは300mA以上欲しいところです。
LiPoの容量でケース配置を考えて、今回も最終は基板化しようかと思います。

【追記】
今回のモジュールでは、負荷が重すぎるので電圧が低くなってしまいます。
もう少し追試していきます。



アンテナアナライザーの製作③

今日は朝から、やりたい事が沢山ありましたので早起きしてmcHFの保証申請のためにファームを若干の修正をしたところ、どう言う訳か起動しないトラブルにはまり、ブートローダーから書き直して復旧・・・。
その後、某OMからお借りしているノイズキャンセラーの実験をしていましたが、今日はの生活ノイズが少なくて実験にならないので、そうそうにやめました。
こちらは、改めて実験しようと思っています。

昼食前から、本題のアンテナアナライザーの残作業に入りましたが、まずは、ケース入れを検討する為に電源をどうするかです。
LiPoバッテリー、乾電池(006Pか単三4本)または、外に出してしまうが候補ですが、できりば持ち運びが便利なように小さいケースに収めたいので、LiPoを昇圧して使うとも思いましたが、そのままの3.7Vでも動作するか試しにやってみたところ、すんなり動作しました。

220mAHの電池で、1時間弱は動きましたので容量を増やせば行けそうです。
(バックライトはちょっと電圧不足ですがなんとか行けると判断しました。)

IMG_20170903_082456
電源はこれで行きます。

次に、SWRの値を調整する為スケッチの修正ですが、こちらも順調にダミーロードでSWR=1に調整。

IMG_20170903_151932

ついでに、タッチパネルの座標微調整と、JA6IRK OMには申し訳なく思いながら、コールサインの部分と、各色を自分用にカスタマイズさせていただきました。

IMG_20170903_165316

ここまでで終わるつもりで、少し別の野暮用をやっているときに「バッテリーの持ちがわるいので電圧表示を入れよう」と思いつきました。

JA6IRK OMも実装の予定で画面と回路にはしっかりと実装されていますが、スケッチは開発途中の状態でした。

今日のところは、あまり時間も取れないので簡単に数字の表示にとどめました。
(たぶんこのままになりそうです(;^_^A)
JA6IRK OMの設計で「A7」に分圧した電池電圧を読み取る仕掛けでしたが、どうも私のArduinoでは正確に読み取ることができませんでしたので、CPU電圧を測定するようにスケッチを書き加えて、本日の作業は終了しました。

IMG_20170903_202343
電圧は随時更新ではなく、画面の切り替わるタイミングしか
書き換わりません使用上問題にならないかと。





アンテナアナライザーの製作②

前回の実験で、うまく動作しませんでしたので、アマゾンのお急ぎ便でもう一つDDSを取り寄せていたものが、夕方届きましたので早速実験再開です。

前回の結果から、DDSは犯人ではなさそうでしたが、念のための注文でした。

BBに載せている方が今回取り寄せ品です。
こちらは、2100円(綺麗です)
前回の物は1300円(4R9薄汚れた感じで汚い!)ほどでした。
IMG_20170902_203749

DDSを変えても現象は変わらずで、負荷に50Ω(100Ωをパラ)を付けているのにSWRの最低値は9.9と異常値になります・・・?

プログラムを眺めようかと思いながら、なんとなくArduinoの「A6」と「A7」を入れ替えてみたところSWRは全域で「0.7」となりソレっぽく動作し始めました。

BlogPaint

IMG_20170902_203711
1より下になっていますが、スケッチのどこかで調整できるのではないかと・・・
未だにスケッチをしっかり見ていませんのでわからないです(;^_^A

本当に動作しているかを調べるため夏休みの宿題?で製作した7/21MHz用のDPを適当にたらして測定してみたところ、それらしい結果となりました。

IMG_20170902_173523

後は、スケッチを見て調整用のパラメーターを見つけてやればよいだけかな。

ケースにも入れて屋根の上で使える形まで、しばらくかかるかなと思います。

アンテナアナライザーの製作

Arduinoと中華DDSを使ってアンテナアナライザーですが、ようやく中華DDSが届きましたので、早速週末製作したブレッドボードに載せてダミーロード接続して試しました。


IMG_20170830_223730

ところが、SWRの値が異常値を示してしまいます。
どのバンドもMINが9.9となってしまいます。
IMG_20170830_212945

SDRで、発振を簡単にしてみましたが、125MHzの基本波も見えていますし、BANDスキャンしている様子も観測できますので、OPアンプの回りの回路の組間違いでしょうか??

今日は時間がありませんのでここまでとして続きはこの週末に時間を取って原因追及してみたいと思います。
念のために、アマゾンで、中華DDSをお急ぎ便で明日届くように手配もしておきました。(汗
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ