pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

受信設備のご紹介(アンテナ編No.1)

ダイレクトサンプリングで、活躍中のアンテナをご紹介します。

昨年、BCLを復活は室内ロッドアンテナで再開。
鉄骨の自宅では、ラジオ日経と、どのバンドを聴いても中国の超強力局ばかりでヨーロッパ、アメリカ方面は、全く聴こえてこない・・・・。昔の記憶とは全く状況が異なっていることに愕然としました。

実家は、木造だったことや外部雑音元が少なかった影響でしょうね~、結構DXできたように思います。
(昔過ぎる記憶なので美化されていることを差し引いてもです。)

そこで、1Fの庭木から2Fベランダまでの間を20m程度のロングワイヤーを設営し、かなり改善しました。

ここで、雑音の多さと感度不足に悩まされ始めてネット検索してみると、影山さんのブログでΔLOOPシリーズで解消できそうだと判明。http://www.kit.hi-ho.ne.jp/akage/DLOOP9D.html

製作本も出ていましたが、回路図が公開されていたのでこれは、楽しめそうと思い立って、早速ΔLOOP9を製作を開始、程なく完成しました。

しばらく、室内の壁に画鋲でΔに電線を止めて聴いていましたが、ロングワイヤーより高感度でした。
その後、2Fベランダに固定し本稼動。(今は、ΔLOOPX)


CIMG1357
上の写真が、室内BOXです。中身は、PreAMPと電源重畳回路です。
CIMG1358
こちらは、室外BOXです。ヘッドアンプとなります。 

ΔLOOP9は、かなりの優れもので感度+対ノイズ性能がすばらしく ほんとに感動しました。
また、アンテナ製作にすっかりはまり、ΔLOOP7、ΔLOOP10と影山さん設計のアンテナを製作し、去年の秋に公開された最新のΔLOOP-Xを現在メインに使用しています。http://www.kit.hi-ho.ne.jp/akage/DLOOPX.html
 
CIMG1328
ΔLOOPエレメントです。
上:ΔLOOP-X
下:ΔLOOP9or10


RTL-SDRダイレクトサンプリング受信記録 No.3

今日は、31mbの様子です。

設定:SDR# RTL-AGC ON
日時:2013/03/14 23:20
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:影山氏設計ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP ON

LOOPX同調PreAMP_ON20130314


設定:SDR# RTL-AGC ON
日時:2013/03/14 23:20
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:影山氏設計ΔLOOP-X(非同調モード) Pre-AMP ON

LOOPX 非同調PreAMP_ON20130314

今日のこのバンドでは、ΔLOOPXの同調モードと非同調モードの差がはっきり出ました。

 ・同調モードは、非常に明瞭度が高くパンチのある音で、
 ・非同調モードは、少しうねるようなノイズっぽい音でした。

画像で見ても、非同調モードのフロアーノイズの波が見て取れると思います。
FM放送の高調波か、近くの強力な電波に抑圧を受けているのか不明です。

非同調モード、同調モードともに、その時々で良し悪しがありますね~。

それにしても、ダイレクトサンプリングは、今日も良く聴こえています。
快調です。 

LT-DT309 ダイレクトサンプリングの中身

昨日、ダイレクトサンプリングの外見をお見せしましたが、中身についてコメントをいただきましたので、はずかしいですが、公開させていただきます。

CIMG1351

まずは、LT-DT309の抜け殻です。
プラスチックケースは、ねじが無く「はめ込み」式でしたが、硬くて分解には苦労しました。

CIMG1342

CIMG1355

CIMG1356

次は、今回製作したケースです。
ケース加工で、一番時間がかかったのが、なんといってもUSBコネクターの穴でした。
長方形のため3.5mmの穴をいくつか開けて、やすりでひたすら削りました。
基板は、斜めからの挿入となりますので、横幅はUSBより大きめに削っています。

CIMG1349

次に、ふたを開けるとこんな感じです。

CIMG1350

CIMG1348

スイッチ左側が、LPF、ヒートシンクの下はRTL2832U、その右はマッチングトランスです。

すべて、「ゆうちゃんのパパ」さんが、詳細に説明されているので簡単でした。

MCXのコネクターですが、基板よりはみ出ているのでケースに収まらないため、撤去。
その部分に、ゴムプッシュをはめて、ふたに挟み込む形で基板を固定しています。
(たまたま、手持ち部品だっただけです)

アンテナは、3.5モノジャックとしました。SMAかBNCに変更は今後考えます。(現行のアンテナにあわせています。今後変更するかも??)

 ※カップリングコンデンサーは撤去しないで、そのままです。

回路的には、2回路のトグルスイッチで、マッチングトランスのON/OFF と アンテナの切替をしています。 

最後に、ふたのふちの部分に、カッターで、V字の切り込みを入れて基板の固定をしています。
 
TB-50Kふた

ひたすら現物あわせでの工作となりました。(いつもですが・・・(汗))
 

RTL-SDRダイレクトサンプリング受信記録 No.2

昨日同様に、受信記録です。
昨日同様、41mbの様子で、SDR#の設定と、ΔLOOPXの設定を変えての受信画像です。

設定変更:SDR# RTL-AGC OFF
日時:2013/03/13 22:45 
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:影山氏設計ΔLOOP-X(同調モード) Pre-AMP ON
 
ΔLOOPX同調15dBAMP



LOOPX同調PreAMP_ON


設定変更:SDR# RTL-AGC OFF
日時:2013/03/13 22:45 
RTL-SDR:LT-DT309 ダイレクトサンプリング
ANT:影山氏設計ΔLOOP-X(非同調モード) Pre-AMP ON

ΔLOOPX非同調15dBAMP

LOOPX非同調PreAMP_ON

この設定のほうが、疲れずに聴ける感じですね。

弱い信号の場合は、LOOPXの設定(同調/非同調・PreAMP ON/OFF)とRTL-AGCの組み合わせで、良い組み合わせを探ることになります。
こんなことが、手間ではなくて「楽しい」ですね~!

ちなみに、ΔLOOPXの隣は、RX 2台とANT 2台の切替機です。(これも、影山さん設計です)
 
 

LT-DT309 ダイレクトサンプリングのご紹介

昨日のブログで、使用していましたRTL-SDRをご紹介します。

USBワンセグチューナーは、大阪日本橋で購入したのもです。
価格は、1,180円でした。
巷でうわさのSDR#で、50MHz 144MHz 430MHzのアマチュア無線も聞けそうだったので、購入。
V/Uのアンテナを持っていないので、ΔLOOPXの非同調モードと付属のロッドアンテナで、トライしました。

・430MHzは、付属のロッドアンテナでFM運用している局の受信に成功。
・144MHz/50MHzは、ΔLOOPX非同期モードで、SSBの受信に成功。
・FM放送も、ΔLOOPX非同期モードで、FM802 FM大阪 NHK-FM(大阪)もステレオで受信できました。
※ΔLOOPX非同期モードは、影山氏の回路図では発振防止の回路が搭載されていましたが、発振しなかったため、撤去。そのため、144MHzでも使えているみたいです。

WEBで検索しているうちに、「ゆうちゃんのパパ」さんのブログで、「ダイレクトサンプリング」で、HFまでカバーできるとの情報でしたので、現在、試しています。(はまっています・・・・(笑))
基板むき出しだと、ショートなどトラブルでPCが壊れてしまうと大変なので、ケース(¥50)に入れました。
サイズは、「ぴったり」でした。

上のスイッチて゜、ダイレクトサンプリング/ノーマルを切り替えています。
FC0013のコンデンサーは、撤去せずそのままですが、動作しています。(強引ですが・・)
CIMG1344

これで、MWからUHFまでカバーできる受信装置になりました。

Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ