pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

HFコンバーター+ロングワイヤー(TV28Tv2DVB-T(R820T))No.2

前回も受信記録をお届けしましたが、今回はRTL AGC ON設定にしたところ全く違った結果となりました。

ロングワイヤーですと「ノイズフロアーが上がってしまい」「ΔLOOP-Xではまずまず正常に受信」違いがはっきり出てしまう結果となりました。

一番下に、録音を置いていますので、確認してもらえば違いがはっきりと判ると思います。

そこで、RTL AGC ONの設定のまま、RF Gainを28dBから19.7dBに下げてやると、いい感じに受信できるようになりました。

アクティブアンテナであるΔLOOP-X非同調モードであれば、こんな事があるのは、わかる気がしますが、・・・・ロングワイヤーで、こんな事もあるんですね?!。

ロングワイヤーを使用の場合、RTL AGC ON設定で飽和気味になってしまうみたいです。
RF Gainの調整を適度にしていく必要がありそうですね。
でも、これは多分ΔLOOPなどのアクティブアンテナを使っていても、RF Gainは適度に調整が必要なんだということでしょうね~。(当たり前の気もしてきました。(汗)

とにかく見てください。

受信日時:2013/03/29 23:30頃
ドングルは
  ・TV28Tv2DVB-T(R820T)
SDR#の設定は、 
  ・RTL AGC ON
  ・Tuner AGC OFF
  ・RF Gaine 28dB
アンテナ(設置環境)は
  ・ΔLOOP-X(7mH)非同調モード ※同調モードは、参考です
     屋根と同じ高さです(屋根が障害物となります) 
  ・20mロングワイヤー(6mH)
     回りに障害物はほぼ無し


まずはロングワイヤーです。
荒れた波形が判ると思います。
ロングワイヤー
 
次に、ΔLOOP-X非同調
こちらは、非常に波形が綺麗です。 
ΔLOOPX非同調
 次に、ΔLOOP-X同調
ΔLOOPX同調

参考に、受信して録音もUPします。
最初の10秒が、ΔLOOP-X非同調モードで、残り10秒がロングワイヤーです。
 

ガルバニック・アイソレータのご紹介

PCノイズ、アンテナ-SDR間電位差によるノイズ低減のため、ガルバニック・アイソレータを使っていますので、ご紹介します。

シエスタさんが、製作方法の公開をされていますので、簡単に製作できました。
効果は、私の環境では「結構効果あり!」です。

みなさんも一度お試しあれ。

http://dl.dropbox.com/u/12339080/radiosiesta's_file/%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E3%81%A8%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9%EF%BC%88%E6%9A%AB%E5%AE%9A%E7%89%88%EF%BC%89.pdf 

【5/10追記】
 
ゆうちゃんのパパさんから、「新型がリリースされている」との情報をいただきました。
 (情報ありがとうございました。)
 https://dl.dropboxusercontent.com/u/12339080/radiosiesta%27s_file/%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E8%A3%BD%E4%BD%9C%E3%81%A8%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9.pdf
CIMG1464
中身はこんな感じです。
CIMG1463
上:LPF 右下:ガルバニックアイソレータ 左下:LT-DT309改
CIMG1465


さて、効果の画像です。
RTL-SDR LT-DT309ダイレクトサンプリングで、放送の無い帯域を選びました。

まずは、アイソレータなしです。
non


 次に、ガルバニックアイソレータ挿入です。
ノイズフロアーが落ち着いた感じですね~。効果ありです。
アイソレータ

ダイレクトサンプリングで、長波(JJY40KHz・60KHz)受信成功!!

前回HFコンバーターで、JJYの受信に成功しましたが、そのときにダイレクトサンプリングも試すべきだったと後になって後悔していましたので、本日再挑戦です。

今回は、LPFを入れると感度が低下してしまい、信号が弱すぎて音になりにくかったので、はずしての結果が下の画面です。
 ※ロングワイヤーでは、受信出来ませんでした。

設定:SDR# RTL-AGC ON
日時:2013/03/28 23:05ごろ
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:ΔLOOP-X(非同調モード) Pre-AMP OFF

まずは、40KHzです。弱いながら、シッカリと音になっています。
WAVファイル: https://sites.google.com/site/jg3pup/fairu/SDRSharp_20130328_140441Z_39kHz_AF.wav 
JJY40KHz201303282304

こちらは、60KHzです。
シッカリとした音です。 
 WAVファイル: https://sites.google.com/site/jg3pup/fairu/SDRSharp_20130328_140722Z_59kHz_AF.wav
JJY60KHz201303282308


HFコンバーターの改造計画 その2

今日は、昨日ご紹介しました「高周波シールド用シール」の型紙の製作をしていました。
CADでやればよかったのですが、方眼紙があったので手書きで、スタート。。。。しましたが、肩こりとの闘いとなってしまいました。

こんな感じです。

CIMG1462

現物と、ケースの図面を合わせながら、線を引いていますが、今更ながらCADでやるべきでした。

 実際にシールカットは、週末以降までお預けになると思います。

RTL-SDRダイレクトサンプリング受信記録 No.6

久しぶりに、ダイレクトサンプリングの受信記録です。

本日は、昨日に引き続きロングワイヤーでも受信してみました。
60mbではノイズフロアーが高く少し厳しい感じとなりました。

設定:SDR# RTL-AGC ON
日時:2013/03/27 20:20ごろ
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP ON 
良好に受信できています。
信号も強くSNも非常に良く入感しています。
ダイレクト DLX_TUN_AMPON
設定:SDR# RTL-AGC ON
日時:2013/03/27 20:20ごろ
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:ΔLOOP-X(非同調モード) Pre-AMP ON 
こちらも、良好に受信できています。
同調モードに比べるとやはり弱いですが、S/Nは良い感じです。
ダイレクト DLX_WID_AMPON
設定:SDR# RTL-AGC ON
日時:2013/03/27 20:20ごろ
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:ロングワイヤー 20m

かなり苦戦していますが、何とか音になっています。
ノイズフロアーが、ΔLOOP-Xに比べて10dBほど高くなってしまうため
信号は強いですが聞き取りにくい状態です。
ダイレクト LW
【参考】
 
設定:SDR# RTL-AGC ON
日時:2013/03/27 20:20ごろ
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:ΔLOOP-X(非同調モード) Pre-AMP OFF 
非同期モードで、AMPをOFFにしてみました。
 信号の強さはロングワイヤーと同等ですが、
ノイズフロアーが低いためシッカリした音になっています。
また、ノイズぽくないので聴きやすい音です。
ダイレクト DLX_WID_AMPOFF

ダイレクトサンプリングとロングワイヤーでの受信を、アクティブアンテナである、ΔLOOP-Xを使い比較してみました。
信号強度は、ロングワイヤーでも比較的良いように思います。
ただしノイズの影響が出やすいですね~。信号の強さも必要ですが、S/Nも大切な要素である事が良くわかる受信結果となりました。 

Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ