pupのブログ

ラジオ、アンテナ他、電子工作を数十年ぶりに復活しました。 いろいろな工作、実験の記録をしていきます。 また、ラジオの製作を機に、少しずつ機材を自作しながら改めてBCLも復活していきます。

2013/03/10

ΔLOOP用バリキャップの互換品テスト(1SV101vsMV209)

今日は、先日デジットさんでΔLOOPに使えそうなMV209を購入してきましたので、ΔLOOPに取り付けてみました。(参考:1SV101)


まずは、外形から見比べてみます。
左:1SV101   右:MV209
1432427832941275400164

1432427792927-815161822

MV209のパッケージは、少し大きくなりTO-92パッケージとなっています。

では、実際に取り付けて比較してみます。
今回使用したΔLOOPは、下記の状態で実験しました。
エレメント:1m×3
1432427097017-588088131



HDSDRの画面で比較していきます。
1SV101の最下は、11.5MHzあたりでした。
1sv101_low 2015-05-24 09-52-51-430

MV209も最下は、11.5MHzあたりでした。
mv209_low2015-05-24 10-09-42-509

1SV101の最上は、16.1MHz
1sv101_hi 2015-05-24 09-55-14-483

MV209も同じく16.1MHz
mv209_hi 2015-05-24 10-12-22-753


今回のテストは簡易的な物で同調のみを見てみましたが、1SV101の互換品として問題なく使用できそあぅてすね。

前回のブログでも書きましたが、在庫はたくさんあるようですのでΔLOOPの保守部品として、しばらく安心できそうです。
(最近は、1SV149がすっかり入手しにくい状況となってきましたので、こちらも互換品が見つかればよいのですが・・・)

とは言え、海外ではまだまだどちらも豊富にありそうなので、最悪はそちらを頼ることになりそうです。

Si4825-A10 DSPラジオ(FRISKver)で、RAE日本語放送

Si4825-A10 DSPラジオ(FRISKver)の製作がひと段落しましたので実践で使用しています。

周波数が分らず手さぐりで受信していると、昔々中学生時代に使っていたナショナルRF-1150を思い出します。

さて、今日はいつものように手さぐりで受信を続けていると、よく聞きなれた日本語放送飛び込んできました。

15340KHz RAE日本語放送です。

結構強力に受信できましたので動画に収めましたので、良かったら見てください。

 

北神電子サービスのPBA-MLA基板が届きましたので作ってみました。

北神電子サービス頒布されているPBA-MLA基板を作ってみました。

IMG_20150511_193459

以前、生基板で作って物がありますが、主に車に付けてちょっと高台に移動運用する時に活躍してくれています。(イグニッションノイズに強い?・・様に感じます。)

表面実装のFETは基板と同梱されていましたし、他の部品はリード付でしたので、手元の部品で組み立てることができました。

1431837100960-1541592455
PCBで製作するとかっこいいですよね~。
(あっ、・・・Lを付け忘れていますね・・・)


1431838102489-812692591
Lと3.5コネクターをつけてテストしてみました。
問題なく動作しているようです。

以前の生基板で作ったケースにそのまま入るようなので、中身を換装
して、今後はこちらを移動に持っていきたいと思います。
14318383960611057838080
 
 

Active-ANTのPCBを検討。

昨日試したActiveアンテナですが、中波NHKの影響を受けてしまいますが、まずまず良好でしたので、早速PCBの設計してみました。

FRISKケースに入れる検討してみると、B801#43の厚みが厳しい事が判明しました。
PCBの厚みを薄くすれば対応できそうですが、今回はその部分に穴をあけて対応することにしました。


bandicam 2015-05-17 11-21-28-274
一旦、こんな感じです。

PCB化するなら前回PCBの訂正も含めて再検討していきたいと思います。
 

Si4825-A10 DSPラジオ(FRISKver)受信テスト

Si4825-A10 DSPラジオ(FRISKver)のケース加工もほどほどに、受信テストをしています。
DSPラジオはもともとも結構高感度ですが、さすがにアンテナ無しでは、超ローカル局しか聞こえませんが、ロングワイヤーや、ΔLOOPを使用すると非常によく受信できますね~、さすがDSPだと感心します。

ただし、
これだと折角FRISKケースに入れたのにもったいないという事で、本日はアクティブアンテナ(トランジスタ技術2014.8掲載)に、25cmのロッドアンテナで受信テストをしてみます。

CIMG3370


このロッドアンテナは、aitendoさんで販売されていたものですが、今は全長が違いものになっているようです。
参考:http://www.aitendo.com/product/7288

ant




FM/AMはもちろん、短波も夕方の時間になりますと結構受信できました。
このアクティブアンテナもFRISKのケースに押し込んでもおもしろそうですね~。
Translate
最新記事(画像付)
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
Twitter
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ