pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

21MHzアマチュア無線聴いています。(ダイレクトサンプリングでは中波のイメージが・・・)

おはようございます。

今朝の大阪は、非常に良い天候になっています。

さて、今日は久しぶりに21MHzのアマチュア無線を聴いています。結構この時間はオンエアーされている方がいらっしゃいますね~。のんびり聴いています。

21.200付近は、CQを出している局、それを呼んでいる局、21.300MHz以上では、ローカル局の仲間同士の会話で、休日な内容のお話をされています。

各周波数帯の使われ方は、今も昔も変わらないようですね。

大阪からですと、北海道「8」~東北地区と九州「6」がよく聞こえています。電離層の反射の関係でその他の地区はEスポが出ないとほとんど聞こえないですね。

当たり前ですが、SDRの画面を見ていると電信も、ちゃんと短点、長点で見えますね。
電信は、コールサインも「J△※・・・・」とほとんど聞き取れなくなっています。


設定:SDR Radio V2.0 RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 29.7dB
日時:2013/05/18 09:47-
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(非同調モード) PreAMP ON

15mb-2013-05-18-094921

LT-DT309ダイレクトサンプリングに変えてみました。
もちろん、SDR RadioV2.0ではダイレクトサンプリングをサポートしていませんので、SDR#に変更しました。

結果は、
ΔLOOP-Xの非同調モードを使うと、中波のイメージのオンパレード。
(666KHz、828KHzのNHK第一、第二と、1314KHzラジオ大阪のイメージ。)
※同調モードは、15mbは同調しきれず少しくるしいですが、イメージは出ません。

15mbダイレクトサンプリング
ダイレクトサンプリングでは、各種フィルターが必要ですね。
フィルターは、タイムリーに「ゆうちゃんのパパ」さんが、記事にされているを発見しました。 
http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4467740.html 

HFコンバーターは快適で、イメージなしで受信できていますね~。
また、アマチュア無線を聴くことにおいては、SDR RadioV2.0が、スペクトルが見やすい様に感じます。
しっかり、山の左がスパッと切れていて、USBとわかり、チューニングが非常に楽ですよ。

SPANを200KHz~300KHzに調整すると見やすいですので、やってみてください。 

1449KHz西日本放送の受信記録です。

少し間が開いてしまいましたが、中波DXは日々続けています。

ダイレクトサンプリングで中波DXをばりばりされている方もいらっしゃいますので、私もやっては見ますが、HFコンバーターに流れてしまいますね~。

さて、本題の受信記録ですが、1449KHzの西日本放送が本日は強力に受信できています。
ここも普段はなかなか聞くことができない局ですが、今日はコンディションが良いようで、安定して受信できています。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 14.4dB
日時:2013/05/17 23:27-23:30
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON



【追記】SDR Radio v2.0 bata kitが出ていました。(Beta 1 build 1361)

今日SDR Radio.comのサイトを見るとまた、バージョンが上がっていました。

4月17日の記事「SDR Radio v2.0 bata kitが出ていました。(Beta #1, Released April 15th, 2013)」 で報告しましたが、約1ヶ月立たないうちにBeta 1 build 1361 になっていました。
どんどん改良されていきますね~。 


SDR radio


今晩試してまた、報告しようと思います。

-------------【追記 5/15 22:00】------------------------------------------------------------------------------

インストールしてみました。

特に大きな変更は今のところ見当たりません。
前回の改良で、アナログメーターの場所を選択できたり、大きさ/色を変えたりできるようになっていましたので、今日は設定を変更してみました。

0 build1361

メーターの設定は、Options にあります。赤枠内が設定項目です。
0 Option
 

ダイレクトサンプリングの実力(室内アンテナ編)

今日も、LT-DT309ダイレクトサンプリングを試しています。

昨日は、ロングワイヤーでRAEアルゼンチン日本語放送を聴くことができましたが今日は、ΔLOOP-Xでもぎりぎりでしたので、逆に室内アンテナでどのくらい聞こえるのか試しています。

ミノムシクリップ付のビニール線を3つをつなぎ、室内の窓近くに止めてみました。
(約70cm程度の長さです。)

CIMG1551


元々、DE1103DRMでもロットアンテナだけですと、中国大陸が数局入る程度の環境です。

結果は画像を見てもらえるとお分かり頂けると思いますが、DE1103と同じ程度か少し勝っている感じです。 

7mワイヤー
 
9735KHzの台湾国際放送 (日本語放送)を聴きながら、ふとアンテナを触ってみるとかなり強力に受信できるようになりました。

そういえば、昔BCLラジオのロッドアンテナも握ったりしていましたね~。

クリップ部分を握ると感度UP!
7mワイヤー+人体

その録音を置いておきます。

前半30秒が70cmのビニール線のみ
後半30秒がクリップ部分を手で握っています。(人間がアンテナになっていますね。)
SDRSharp_20130514_130701Z_9735kHz_AF.mp3

RAEアルゼンチン日本語放送の時間が変更になり超強力入感中です!!

今日は、久しぶりにダイレクトサンプリングでRAEアルゼンチン日本語放送をのんびり聴いています。

最近BBSで、「日本語放送の時間変更」と、「RAEが強力入感」が話題になっていましたので、久しぶりに聴いてみよう思いましたが、まさしくのんびり聴ける強さで入感中です。

最初は、(20時放送開始)いつものTV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製) で聴いていましたが非常に強力に入感するのでダイレクトサンプリングでどの程度聞こえるかつなぎ変えてみましたが、十分強いです。

もちろんアンテナもいつものΔLOOP-X同調モードでしたが、ロングワイヤーに切り替えてみても十分聞き取れるレベルです。(最近ロングワイヤーの長さを短くして10m程度にしました。)

結局、日本語放送が終わる21時までの1時間ず~と聴いていました。

20時40分すぎからは、かなり弱くなり最後は聞き取れないほど弱くなってしまいました。
20時59分のISはしっかり聴けました。


 ※今日は、HDSDR(ダイレクトサンプリング)初レポートです。
  SDR#と比べてNB、Notchなどがあり、ノイズ、ビートの除去機能がありDXできそうですね。

設定:HDSDR RTL-AGC ON Tuner-AGC NONE
日時:2013/05/13 20:00-21:00
RTL-SDR:LT-DT309ダイレクトサンプリング
ANT:ロングワイヤー および、ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON

こちらは、ロングワイヤーで受信です。
ダイレクトサンプリング(ロングワイヤー)


  HDSDR_20130513_112301Z_15345kHz_AF.mp3 

こちらは、アンテナ切り替えたときのものです。ΔLOOP-X同調モードはさすがに強力です。
ダイレクトサンプリング(ΔLOOP-X同調モード)
 
 聴いてもらえばわかりますが、非常に強力でゆっくり聴けるレベルです。 HDSDR_20130513_112456Z_15345kHz_AF.mp3
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
プロフィール

pup

  • ライブドアブログ