pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

ΔLOOP-Xの再調整をしました。

今日の大阪は、非常に良い天候でお出かけ日和でした。と言いながら私は留守番をしていました。

今日はどこ行っても人ごみが待ち受けていそうなので、あえて留守番を選んだのです。
おかげで、普段まとまった時間の時にやろうと思っていたことができるタイミングです。

と言う訳で、天気もいいので「アンテナのメンテナンスにちょうど良い機会では」と思い立ち、早速ΔLOOP-Xを降ろし調整開始です。そもそも、最近めっきり非同調モードの調子が悪いと気になっていたのがきっかけです。

マストから室外BOXを取りはずし、久しぶりに蓋を開けて、まずはヌル調整です。
同調モード側は、ほぼズレがありませんでしたが、非同調側は、結構ずれていましたね~、調子が悪いはずです。
そういえば、同調モードは最近中波対応のタイミングでヌル調整を実施していましたね~、一方、非同調モードは、1月ごろ中波TRAPのリモートOFF/ONの時にやったままでした。(同調中は対応の時にやればよかったのですが、サボってしまいました。反省です。)

気温の変化でズレてしまったようでね。

今回のヌル調整は、SDRの波形を見ながらで、楽に調整が進みましたね、こんな時にもSDRは役に立ちますね~。

ついでに、地う製ポイントを以前は、短波31mb中心に設定していましたが、今回は、中波中心にセッティングをしてみました。(私のΔLOOP-X非同調モードは、中波と短波のHI-BANDでヌルポイントが結構違います。)

CIMG1549

ヌル調整の後は、念のため各電圧のチェックをして元通り組み立てました。

この作業も、結構楽しい作業でした。休日の昼下がりのんびり調整ができました。

その後のラジオ日経で受信テストをしましたが、心なしか良くなった気がします。
(ラジオ日経で変化はわかりませんね。Hi) 

DRM放送の受信記録です。(やっとRNZI受信できました。)

先日からの、PC入れ替えを決意したきっかけのひとつに、DRMの受信がありました。
今まで使用していましたノートPCでは重くてデコードソフトのDreamとSDRソフトを立ち上げると、処理が追いつかず音飛びが有り、なかなかデコードしてくれませんでした。

昨日の夜の間に、NETDUETTO をインストールして早朝のRNZIを狙ってみました。

NETDUETTO―Dream間の設定が今ひとつ理解できず悪戦苦闘の末に何とかデコード成功しました。
でも、設定は今もよく理解できていませんが、とにかくスピーカーよりデコードされた音が出てきました。

Dreamのsettingは、input ライン(YAMAHA NETDUETTO)  OUTPUT スピーカー(RealtekHighDefini)と設定したところ、スピーカーより、デコードされた音が聞こえるようになりました。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
日時:2013/05/5 06:30ごろ(画像) 07:30(録音) 
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON

RNZI201305050630

今朝のRNZIは結構強力で、画像では、SNR17.8dBですが実際は、21以上になることも多くありましたが、安定せず、21dBかと思えばいきなり8dBになったりと乱高下していましたので、音は途切れ気味でした。

録音は、7時30分ごろのものになりますので、別周波数( この時間は17675KHzにQSY)のものです。

さすがに、DRM放送はノイズも無くす良い音ですね~。デジタルらしく音は突然切れてしまいますがすばらしいです。
  DreamOut.mp3

FM愛知(80.7MHz)の受信記録です。

今日は、初めてのFM局受信記録となります。

中波のとある受信記録で、メッセージを下さったかたからのご紹介で、FM初トライです。
FMは、日常の生活で一番よく聴いていますが、灯台下暗しでDX対象ではありませんでしたが、調べてみると結構たくさんの方がDX対象にされているんですね~。

コミュニティーFMとかもあって確かに対象としては面白そうです。

というわけで、まずは、FM80.7MHzのFM愛知から試してみましたとろ、なんと受信できました。

私の住まいは、大阪ですので802と言うFM局が強力でちょっと無理かと思いながら、アンテナ方向を変えてみると、なんと割ときれいに入感しましたので、受信記録として記事にさせていただきました。


設定:SDR RadioV2.0 RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB

日時:2013/05/4 19:52
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)
ANT:ΔLOOP-X(非同調モード) PreAMP ON AM-TRAP ON

モノラルの画像ですが、ノイズは増えますがステレオでも何とか聴こえました。
7MHz)2013-05-04-195205

ちなみに、ANTを90度まわすと全く聴こえなくなります。




04-May-2013-195224 80.700 MHz.mp3

液晶ディスプレイのスイッチ修理をしていました。

ジャンクPC用のディスプレイの電源スイッチが不調で、電源を入れても勝手に切れてしまったり、逆に切っても、勝手に入ったりで、本当に気ままなスイッチでしたので、そろそろ修理してみる事にしまたので、手順を追ってご紹介します。

【液晶ディスプレイの型番】
  I・Oデータ製 LCD-A17CES
  (約10年前に買った17インチ液晶です。)

【症状】
  電源スイッチの動作不良、ボタンの落ち込み
  (スイッチを押しても、クリック感がゼロで、押している感じが無い)

【分解作業】
①台座を固定しているネジを4本をはずします。
②次に、リアパネルの分解です。まず、四隅の4本のネジをはずします。

パネル分解

③リアパネルは、左右 各4箇所と、上下各各2箇所のハメコミで固定されていますので、各パネルに傷が付かな いように慎重にはずしていきます。

手の爪で、パネルを引っ張りながら、ハメコミの爪付近に-ドライバーを入れてこじる様にすると意外と簡単に外れます。ここで、使用した-ドライバーは、大きめの物が良いのではないのでしょうか。細いものですと、パネルに傷が付きやすいように思います。
矢印は、ツメの位置です。
ハメコミのツメの場所

はずし方のポイントですが、まずは、下の写真を見てください。
1mmのオス(リア側)が、メス(フロントパネル側)に引っかかる機構ですので、この部分を-ドライバーなどでこじると、ハメコミが外れます。

この引っかけの部分を見つける方法ですが、爪で、パネルを引っ張ると見えます。

ツメのメス(フロントパネル側)
ツメのメス(フロントパネル側)

 ツメのオス(リアパネル側)
ツメのオス(リアパネル側)


④さて、ここまでくれば後は、簡単です。
LCD固定しているネジを上下  各3本 左 5本 合計8本をはずします。(右側は、引っ掛けになっているのでネジはありません。)

LCD固定ネジ

⑤次に、スイッチUNITを固定しているネジ2本をはずせば、スイッチの機構部が見えてきます。

スイッチUNIT



⑤今回の電源スイッチの動作不良は、どうもこの部分の左側が、浮いていたのが原因でしたので、アロンアルファーゼリー状で、浮かないように固定しました。
ついでに同じ機構で固定されている部分(AUTO/+/-/MENU)も浮きが無いかチェックしましたが特に異常ありませんでした。

スイッチ部分修正


電源スイッチだけは、使用頻度が他に比べて多いからですね。

⑥アロンアルファが固まるのを待って仮組みで、動作チェックです。

仮組み動作チェック


約30分程度の作業で終了しました。

修理の結果、電源スイッチの誤動作は無くなり快適になりました。


私と同じようなスイッチ故障は、意外と多くあるのではないでしょうか。
この記事を参考に、この連休を利用して、修理にトライされてはいかがでしょうか。

【お願い】
 ただしくれぐれも、自己責任でお願いしますね。私は、責任もてませんので・・・。

追記NO.2【続報!!】シリコンハウス共立で、「DSPモジュール」完売した。・・・が、また発見!!

先日の記事で、大阪日本橋探検記、シリコンハウス共立で、「DSPモジュール」発見!しました。
を書かせていただきましたが、本日の会社帰りに寄ってみると前回は、10個ほどの在庫があったのですが、すでに完売していました。
【追記】5/7現在、シリコンハウスさんでも在庫がありました。

お店の人に在庫確認をすると、すぐに売れたらしく完売とのことでした。
しかし、デジットさんでまだまだ在庫していると伺い、いってみると、入り口入ってすぐのところに、サンプルで、説明書と、試作品(電源が入りました。)とともに、どっさりありました。
【追記】
デジットさんのブログでしっかり紹介されていました。
http://blog.digit-parts.com/archives/51865157.html
NEC_0456

結構な人が、説明書を見たりサンプル品を触ったりしていて、人気度は高そうですね~。

また、店舗の中央付近にはキット(AM/FM 2BANDの部品セット)まで、販売されていました。
NEC_0454


キット内容は、スピーカー、抵抗、スイッチ、ユニバーサル基盤、電池BOXがセットになっていました。
(ボリュームは入っていないように見えましたが、あったらすいません。)

顔見知りの店の人に、在庫を聞いてみると80~100個程度、在庫しているみたいですので、連休中は大丈夫ではないでしょうか?

でも、ご入用の方は早めにいかれたほうがよさそうです。

この近くに、USBドングルよさそうな、「5VFAN」が販売されていました。これから熱対策も必要かも知れませんね。といいながら、今日は購入せずに帰ってきました。(直ぐにやらないと、買ったことを忘れてしまい、2度買いとなることが多いので・・・最近ますます、ぼけています(汗)
NEC_0455


ちなみに、本日の買出しはジャンクPC用の中古メモリー4GB(2G×2)で、何とか3Kで手に入れることができました。
おかげで、本日より4GBでSDR稼働中のディスクのアクセス音のガラガラはかなり無くなり、静かに聴ける環境になりました。
また、詳細は記事にさせていただきます。

明日は、早いので今日はこの辺で寝ることにします。 
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ