pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

【訂正】「祝!北海道受信成功!!」STVラジオ1440KHz受信記録

※【お詫びと訂正】
タイトルから、送信所:室蘭をはずしました。同じ周波数で札幌局 室蘭局 
苫小牧局があるようです。限定できないですので、タイトルからはずさせていただきます。(すいませんです。大汗!)

やっと、「祝!北海道受信成功!!!」です!!
毎日、北海道を狙っといて何とか受信する事が出来ました。
非常に強力に受信できました。

1300KHz~以上は、NHK第一(666KHz)のイメージが多くRF Gaineを少し下げて受信しています。(感度不足を補うためΔLOOP-XのPreAMP ONで、受信できています。)

RF Gaineを30dB以上にするとすっかりNHK第一が強くなります。

以前にも書きましたが、NHK大阪の送信所から近距離のため盛大にイメージ(オバケ)が出る事があります。これもコンディションで出たり出なかったりはあるように感じます。ちなみに、今日この時間は、盛大に出ています。

普段ラジオ大阪(1314KHz)は地元局で、すごく強力なのですが本日は、RF GaineをあげていくとNHKに変わっていきます。

こうなると、DXどころではないと思うのですが、初めて北海道が受信できました。
コンディションが非常に良いのでそうなるのかと、思っていますが・・・・さてどうなんでしょう??

今も良好に受信できています。(23:34現在)

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 15.5~28dB (都度、微調整)
日時:2013/04/08 22:59
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON    

1440KHzSTBラジオ
 

ABS秋田放送936KHz受信記録

昨日までの風のすっかり収まりましたので、本日は2日ぶりに2F軒下から屋根の高さまでΔLOOP-Xを上げての受信となりました。

中波の下のほう(500KHz台)の放送を狙っていましたが、全くダメです。障害物も無いところまでアンテナを上げたのに・・・と思いながら徐々に上げていくと、やっと、秋田放送が受信できました。
(今日の釣果はゼロかと心配しましたよ(汗!!!)

ただ、今この記事を書きながら受信していますが、朝鮮半島の混信で厳しくなっています。
瞬間的に良く聴こえるタイミングの録音をUPします。

・・・今は、全くダメになりました。(22:12現在)
ぎりぎりのタイミングだったようです。ふ~ぅ、良かったです。

では、本日の結果です。

設定は、いつもと変わりません。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
日時:2013/04/08 21:50
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード)   

ABS秋田放送936KHz
 

四国放送1269KHz受信記録

本日、2局目です。

四国放送の受信記録です。
(四国地方は高知放送に次いで、2局目です。)
 http://livedoor.blogcms.jp/blog/jg3pup/article/edit?id=25358368

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
日時:2013/04/07 21:59
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード)  

この放送は、ほぼ混信も無く安定して聴こえています。(記事を書きながら聴いています。22:15現在)

波形は、フェージィングのように点線模様になっていますが、実際は気になりません。

1269KHz四国放送
 

KRY山口放送765KHz受信記録

今日は、19時過ぎからコンディションが上がり始めましたので、900KHzの北海道放送、738KHz琉球放送を狙っていましたが、本日も混信でダメでした。

その後、見つけたのが山口放送です。

ほぼ聴き取れる状態で、2~5分間隔のフェージィングを伴う状態でした。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 33.8dB
日時:2013/04/07 20:36
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON

今日は、強風のためアンテナは2Fベランダの軒先まで下げているため、PreAMP ONです。

765kHz_KRY山口放送
 

接触不良

最近、HFコンバーターで受信していると極端に弱くなったり、直ったりと不安定な事が気になっていました。

どこかの接触不良のようですが、アンテナ周りをごそごそすると正常に戻っていたのでそのままにしていましたが、今日は、全く戻らないので仕方なく調査を開始しました。

まずは、タッピングで接触不良箇所をある程度探る事にしました。

コンコンと、タッピングする事数箇所・・・変化点が見つかりました。

HFコンバーター のRX側のコネクター部分です。
この箇所は、SMCメス→MCXオス-SMAオス変換コネクタ →MCXメス(TV28Tv2DVB-T(R820T))ですので、どこか切り分けが必要です。

テスターを使い、チェックすると確かに、芯線の抵抗が大きいです。
CIMG1493

        TV28Tv2DVB-T(R820T)の芯線の導通チェック OK
        TV28Tv2DVB-T(R820T)と変換コネクタを接続しチェック OK
   と言う事は、HFコンバーターのSMAメスコネクターの接触が悪いと判明しました。

コネクターの半田を確認すると確かに芯線の半田が浮いていました。
原因は、
  1.もともと半田の流す量が不足していた事
      2.ケースのサイズが大きいため芯線の半田できる面積が少なくなってしまった事
 この2点だと思います。  最近半田不良が多いです。反省です(汗!!) 

今回は半田を多めに流しました。 
CIMG1496

抵抗値も正常となり、無事に受信できるようになりました。
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ