pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

福井放送(FBC)864KHzで野球中継聴いてます。

今日の午前中製作していました、LPFを入れてバンド内をウォッチしています。

効果のほどは、はっきりしませんね~。

まっ、あまり悩まず今晩も中波ウォッチです。

いつもの、ΔLOOP-Xからロングワイヤーに切り替えたタイミングで、オリックス×ソフトバンク(京セラD)の中継か゜浮かび上がってきましたので、聴き入っていました。

CMを聴いていると、福井県のCMでしたので福井放送のプログラムを早速調べたところビンゴ!!でした。

福井放送は、比較的近距離ですがすぐ近くの周波数で、NHK第二大阪(828KHz)がありΔLOOP-Xでは感度が高すぎて、抑圧を受けてしまい聴こえなかったみたいです。

たまたま、ロングワイヤーにスイッチしていたので気づいた感じです。
十分に、中継を楽しめています。

ためしに、ΔLOOP-Xに切り替えると、やっぱり「ほぼ駄目」でした。

と言うわけで、受信記録です。 


設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 19.7dB
日時:2013/04/20 20:00~20:35
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ロングワイヤー
864KHz福井放送(FBC
 

2MHzLPFの製作

最近は、中波の国内ばかり聴いているように思います。短波とは違った面白さがあります。
なんといっても、日本国内なので番組も地元のローカルな話題も多く、DXも楽しいですがプログラムを楽しむ事も多いです。

今日は朝から中波用のローパスフィルターを製作していました。

いつもお世話になっている、3D無線クラブさんの公開されていました「2MHzローパスフィルター」の記事を元に製作です。http://ddd.eek.jp/ddd/71-2mhz-lpf/index.htm

記事によると50MHz以上にも効果があると言う事なので、製作してみました。

今晩より使用する予定です。

さて、早速製作します。

まずは部品から
 
ケースは、いつもの共立さんで購入した50円のプラスチックケース・・・・アルミケースが良いとわかっていても、つい加工が楽にプラケースにしてしまいます。

CIMG1514

トロイダルコアーFT23-61 、セラミックコンデンサー ジャックなどです。

セラミックコンデンサーは、こんなにも使用しませんが10個単位で買うと50円ですのでいつもこれを買ってしまいます。

コンデンサーは、2000PFと4000PFが必要でしたが、ぴったりも物がなく2000PFは、1000Pパラ接続、4000PFは、3900Pと100Pのパラ接続で使用します。・・・・今気がつきましたが、100PFのつもりが10PFを買ってきてしまいました。・・・(大汗!)
100PFは手持ちにないので、一旦このまま製作する事にします。

まず、トロイダルコアーにUEW線を15回巻いていきます。4個巻き終わりました。
CIMG1515
次に、ユニバーサル基板をケース、部品を見ながら適当な大きさにカットし、半田していきます。
最後に、ケースに穴を開け、組み込み、完成です。
CIMG1517

楽しい工作でした。
 

1332KHz東海ラジオ放送の受信記録。NHK第一(666KHz×2のイメージ)も!!

先ほどの「かぶり」の原因の放送局は、NHK第一(666KHz)のオバケでしたが、本来この周波数(1332KHz)は東海ラジオのはず・・・と言う事で、アンテナを同調モードから、非同調モードに切替てMW-TRAPをONにしてみると、なんと!先ほどまでNHK第一の強力なオバケだったのが、クリアーに「東海ラジオ放送」が聴こえてきました。

ほんとっ、驚きです!!。

ちなみに同調モードに戻すと相変わらずNHKのオバケです。

とにかく、いつものレポートです。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 8.7dB
日時:2013/04/19 22:28(画像)~23:15(録音)
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(非同調モード)   PreAMP OFF 

1332KHz東海ラジオ放送

録音時間:23:15


同調モードにすると、下のようなスペクトルになります。
NHK第一のイメージ(666KHzのものだと思います。)
1332KHzNHKオバケ
 

下に、途中切替た録音を置いておきます。

最初の10秒が非同調モードで、東海ラジオが聞こえます。
その後が、同調モードに切り替えています、するとNHK第一(イメージ)が強力に聴こえてきます。
一度聴いてみてください。
 

1350KHz中国放送(RCC)の受信記録です。

今日は、SDR#新しいバージョン(V1.0.0.1132)を使用して、1350KHz中国放送を狙ってい30分程度粘りました。
※新バージョンで、変わったところは今のところ感じません・・・。

当初は隣(下)のかぶりで、全く聴こえませんでしたがRF Gainを8.7dBまで絞りこむと何とか聴こえるようになってきました。
そんな調整をやっていると、コンディションの変化したようで21:40過ぎから非常に了解度が上がり22:00過ぎても、良好に受信できています。(22:19現在も普通に聴けています。)


設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 8.7dB
日時:2013/04/19 21:58(録音)
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード)   PreAMP ON 

1350KHz中国放送(RCC)
  ※1分28秒くらいで、IDが出ます。

sdr#(sharp)のバージョンアップしました。簡単なUP方法もご紹介。

昨日は、SDR RadioV2.0のバージョンUPをしましたが、SDR#もバージンが上がっていましたのでバージョンUPしてみようと思います。

SDR RadioV2.0もそうですが、結構あちこち設定を触っていますので、できれば設定は変わらずにバージョンUPできないか検索していたところ、ありました。

JA5FNX OMが、公開されていました。
http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=612

実は、SDR#の超簡単インストールも公開されていましたので、SDR#のインストール時にお世話に既にお世話になっていましたので、今回初ではありませんでした。毎度毎度、お世話になりっぱなしです。(汗)
超簡単インストール:http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=614

早速、JA5FNX OMが公開されていましたBATファイルで、簡単にバージョンUP完了しました。
 今晩から、使用していきたいと思います。

見た目は、全く同じように見えますが・・・・・まっ、今晩のお楽しみとします。

旧バージョンV1.0.0.1128
1128
 新バージョン V1.0.0.1132
1132
 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ