pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

aitendoDSPラジオモジュールの全バンドの受信テストをしました。

夜になり、短波を含めて全バンドの受信を、ざ~とスキャンしてみました。

今回の受信テストの前に、アンテナ(ロングワイヤー5m)とアンプ+スピーカーをつけてみました。
これで、実践の実力でテストできると思います。

FM
  チューニング簡単で、DSP独特の突然受信できます。
  感度は、結構良いですね~、アンテナは10~20CM程度でも地元局は受信できます。
  音は、アンプとスピーカーによる部分が大きいと思いますが、まっ、いたって普通です。
  (価格を考えると、すごく良いと評価できます。)

MW
  感度と、普通のラジオと変わらずです。 
  パーアンテナだけでも、十分聴こえています。(室内ではDE1103よりよい感じです。)
SW
  昼の間はテストしていませんが、この時間ですとかなりの放送を聞くことができます。
  込み合っている31、25mbも混信することなく、聴こえます。

  特筆すべきは、バリコン型DSPモジュールの時は、フェージィングがあると、「突然聴こえ出して、大音量」
  になり、また「突然聴こえなくなる」みたいなことが多く、AGCが「1」か「0」的な動作でしたが、今回のモジュ
  ールは、自然なフェージィングです。

  また、チューニング動作もダイヤル操作にリニアです。
  (パリバリコン型DSPモジュールは、一旦行きすぎて元に戻っても同調しませんでした。)

  最後に、先人のページを読ませていただくと、短波は受信できない、感度不足・・・とありましたので、高周波
  増幅を1段入れる予定でしたが、私の環境の場合は、なくても大丈夫のようです。

一応参考に、受信風景を録画しましたので、興味のある方は見てください。

【拡張成功!】DSPラジオモジュール(18バンド)[M6959]のBAND拡張実験②

引き続き、BAND拡張の実験をしていました。

 ①FMの拡張
 ②MWの受信範囲(推定)
   なおたまさんよりリクエストを頂きましたので、検証しました。

の2点について、わかりました。
(測定器で、しっかり確認したわけではなく、あくまでも検証→推測ですので、参考程度です。)


【①FMの拡張】

  AKC6959SXの説明書を見ていると、FM3 87MHz~108MHz の設定があり、これを試しました。

AKC6959SX仕様書 21Pより抜粋
BANDの拡張実験②BAND表
  このlev_18に設定するには、「BAND」(band-am)とVbatを接続するだけみたいです。

AKC6959SX仕様書 19Pより抜粋
BANDの拡張実験②Lev_18

  早速実験開始です。

  周波数確認用に、DE1103と、100MHzの受信確認のために、HFアップコンバーターのOSC100MHzの発信
  を受信し、周波数の拡張を確認していきます。

BANDの拡張実験②

  接続変更のピン(BAND)BAND-AMを確認します。

BANDの拡張実験②_BANDケーブル

  では、実験開始です。

 


  成功ですね~、しっかり100MHzが確認できました。

【MWの受信範囲(推定)】

   中波の受信範囲をどのように測定するか、少し考えてみます。

  AKC6959は、電圧差を利用してチューニングしていますので、周波数と電圧の関係がつかめればある程度
  推測できるのではないかと考えました。

  検証方法としては、地元の中波局を受信して、その時の「TUNE」ピンの電圧を測定すれば、周波数の範囲
  は、およそ判明思想です。

  測定してた結果をプロットして見ました。

DSPラジオモジュール(中波帯域)

  おおよそですが、520KHz~1620KHzが受信範囲ではないでしょうか。

  以上のような結果になりました。 

最後に、AITENDOさん説明書にある図の「SW-LED」と「FM-LED」の説明は逆ですね。

(私の物だけでしょうか??)
DSPラジオモジュール


 

DSPラジオモジュール(18バンド)[M6959]のBAND拡張実験①

DSPラジオモジュールに搭載されているAKC6959の説明書を探していますが、後継?のAKC6959SXしか見つけることができません。
このAKC6959SXの説明書を見るとBANDの方式が3つあるように見えます。
http://www.disipur.com/down/html/?2.html

方式1が、AITENDOさんのモジュールとほぼ同等、方式2、3で、LM拡張・FM拡張ができそうです。

そこで、LMバンドの拡張実験をしてみました。

まず、AITENDOさんモジュール説明書では、BAND-FMはGNDに落ちていますが、それを外すとAKC6959SXでは「方式2」となりFMが受信できなくなるばずです。

白色のケーブルが、BAND-FMです。
BlogPaint

結果ですが、動画を確認していただくとわかりますが、変化なしでした。
失敗です。

AKC6959SXとAKC6959は、BAND設定が違うのでしょうか??

aitendo DSPラジオモジュール(18バンド)[M6959]の動作確認をしました。

前回お知らせしました、ACK6959の仕様書ですが、どうも最後に「SX」がついていて、少し違うのかと思っていましたが、よくよく見るとピンアサインがちがいますね~。

本日、ピンアサインを確認していましたがなんとなく組み立て始めました。

まっ、外付けの部品が数点だけなので、すぐに完成!

CIMG1585


早速、小型スピーカーと20CM位のアンテナ線をつけて視聴してみました。
まず感度ですが、FMはかなり高感度ですね~、短いアンテナでも地元の放送は普通に受信できます。
また、チューニングも適当にボリュームを回しても、普通にチューニングできますよ。
(パリバリコン型のDSPラジオモジュールは、チューニングがシビアで苦労しましたので、余計に感動です。!!)

中波も、地元局は普通の市販ラジオと変わらずってところです。

短波は、さすがに短いアンテナ線では無理でした。
仕方なく、ベランダに持ち出してみると中国あたりの放送は結構沢山聞こえてきました。

そうそう、電源をOFF→ONしても、元の周波数を受信しているようです。
ここも、前回のパリバリコン型のDSPラジオモジュールとは、違って良い感じです。

FMの受信を動画で置いておきますので、良かったら見てください。
まだ色々試してみたいことがありますので、しばらくバラック状態かな~。

ケースに入れるのはいつのことやら・・・・。 

KTWRから【訂正】QSL→ベリカードが届きました。~久しぶりで感動です!~。

今日帰宅すると、ポストに海外からの手紙が届いていました。

すっかり忘れていましたが、5月25日にKTWR DRMのテスト放送を記事にしましたが、その時に、受信報告の返信でした。(その時の記事:うわさのKTWR(DRM)TEST放送受信できました。)

何十年ぶりかの、ぺリカードです。
すごく新鮮な感じです。

しかも今回は、インターネットで入力するだけの簡単なものでしたが、中身は、ぺリカード(QSL)とプログラム・・・と中身は、普通に昔々の返信内容と同じものでした。

しかも、カードの裏書はきちんと手書きなんですね~。いまどきのPC印刷ではないことにも更に驚きました!!。


CIMG1577

CIMG1578


Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ