pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

ΔLOOP-Xの動画(非同調と同調の切替の動画です。)

今回は、私のメインアンテナΔLOOP-Xの動画記事です。

今まで受信記録のカテゴリーで、ΔLOOP-X「非同調」「同調」モードと良く出てきますが、どんなものか動画で見てもらうのが、理解してもらえると思い動画をUPしました。

14時ごろの25mbですので、コンディションはイマイチですが、両モードの変化が良くわかっていただけると思います。

チューナーは、いつものTV28Tv2DVB-T(R820T) + HFコンバーター(TT@北海道さん製) 

ダイレクトサンプリングで、アラスカKNLS良好に受信できました。

今日は、中波が全くダメですのでダイレクトサンプリングで、短波を聴いています。
KNLShttp://www.knls.org/knlshomepage.htmlが、良好に受信できましたので記事にしました。

 設定:SDR# RTL-AGC ON
 日時:2013/04/06 20:20
 RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
 ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP ON 

7355kHzKNLS 2106
 
※この放送局は、私好みの楽曲が沢山かかるので、お気に入りの放送局です。

短波で聴くと同じ楽曲でも、FM、CDで聴くのとは違って聴こえるから不思議です。独特のフェージィングがいいのでしょうか?

HFコンバーター(TT@北海道さん製) 対 ダイレクトサンプリングNo.2(MW編)

最近、すっかり中波DXを楽しんでいますが本日はコンディションが全くダメです、いや、中途半端にいいのかもしれませんが、朝鮮半島および中国大陸ばかりで混信がひどく長時間聴くには耳が疲れてダメなので、中波DXは本日中止としました。

そんな中ではありますが中波帯で「HFコンバーター対ダイレクトサンプリング」を聴き比べしました。
(コンディションがダメなときに比べても・・と思いつつやってみました。(汗!)

 設定:SDR# RTL-AGC ON
 日時:2013/04/06 20:20
 RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
 ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP ON 

ダイレクトサンプリングは、PreAMPはOFFでは、地元の民放だけになってしまいますので、ON状態での画像です。
感度不足は、PreAMPを入れても厳しいですね~。ただ波形はシッカリ9KHzつづキャリアが見えている状況です。もう少しダイナミックレンジが取れていれば聴こえそうですが・・・・駄目ですね。
MW_ダイレクト

次に、
 設定:SDR# RTL-AGC ON
 日時:2013/04/06 20:20
 RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T) +HFコンバーター(TT@北海道さん製)
 ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP OFF
 
こちらは、感度も十分です。ちゃんと9KHzつづ波形が並びすべて音声も聴き取れます。
(ただし、同じ周波数の局の混信も伴います。)
MW_HFコンバーター

「ダイレクトサンプリング」よりも「HFコンバーター(TT@北海道さん製)」に軍配が上がりましたね。
当然のような結果ではありますが、少し違った結果を期待もありました。・・・が、・・・平凡な結果の記事となりました。(当然の結果ですいません。(汗!!!) 

TV28Tv2DVB-T(R820T)ドリフト対応でヒートシンク付けました。

この間から、国内中波(民放)を追いかけていますが、日中はさっぱりなので、気になっていたTV28Tv2DVB-T(R820T)周波数のドリフト対応にヒートシンクを付けてみました。

ゆうちゃんのパパさん(http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/)よりいただいた国産の水晶(28.8MHz)に交換し、100ppmずれていたものが、3ppm程度まで修正されましたがやはり発熱のために刻々と2~5ppmズレが出てきます、普段のBCLではあまり気にならないのですが、気分的にSDR#の波形を見たときに山の頂点の方が気持ち良いですよね。(気にしすぎです、はい(汗)

と言う訳でヒートシンクを2個付ました。
CIMG1486

高さも、ドンピシャ!!のヒートシンクを見つけてきました。@120円×2個
銅製で厚みもあり、なかなか良い感じです。

CIMG1487

CIMG1488


さて、放熱効果を高めて、いざドリフトのテストです。

KGさんのソフトKG-HFDLで、チェックしてみます。

【結果】
  結果は以下のようにまとめます。

 日時          4月6日 11:07~15:04(約4時間)
 室温    19度
 SDR           SDR#
   ソフト     KG-HFDL

 1.起動直後30分は、2ppmのドリフト(小刻みに変動)

 2.その後30分程度で、±1ppmドリフト

   3.3時間を過ぎた辺りから、安定
      ※この記事にまとめてい間もドリフト無く正常にデコードできています。15:20現在

 上記の結果となりました。
 今回は、ある程度の時間で安定するような結果となりました。
 皆さんの参考になりますかね~??

 ◎詳しくは、下の画像を見ていただきたいと思います。◎

【データ】

Frequency Correction -1ppmの設定で、-17.5173Hzです。
5Hz

約30分たってみるとやはり、
ドリフトしていました。-1ppm→1ppmに調整。
4Hz

約40分たちました。正常に受信できています。ドリフトも安定してきましたね~。
1Hz

もう少し、続けていくと、また少しズレました、1ppm→0ppm

1158_0ppm_-22Hz

1時間たちました。ちゃんとデコードできています。安定ですね~。

1207_0ppm_-21Hz

少し、間隔をあけて30分後です、1ppmに変更しました。
 
1237_0ppm_1ppm_-21Hz

2時間たちました。

1307_1ppm_-28Hz

 テスト開始から、2時間30分たちました。

1336_0ppm_-20Hz
 
3時間です。
 
1407_0ppm_+47Hz

3時間30分後です。
(Filter bandwodeが6500に広がっていました)
1437_0ppm_+13Hz
 
 4時間経過です。
(Filter bandwodeは元の3000に戻しました。)
1504_0ppm_+48Hz
 

RKCラジオ(高知放送)900KHz受信記録

本日2局目は、高知放送です。
実は昨日のリベンジで900KHzを聴いていましたら、高知放送でした。

でも、厳しいですが何とか確認できました。
北海道放送は、この時間帯は無理みたいです。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
日時:2013/04/05 20:59ごろ
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) 
900KHz RKCラジオ(高知放送)
 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ