pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

1431KHz岐阜ラジオ(GBS)の受信記録です。

今日は、もう一局新たに岐阜ラジオを聴くことができました。先日は、この周波数で和歌山放送を聴き受信記録を書きましたが、今日のこの時間は岐阜ラジオが強力です。

番組を十分楽しめるレベルでしたので、30分きっちり聴いていました。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 8.7dB
日時:2013/05/05 22:59-23:30
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON


岐阜ラジオ(1431KHz)2013-05-05

番組から、岐阜ラジオと特定しています。23:00  AKB ラジオドラマ劇場
SDRSharp_20130505_135931Z_1431kHz_AF.mp3

番組の終了部分の録音です。少し混信が増えてきていますが、CMで、大垣 明宝が確認できました。
SDRSharp_20130505_142655Z_1431kHz_AF.mp3

1422KHzラジオ日本の受信記録です。

今日は、横浜にあるラジオ日本を狙い、1422KHzをしばらく聴いていました。
狙い通り22時直前に、あがりだしましたので受信記録していきます。

まぁ、横浜とは言え50KWの強力な送信ですので、簡単に受信できたといえばそうなんですが、普段なかなか聴こえない状況です。

ちなみに、この周波数で地元局の和歌山放送の中継局(橋本市)100Wがあるのですが、こちらは、距離たったの10KM程度でも、全く聴こえません。(間に山がありますので無理みたいです)

と言う訳でいつもの記録です。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 19.7dB
日時:2013/05/05 21:59
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON

ラジオ日本(1422KHz)2013-05-05-215900

SDRSharp_20130505_125852Z_1422kHz_AF.mp3

ΔLOOP-Xの再調整をしました。

今日の大阪は、非常に良い天候でお出かけ日和でした。と言いながら私は留守番をしていました。

今日はどこ行っても人ごみが待ち受けていそうなので、あえて留守番を選んだのです。
おかげで、普段まとまった時間の時にやろうと思っていたことができるタイミングです。

と言う訳で、天気もいいので「アンテナのメンテナンスにちょうど良い機会では」と思い立ち、早速ΔLOOP-Xを降ろし調整開始です。そもそも、最近めっきり非同調モードの調子が悪いと気になっていたのがきっかけです。

マストから室外BOXを取りはずし、久しぶりに蓋を開けて、まずはヌル調整です。
同調モード側は、ほぼズレがありませんでしたが、非同調側は、結構ずれていましたね~、調子が悪いはずです。
そういえば、同調モードは最近中波対応のタイミングでヌル調整を実施していましたね~、一方、非同調モードは、1月ごろ中波TRAPのリモートOFF/ONの時にやったままでした。(同調中は対応の時にやればよかったのですが、サボってしまいました。反省です。)

気温の変化でズレてしまったようでね。

今回のヌル調整は、SDRの波形を見ながらで、楽に調整が進みましたね、こんな時にもSDRは役に立ちますね~。

ついでに、地う製ポイントを以前は、短波31mb中心に設定していましたが、今回は、中波中心にセッティングをしてみました。(私のΔLOOP-X非同調モードは、中波と短波のHI-BANDでヌルポイントが結構違います。)

CIMG1549

ヌル調整の後は、念のため各電圧のチェックをして元通り組み立てました。

この作業も、結構楽しい作業でした。休日の昼下がりのんびり調整ができました。

その後のラジオ日経で受信テストをしましたが、心なしか良くなった気がします。
(ラジオ日経で変化はわかりませんね。Hi) 

DRM放送の受信記録です。(やっとRNZI受信できました。)

先日からの、PC入れ替えを決意したきっかけのひとつに、DRMの受信がありました。
今まで使用していましたノートPCでは重くてデコードソフトのDreamとSDRソフトを立ち上げると、処理が追いつかず音飛びが有り、なかなかデコードしてくれませんでした。

昨日の夜の間に、NETDUETTO をインストールして早朝のRNZIを狙ってみました。

NETDUETTO―Dream間の設定が今ひとつ理解できず悪戦苦闘の末に何とかデコード成功しました。
でも、設定は今もよく理解できていませんが、とにかくスピーカーよりデコードされた音が出てきました。

Dreamのsettingは、input ライン(YAMAHA NETDUETTO)  OUTPUT スピーカー(RealtekHighDefini)と設定したところ、スピーカーより、デコードされた音が聞こえるようになりました。

設定:SDR# RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB
日時:2013/05/5 06:30ごろ(画像) 07:30(録音) 
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)+HFコンバーター(TT@北海道さん製)
ANT:ΔLOOP-X(同調モード) PreAMP ON

RNZI201305050630

今朝のRNZIは結構強力で、画像では、SNR17.8dBですが実際は、21以上になることも多くありましたが、安定せず、21dBかと思えばいきなり8dBになったりと乱高下していましたので、音は途切れ気味でした。

録音は、7時30分ごろのものになりますので、別周波数( この時間は17675KHzにQSY)のものです。

さすがに、DRM放送はノイズも無くす良い音ですね~。デジタルらしく音は突然切れてしまいますがすばらしいです。
  DreamOut.mp3

FM愛知(80.7MHz)の受信記録です。

今日は、初めてのFM局受信記録となります。

中波のとある受信記録で、メッセージを下さったかたからのご紹介で、FM初トライです。
FMは、日常の生活で一番よく聴いていますが、灯台下暗しでDX対象ではありませんでしたが、調べてみると結構たくさんの方がDX対象にされているんですね~。

コミュニティーFMとかもあって確かに対象としては面白そうです。

というわけで、まずは、FM80.7MHzのFM愛知から試してみましたとろ、なんと受信できました。

私の住まいは、大阪ですので802と言うFM局が強力でちょっと無理かと思いながら、アンテナ方向を変えてみると、なんと割ときれいに入感しましたので、受信記録として記事にさせていただきました。


設定:SDR RadioV2.0 RTL-AGC ON Tuner-AGC OFF RF Gaine 28dB

日時:2013/05/4 19:52
RTL-SDR:TV28Tv2DVB-T(R820T)
ANT:ΔLOOP-X(非同調モード) PreAMP ON AM-TRAP ON

モノラルの画像ですが、ノイズは増えますがステレオでも何とか聴こえました。
7MHz)2013-05-04-195205

ちなみに、ANTを90度まわすと全く聴こえなくなります。




04-May-2013-195224 80.700 MHz.mp3
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ