pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

ANC-4の実験(借用品です)

関ハムが終わってすぐに、ノイズキャンセラー(ANC-4)なるものを借用していて、実験をしていましたが、仮設のノイズアンテナでは効果が得られずにいました。

IMG_20170923_153241


 ※内臓のロッドアンテナに、3m程度を部屋の天井まで伸ばしたものや、ベランダにビニール線を適当に伸ばしたものでは全くダメでした。(笑)

IMG_20170923_163317


持ち主の方へ問い合わせしたところ、「アースを取ってみたら」とアドバイスをもらい、LW用のアースに仮接続して、ノイズアンテナはロッドアンテナだけで試したところ、確かに効果がありそうです。

LWは先日の台風で破損していましたので、本日修理してノイズアンテナにしてみたところ、効果絶大!!でビックリしました。

私の受信環境は、ノイズの少ない環境だと自負していましたが、認識が大きく違っていたと改めて判明しました。

文書での説明より動画を見ていただく方が分かり良いので見てください。


7MHzのアマチュア無線を聴いてみ再度驚きました。
「最近は、日中も空き周波数があるなぁ~」と思っていましたが、実際ANC-4をONにするとバンド内ビッチリで空きのないくらい沢山の交信が聞こえてきて驚くばかりです。

このようなノイズキャンセラーは自作情報も結構検索できるので、製作したいと思います。

Hさんへ(持ち主様)
 ようやく素晴らしい効果を体験できました。
 貴重な機材の貸し出しありがとうございました!!


アンテナアナライザーの製作⑦

今週製造を依頼した基板は、この週末か週明けには届くと思いますが、先にケースの製作を始めています。

ケースは、今回レーザーカッターで穴を開けてUVプリンターでラベル印刷のつもりでCADデータを準備しました。

レーザーカッターは、予約がいっぱいで今週は作業できませんでしのが、UVプリンターでラベルの印刷は出来上がりました。


1506074293220567769314

製品レベルに綺麗な仕上がりになりました。

1506074237208889100806



来週には、レーザーカッターで穴あけができる予定です。

アンテナアナライザーの製作⑥

先週実験した、HT7750Aの代わりに、スイッチサイエンスさんに売っている「Pololu社製のステップアップ/ステップダウンレギュレータ」にすることにしました。

IMG_20170913_193159
非常に小型ですが動きはよさげです。

IMG_20170913_194405
測定結果も問題なしですので、こちらを採用することにします。

回路図と実際動作テスト中の物を最終チェックして基板を起こします。
IMG_20170917_140455

ケースは今回すでに購入していますので、ケースに合わせて基板の外形データを作り
部品を載せてようやく完成??!!
Antenna_Analyzer
200mAhから400mAhのバッテリーをLCDの下に配置するように
するとレイアウトがこれしかできませんでした。
_2
LCDを載せるとこんな感じです。
_3
各部品のクリアランスもよさそうです。

後はガーバーを出力して発注するだけですが、今晩一晩寝かせてから発注することにします。

PS
3連休は台風の影響で家族の送迎などで趣味の進捗が進みませんが
家族サービスもしておかないと趣味も楽しめませんよね。

明日き良い天気ですのでノイズキャンセラー用のアンテナを仮設して試したいと思います。

【9/19追記】
 基板は発注済みとなりました。

アンテナアナライザーの製作⑤


今日は昼休憩中に「HT7750A」を購入してきましたので、早速ブレッドボードに載せてみました。
15051301990081690849568
電圧は大丈夫ですが、やはり・・・と言う感じです。
15051300258831311396567
200mA程度はギリギリ大丈夫かなと思っていましたがSWRが乱れてしまうようです。
これはちょっとダメですね~・・・。

前回実験したXCL101をちょっと無理して使う方がよさそうです。
15051311608821453866642
こちらは、電圧はひくいですが、非常に綺麗な波形(SWR)です。
かなり無理な負荷ですが、まっ、こちらかな・・・。

PS
保証認定願いは、ちょっと不安なところをTSSに電話で問い合わせて解消しましたので、インターネットで書類を提出しました。
電話で、リードタイムをお聞きしたところ2-3Wとのこと・・・噂とは違うような気がしますが、とにかく待ちの状態になりました。


アマチュア無線局免許状の申請手続き・・他

mcHFもハード的にほぼ完成し、ソフト的にもJAバンドプランにFW書換も出来ましたので、ようやく開局申請に取り掛かっています。

調べてみると、平成13年に一度復活申請をしていることが判明。
すっかり忘れていましたが、144/430MHzのモービル機+ハンディー機を衝動買いして復活させたことを今更ながら思い出しました。(30以上QRTだったと思っていましたが・・・。)
(主に、釣りやスキーで連絡用が主な使用用途だったと思います。)

従事者免許も無事に発掘して、2級だったこともはっきりしました。

さて、いざ申請書を買いに行こうと思っていネットで事情を調べるうちに、電子申請すると非常に安価で開局申請できる事が分かり、もちろんこちらを選択することに。

でも、ここから、1か月以上色々下調べしてようやく今日電子申請の途中まで入力できました。
途中というのも、今回は技適外である「mcHF」と「VN-4002」の自作KITで開局する為に保証認定をTSSにしてもらうことになりますが、保証認定を受けるために総務局の電子申請のセーブデータを使うためのようです。(よく理解はしていません。)

とにかく、「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」に開局の登録をして、送信手前の「事前チェック」まで、本日はたどり着きました。

bandicam 2017-09-10 19-19-06-196

bandicam 2017-09-10 19-24-36-730
事前チェックでは問題ないようですので、
TSSの「保証願インターネット受付」へ登録しようと思います。

ちなみに、この保証認定インターネット受付は非常に込み合っていて時間がかかると評判のようですが、特に焦っていませんのでゆっくり待つことにします。

P S

アンテナアナライザーは現在ケース設計中です。
IMG_20170910_160131
ある程度配置は決まりましたので、そろそろ基板設計に入ります。
こちらも完成までボチボチやっていきます。
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ