pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

『出張で買えず!』aitendoオリジナルDSPラジオモジュール。結局・・・

先日、ご紹介しましたaitendoオリジナルDSPラジオモジュール を東京出張のついでに買おうと計画しておりましたが・・・・・・(涙) 仕事の時間調整できずでした。

仕事で行かせてもらっているので、仕方がないのですが心残りです。秋月も行きたかったのですが・・。

まっ、悔やんでも仕方がないので、WEBショップで本日、ポチッとしました。
それなら、もっと早くにWEBショップで買えばよかったと、またまた後悔しております・・・Hi。

さて、多分週末には間に合いそうにないので、次週に持ち越しになりそうです。

注文内容は、こんな感じです。

お届け先商品名販売価格数量小計送料
1ご注文者住所にお届けDSPラジオモジュール(18バンド)DSPラジオモジュール(18バンド) [M6959]950円1950円190円
AMバーアンテナAMバーアンテナ [BANT-095L60]390円1390円
極小D級アンプモジュール(3W)極小D級アンプモジュール(3W) [AMP8002-3W]350円1350円
小計1,690円190円
合計1,690円190円
総合計金額 : 1,880円 
バーアンテナは、先人のブログ記事を参考に、推奨品を選択。
スピーカーを鳴らすにはアンプが必要ですので、一番安ものを購入しました。
普段は、BOSEスピーカーを使用していますので、アンプ内蔵で必要ではありませんが一応単体のラジオとして音が鳴るように組もうと考えています。

バンド切り替えは、以前ご紹介しました、12接点のロータリーSWを採用とします。
ロータリーsw


ケースは、実物を見てから考えるつもりですが、以前ご紹介をしましたDSPモジュール(ポリバリコンタイプ)http://pup.doorblog.jp/archives/24463183.htmlのようなケースになるかは現在不明です。

ロータリーSWが大きいので、小さくできそうにありませんね~。
(コメントをいただいていました、ボリュームを使えば小さくできますが・・・・ )

まっ、実物を見て考えます。

また、製作途中→完成までのレポートはしていきますので、お楽しみにしていてください!!
 

PCJ Radio International テスト放送の受信記録です。『No.2』

前回5/19http://pup.doorblog.jp/archives/27178448.htmlの記事でPCJ Radio International テスト放送の受信記録を書きましたが、本日もテスト放送があるとの情報ですので、スタンバイしていました。

前回も強力に受信できましたので、今回はダイレクトサンプリングでの受信記録です。
(前回にも増して、強力です。)

前回同様、PCJ Radio International テスト放送を放送開始直前から、IDまでの一部始終を動画で記録できました。

詳細: http://www.pcjmedia.com/

受信時間 : 2013.05.26 21:59-22:04 (JST) (放送予定時間:5/19 1300〜1400UTC)
周波数   : 11,750KHz
受信地   : 大阪
アンテナ  : ΔLOOP-X
受信機   : LT-DT309ダイレクトサンプリング 


765KHz山梨放送(YBS)の受信記録です。

今日は、19時すぎから山梨放送を狙い先ほどまで粘っていました。

最初は、キャリアは見えているものの全く音になりませんでした。

しばらくモニターしながら待つこと1時間!やっと、少しずつ音になってきました。

20:30を過ぎるころには、楽曲の判別がつきだし次第に強くなり、21時前にやっと番組内容をつかめるほどになってきました。

今日は、山口放送の懇親もほとんど気にならないレベルで、非常に良い状態です。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 19.7dB
日時:2013/05/26 20:58-21:01
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON 


http://youtu.be/i8mVhSOE9Q4

936KHz宮崎放送(MRT)の受信記録です。

今日は、18時ごろから宮崎放送を狙っていました。

と言うのも、白浜出張で結構強力に入感していましたので、自宅でも聴けるばずと思い秋田放送の混信のないタイミングを待っていたところ、何とかきこえてきました。

途中KTWRの試験放送に浮気をしたものの、ねばった甲斐がありました。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 19.7dB
日時:2013/05/25 22:58-23:00
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON 



うわさのKTWR(DRM)TEST放送受信できました。

KTWR DRMの試験放送を受信できました。(終わる直前ですが・・・・大汗!)

なおたまさんからのコメントをいただいていたので、何となくチューニングしてみると、今日もやっていたんですね。テスト放送は、昨日と一昨日だけだと思っていました。
すごく、得した気分です。

 なおたまさん、情報ありがとうございました。

聞き始めたのが、20:45過ぎからでした。
録音は、放送終了前の「IS」だけです。(IDには、間に合わずでした。(汗))

設定:HDSDR RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
日時:2013/05/25 21:45-22:00
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON 
ソフト:Dream 1.17

と普通のセッティングで、チューニングすると、ほぼフルスケールです。
Dreamを起動すると、SNR18dB以上で完全な音になっています。

なおたまさん情報のように、ダイレクトサンプリングで試したところ、こちらでもしっかり音になっていました。

驚きの強さです。

ただ、画面を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、放送を中心に20~30KHzに広がっている様子です。

強く入感しているのは良いのですが、もう少し送信側で調整が必要かもしれませんね。
(アマチュア無線だと、叱られそうな電波ですね)

KTWR TEST

    KTWR.mp3
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ